フィレンツェで食べる!名物トスカーナ料理が美味すぎる

8711

views

0

イタリア料理は「地方の料理」と言われるほど、各地方で特色があり、それぞれ異なる個性を持っています。 本日ご紹介するのはイタリア中央部に位置するトスカーナ州の郷土料理。

トスカーナ料理とは

トスカーナと聞いてピンとこない人も、フィレンツェはご存知ですよね?
フィレンツェはトスカーナ州の州都であり、フィレンツェやピサなどの古都のまわりには雄大な自然が広がる、これぞイタリア。
そんなトスカーナの料理は、地元産の食材をシンプルな調理法で豪快に仕上げるという特徴を持ちます。元々山間部の農村料理をベースとするトスカーナ料理。使われる調味料は、塩・胡椒とオリーブオイルというシンプルな組み合わせが基本です。
つまり、トスカーナ料理は素材そのものの良さがとても重要なんですね。

トスカーナを代表する食材と言えばやはりオリーブとオリーブオイルです。

イタリア料理には欠かせないですよね。

お好きな方も多いのでは?プロシュート(生ハム)やサラミもトスカーナの特産品です。

それでは代表的なトスカーナ料理をご紹介していきましょう。

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ

フィレンツェ風ビーフステーキ、というシンプルな名前の通り、お料理自体もシンプル。
良質な赤身の牛肉を炭火で香ばしく焼いたもの。味付けは塩コショウのみ。何とも潔い一品だけに、素材の質が分かりますよ。単位は1キロ~のところが多いですがペロリと平らげてしまえそうですね。焼き加減はやっぱりレアがオススメです!

ピーチ

ピチ、ピンチとも呼ばれる、トスカーナはシエナ地方発祥の手打ちパスタ。麺を伸ばす動作を“appiciare(アッピチャーレ)”と言い、それがこのパスタの名前の由来となったと言われています。
卵を使わない太麺はどこかうどんのような見た目ですね。
にんにくとトマトのソースが一番ポピュラーですが、きのこやクリーム系も。

トリッパ・アッラ・フィオレンティーナ

フィレンツェ風トリッパ、トリッパとは牛の胃「ハチノス」のことです。日本では焼肉でよく目にする部位ですね。
フィレンツェではこのトリッパのトマト煮込みが名物で、私もフィレンツェに行った際にレストランでオススメを聞いたら、真っ先に返ってきた答えがこのトリッパでした。
トマトソースで柔らかく煮込まれたトリッパはクセがなく、食感がヤミツキになりますよ。ホルモンが好きな方にはたまらない一皿です。

クロスティーニ

トスカーナ料理の前菜と言えばクロスティーニ。ブルスケッタと並んでイタリアンを代表する前菜でもあります。
クロスティーニとは「小さなトースト」という意味で、薄く切ったトスカーナパンをトーストしてレバーのペーストを塗ったものです。
アンチョビやケッパーの入った豊かな風味は、レバーが苦手な方でも食べやすいですよ。
お酒が好きな方にはぴったりのアテなので、まずはクロスティーニで一杯いかがですか?

おすすめレストラン

・オステリア・ディ・ジョヴァンニ

最後にフィレンツェのオススメ店、ジョヴァンニをご紹介致します。
ここへ来たら絶対に外せないのがビステッカ。ボリューム満点なのにリーズナブルなオステリアです。
外は香ばしく、中はしっとりレアに焼けたステーキはワインも進むこと間違いなしですね。
日本語メニューもあるので安心。人気のお店なので事前の予約がベターです。

オステリア・ディ・ジョヴァンニ (L'Osteria di Giovanni)
住所:
Via del Moro, 22, 50123 Firenze
アクセス:
サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂より徒歩5分
営業時間:
19:00-22:00, ランチは土日のみ(12:00-14:00)
定休日:
なし
電話番号:
+39 055 284897

いかがでしたか?トスカーナ料理は豊かな大地が育んだ良質な素材を生かした、シンプルで味わい深い料理ばかり。
フィレンツェを訪れる際はぜひ、素朴で力強いトスカーナ料理を楽しんで下さい。
お土産にはトスカーナ名産のオリーブオイルやワインなどがオススメですよ♪

この記事を読んだあなたにオススメの記事

この記事のキーワード