【北海道】温泉とセットで楽しめる!北海道のキャンプ場15選(道南・道央編)

6

views

0

気軽に楽しめるレジャーとして人気なのがキャンプですね。北海道にはたくさんキャンプ場があるんです。今回は数ある中から北海道南部の道南エリアと札幌周辺の道央エリアに絞って、徒歩圏内に温泉施設があるキャンプ場をご紹介しましょう。

戸井ウォーターパーク(函館市)

函館市の郊外、国道278号線の海岸線の原木地区から山あいに入った森の中にあるオートキャンプ場。

一部の区画がペット連れOKで、平日は半額で利用できます。「ふれあい湯遊館」までは徒歩4分。

熊石青少年旅行村(八雲町)

日本海側の国道229号線、熊石町の市街地から山へ向かって1キロほどのところに位置するキャンプ場。

出典: www.jalan.net

海もすぐそばで遊具もいっぱいで子供連れには人気。「ひらたない温泉あわびの湯」までは徒歩6分です。

仲洞爺キャンプ場(壮瞥町)

洞爺湖エリアの数あるキャンプ場の中でも大人気!「来夢人の家」の裏手に広がるキャンプ場。

出典: www.jalan.net

林の中に自由にテントを設営できて、一部はオートサイト。抜群のロケーションで、湖でカヤックなども楽しめます。

京極スリーユーパークキャンプ場(京極町)

札幌から車で約1時間半、名水で有名な京極町のふきだし公園の向かい側、「京極温泉」の裏にある開放感たっぷりのキャンプエリア。

出典: www.jalan.net

ぜひ、ここの湧き水でご飯を炊いてください、普段のご飯とは一味違いますよ。

ニセコ野営場(ニセコ町)

ニセコ山系の登山口に位置、目の前にはイワオヌプリを望みとても静か。

登山を兼ねてキャンプを楽しむ方も多く、夜は満天の星空が!キャンプ場前に「ニセコ山の家」と向かい側に「五色温泉旅館」があります。

湯本温泉野営場(蘭越町)

ニセコ野営場の手前に位置、大湯沼のそばで、風向きによっては硫黄の臭いが漂うことも。

野趣たっぷりの雰囲気でなんと無料!林の中に自由にテントを設営できます。徒歩3分で露天風呂で有名な「雪秩父」が。

オートリゾート苫小牧 Arten(苫小牧市)

出典: www.jalan.net

苫小牧市の西部、錦大沼公園の一角にある冬でも利用できるキャンプ場。遊具も豊富でファミリーにおすすめ。

いっぱい遊んだあとは場内の「ゆのみの湯」へ。滞在している間は何度でも入浴できますよ。

日高沙流川オートキャンプ場(日高町)

出典: www.jalan.net

日高町の日本有数の清流、沙流川沿いにあるオートサイトが100区画、遊具も設置され、川遊びや釣りも楽しめます。

出典: www.jalan.net

ピザ釜があって予約をすれば無料で使用することも。「ひだか高原荘」までは徒歩5分です。

二風谷ファミリーランドオートキャンプ場(平取町)

日高山脈の山間にある野鳥のさえずりが気持ちいいキャンプ場。遊具が充実してファミリーには人気。

「びらとり温泉ゆから」までは徒歩5分、中にはA5、A4ランクのびらとり和牛の直売店が!BBQ用にいかが。

かなやま湖オートキャンプ場(南富良野町)

ダム湖畔のキャンプ場の上にあるオートキャンプ場。かなやま湖を見下ろす広大なエリアにゆったりとした区画。

出典: larch.jp

ドッグランがあることからペット連れには大人気。「かなやま湖保養センター」までは徒歩3分です。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 北海道・ニセコアンヌプリ登山!さわやかな自然を満喫しよう

    ニセコアンヌプリは登山の上級者から初心者まで楽しめる山。植物や鳥などの自然を満喫しながら自分のペースでトレッキングしたり、家族や仲間と休日のアクティビティとして楽しんだり、本格的な登山スタイルのトレーニングにしたり。下山後には温泉で汗を流してさっぱりできますよ。日常からは離れつつも親しみやすい山と言えるでしょう。

  • 北海道・屈斜路湖で釣りを楽しもう!魚と真剣勝負をしませんか

    屈斜路湖は日本最大のカルデラ湖です。キャンプやカヌー・ボートなどのマリンスポーツも人気ですが、この雄大でスケールの大きい湖ではダイナミックな釣りが楽しめます!漁業権のない屈斜路湖はスポーツフィッシングのメッカで、全国から釣り人が訪れます。原生の大自然の中で、魚たちとの真剣勝負をしてみませんか。

  • 北海道・旭山動物園の営業時間やアクセス、魅力などを徹底紹介!

    かつて旭山動物園は、旭川市のお荷物的存在でした。1994年にエキノコックス症によって、ワオキツネザルとニシローランドゴリラが相次いで死に、動物園は存続の危機を迎えました。エキノコックス症は人間に移らないと言っても、人々の不安はぬぐえません。起死回生の手段は、動物を見せるだけの分類学的展示から、活動や生態を見せる生態的展示への転換でした。その魅力とは...

  • 夏の北海道を食い尽くせ!北海道の人気フルーツ狩りスポット3選

    広大な土地を有する北海道。土壌・水質の良さや気温の寒暖差などの好条件に恵まれた地域では、おいしい果物がたくさん収穫できます! 今回は、北海道で体験できるフルーツ狩りスポットをご紹介します。

  • 札幌市円山動物園はホッキョクグマの繁殖が有名!無料の体験...

    円山動物園は、全国10番目の動物園として1951(昭和26年)年に開園しました。都心に近いにもかかわらず、原生林を含む総面積224,780m²に、182種934点もの生物が飼育されています。ここでは、札幌市民憩いの地、円山動物園の見どころをご案内します。

  • 外気温度差60度?!氷上露天風呂で極限の冬を満喫!しかりべ...

    毎年開催される北海道の冬を満喫するイベントがあるのはご存知でしょうか?それは然別湖(しかりべつこ)で楽しむ事ができます。氷上露天風呂や氷のグラスで楽しむアイスバー、満天の星空に雪原の散策、さらに結婚式まで!毎年恒例、然別湖の湖上や周辺で行われるイベント「しかりべつ湖コタン」です。コタンとはアイヌ語で「村」のことで、氷上に宿泊する光景からきています。今回は、そんな極寒体験の魅力を特集したいと思います。

この記事のキーワード