ニューヨークのお土産15選!ニューヨーカーおすすめはコレ!

0

views

0

世界から多くの方が訪れるニューヨーク。販売される物は、リーズナブルでハイクラス!素敵なお店ばかりでお土産選びも楽しめるので良い思い出になること間違いなし。自慢して渡せるお土産をご紹介します。限定品も見逃せませんよ。

1.ゼイバーズのエコバック

このゼイバーズには、サイズが違う物から用途によって豊富な種類のエコバッグがあります。
最近ではお洒落なエコバッグが流行っていますが、日本でゼイバーズを持っている人は少ないのではないでしょうか。
ニューヨーカーはもちろん、ハリウッド女優も使用してるほど人気のゼイバーズ。
値段もリーズナブルなのでお土産にするのにおすすめです。

ニューヨークで人気の観光名所がたくさんある、マンハッタンのアッパーウエストサイドに1934年オープンの歴史のあるお店です。1階にはエコバッグなどの商品が置かれ、2階にはキッチングッズがあります。エコバッグ以外でも、ゼイバーズのロゴが入った商品も色々あるので、誰からも喜ばれるお土産を入手できること間違いありません!

ゼイバーズ
住所:
2245 Broadway New York NY 10024
電話番号:
TEL.212-787-2000
定休日:
なし
営業時間:
(1階 食品売り場)
(月~金)午前8:
00~午後7:30
(土)午前8:
00~午後8:00
(日)午前9:
00~午後6:00
(2階 キッチン用品)
(月~土)午前7:
00~午後7:30
(日)午前9:
00~午後6:00
(カフェ)
(月~金)午前7:
00~午後7:00
(土)午前7:
30~午後7:00
(日)午前8:
00~午後6:00

2.Fat Witch Bakery(ファットウィッチベーカリー)のチョコレートブラウニー

チョコとバターを多めに使って、砂糖は控えめになっています。しっとりした濃厚な味わいで、種類もたくさんあり単品でも購入できるため色々な味を楽しめます。店内では、試食もできるそうなので、どんな味か確認できるのも嬉しいですね。お菓子が好きな人なら、もらって嬉しいお土産だと思います。

ファットウィッチベーカリーは、チェルシーマーケットで人気のお菓子屋さん。このブラウニーは元々オーナーが、親しい人達に手作りで作っていたものでそれがあまりにも評判で、お店をオープンさせたそうです。母親譲りのレシピで作られているお菓子、そんな家庭的なニューヨークを、是非味わってほしいです。

Fat Witch Bakery(ファットウィッチベーカリー)
住所:
75 Ninth Avenue. New York, N.Y. 10011
電話番号:
TEL.888 419 4824
営業時間:
(月~土)午前9:
00~午後9:00
(日)午前9:
00~午後8:00

3.スターバックス ニューヨーク限定品

今はスターバックスは世界各国、どこに行ってもありますが、その国々に限定品があることをご存知ですか?
旅に行くたびに現地のマグカップを集めている人もいますよね!
アメリカ限定もあれば、タイムズスクエアのお店でしか販売してないものまであるそうです。スターバックスのファンの方には、本当におすすめのお土産です。

ニューヨークには、スターバックスが約250店舗あるそうです。どこに行ってもスタバの看板を見かけると思うので、お土産商品を簡単に入手できるでしょう。ニューヨーク限定だなんて、日本で自慢できますね。

スターバックス ニューヨーク (タイムズスクエア)
住所:
1585 Broadway, New York City, NY 10036-8200
電話番号:
TEL.212-541-7515
営業時間:
(月~木)午前5:
30~午後11:30
(金)午前5:
30~午前12:00
(土)午前6:
00~午前12:00
(日)午前6:
00~午後11:00

4.モモフクミルクバーのクッキー

ニューヨークで今、大人気のスイーツとパンの店。お土産用としてならクッキーがおすすめです。
何種類かあり、他のクッキーと比べると使っている素材のアレンジが変わっているそうです。例えば、コンポストクッキーはポテトチップスを混ぜたもので、かなり甘めですがクッキーを普段食べない人でも、美味しいと言わせてしまうそうですよ。サクサクではなく、ウェットタイプのしっとりクッキーです。
その場で食べるなら、ソフトクリームがなんといってもおすすめですよ!

モモフク・ミルク・バーのオーナーデイビッド・チャンさんは、他にもお店を経営していて、アメリカでは有名人。あの有名なハンバーガー店シェイクシャックを手掛けたのも彼!なんでもヒットさせてしまうそうで、このお店の商品も人気でいつ来ても込み合っているそうです。日本の方にはあまり、馴染みはないお店ですがお土産として買って帰って、日本で流行る前に、先取りしてみてはいかがですか?

モモフク・ミルク・バー(ミッドタウン店 )
住所:
15 West 56th Street New York NY 10019
電話番号:
TEL.347-577-9504
定休日:
クリスマス
(日~火)午前8:
00~午後11:00
(水~土)午前8:
00~午前12:00

5.ニューヨーク原産 ワイン

ニューヨークでワインというのは、お洒落な感じがしますね。どこのワイナリーのワインか気になると思いますが、ニューヨークで作られたものです。ワインに興味がある人でも、ニューヨークにワイナリーがあるのを知らない人は多いので、驚かれると思います!

ニューヨーク市内にあるワイナリーで作られています。種類も豊富。お店はグランドセントラル駅内にあるので、とても行きやすいです。ワイン以外にもお酒は置かれていて、小さいスペースですがお店の中で飲めるようにもなっているそうです。お土産で買って行く前に、味を確かめられるのも嬉しいですよね。

テイスト・ニューヨーク・グランドセントラル
住所:
Space #7 Grand Central Terminal New York NY 10017
電話番号:
TEL.212-663-2212
営業時間:
(月~金)午前8:
00~午後8:00
(土)午前10:
00~午後8:00
(日)午前11:
00~午後7:00

6.アナーキー・イン・ア・ジャーのジャム

ニューヨークでは珍しい手作りジャム。今まで食べたことのないような、野菜とフルーツのコラボしたものもあります。旬な材料を使う為、季節によっても違う物を買うことができます。地元産にこだわっていて、ニューヨーク郊外の農園で育てられた野菜や果物を使用。素材が生かされているので本物の野菜や果物を食べているかのような味わい。
ニューヨークでしか手に入らないものは、お土産としては自慢できますね。

アナーキー・イン・ア・ジャーのジャムは春から秋に開催される、屋台マーケットに出店しています。この時は、ジャムの試食をして購入することができるので、開催されている時でしたら屋台マーケットでの購入がおすすめです。通常このジャムが手に入るのは、ニューヨークで老舗のチーズ専門店の「マレーズ・チーズ」で販売しています。

マレーズ・チーズ (Murray’s Cheese)
住所:
254 Bleecker St, New York, NY 10014
電話番号:
TEL.212-243-3289
営業時間:
(月~土)午前8:
00~午後9:00
(日)午前9:
00~午後7:00
定休日:
一部の祝日で休み

7.アーリーバードのグラノーラ

健康食品である、グラノーラ。材料その物も、体に良い物を取り入れていてニューヨークでは大人気!
エキストラバージンオリーブ油や、メープルシロップを使ったヘルシーなグラノーラです。ブラウンシュガーと塩を加えることで、甘さの中に塩のしょっぱさを少し感じられるのが美味しいと絶賛です。歯ごたえも、サクサクしているのでこれを食べたら、他のグラノーラが食べられなくなるそうです。
味は4種類あり、全部が手作り。健康志向の方には是非、このグラノーラをお土産に!

ギフト用としての商品が豊富なお店です。
ニューヨークをテーマにギフトセットも置かれていて、グラノーラが入ったセットがあれば買ってしましそうですよね。
もちろん個別でも販売しているので、安心して買うことができます。

Chelsea Market Basket(チェルシー・マーケット・バスケット)
住所:
75 Ninth Avenue, New York
電話番号:
TEL.212-727-1111
営業時間:
(月~土)午前10:
00~午後8:00
(日)午前10:
00~午後6:00

8.マグノリア・ベーカリー Tシャツ

ニューヨークのTシャツといえば、「I ♡NY」の文字が入ったのを想像しますよね?
そんなTシャツを、とっても可愛くしてしまいました。映画で一躍、有名になったカップケーキの店「マグノリアベーカリー」。ここでデザインして販売している、「I Cup Cake NY」!大人用から子供用まであるので、親子兼用のお土産として買って、日本でお洒落に着こなしてください。



今や観光名所である「マグノリアベーカリー」。ニューヨークに5店舗あるので、行きやすいお店を選べますね。日本でも出店してますが、本場もカップケーキも味わってきてください。

マグノリア・ベーカリー・ブリーカーストリート店
住所:
401 Bleecker Street, New York NY. 10014
電話番号:
TEL.212-462-2572
営業時間:
(月~木)午前9:
00~午後11:30
(金・土)午前9:
00~午前0:30
(日)午前9:
00~午後11:30

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • カリフォルニア・ディズニーに格安で行く方法を3つ教えます!

    カリフォルニア・ディズニーに行きたいけれど、なるべく安い費用で済ませたい!そんな方も多いと思います。最低限の費用で楽しみたい方におすすめしたい、カリフォルニア・ディズニーに行く際に知っているとかなりお得な節約術をご紹介していきます。

  • ロサンゼルスで映画「ワイルドスピード」のロケ地巡り5ヵ所!

    人気・カーアクション映画「ワイルドスピード」は日本でも人気の映画です。シリーズは7作の上映がされており、作中には日本車や、東京がメインとなったシリーズもあり、日本にも何かと縁のある作品です。今回はそんなワイルドスピードのロケ地巡りに行ってみましょう!

  • サンフランシスコ生まれ!お土産にぴったりの超キュートな日...

    キュートでキッチュなパッケージが魅力的、中身のコスメ内容も負けてない!日本未上陸、ハリウッドセレブ御用達のコスメブランド、Benefit(ベネフィット)をご紹介します!

  • アメリカの移動遊園地で遊びつくす!映画やドラマのシーンを...

    映画やドラマでよく観る移動遊園地のシーン。ピカピカの電球が光るジェットコースターや観覧車にズラリと並んだB級グルメの屋台!夏フェス並みの特設ステージでは有名アーティストに出会えるかも?大人も子供も一日楽しめるスポットです。

  • サンフランシスコ・フィッシャーマンズワーフの人気シーフー...

    アメリカのサンフランシスコに行ったら、一度は訪れてみたいのがフィッシャーマンズワーフ。現在は観光地となっていますが、もともとは漁港でした。今ではたくさんの店が立ち並び、グルメも楽しめます。そこで、フィッシャーマンズワーフで味わいたいシーフードのおすすめを紹介します。

  • アメリカで初登録されたジャックダニエル蒸留所!だけど試飲...

    アメリカで一番最初に蒸留所として登録されたジャックダニエル蒸留所。創業者のジャックは、10代にして蒸留所の経営をすることになりました。ジャックのこだわりが今も引き継がれている蒸留所では見学ツアーを行っています。でも、この手のツアーにつきものの試飲はありません。なぜでしょう?