ベルリン4大蚤の市4選!掘り出し物やアンティークに出会える市場はこれだ!

1871

views

0

ベルリンに旅行する際の日程に週末が含まれていれば、是非行っていただきたいのが蚤の市。ドイツの人たちは街を見てもわかるとおり、物を大切にしています。保存状態の良い陶器や家具などがたくさんあって、プロもこぞって仕入れに来るほど!早速ご紹介しましょう♪

6月17日通りの蚤の市 (Trödelmarkt)

ベルリンで一番歴史のある蚤の市。Tiergarten駅前から500mに及ぶ沿道にぎっしりと露店が並んでいる。業者による出店が多いため、品物の状態が非常に良いことで知られています。しかも、綺麗に並べられていて見やすいので、お目当ての物が見つけやすい!可愛らしいデザインの布やアンティークの食器、くるみ割り人形!生活用品からお土産まで、ありとあらゆるものが揃っています。

6月17日通りの蚤の市 (Trödelmarkt)
住所:
Str. des 17. Juni 110 - 114, 10589 Berlin
開催時間:
土日10:00~17:00頃
電話番号:
030-26550096
場所:
SバーンTiergarten下車すぐ

ボーデ博物館前のアンティーク&ブック・マーケット (Antik & Buchmarkt)

出典: www.markt.de

古本や切手・コインなど、旧東ドイツ時代のものが多く揃っています。特に絵葉書や切手は観光客に大人気。世界遺産である博物館島の近くとあって、地元のアーティストによる絵画などアート系も揃っています。蚤の市巡りに多くの時間を割けない人には、観光のついでに寄るのにもってこいの立地です!

ボーデ博物館前のアンティーク&ブック・マーケット (Antik & Buchmarkt)
住所:
Am Kupfergraben, 10117 Berlin
開催時間:
土日10:00~17:00頃
電話番号:
0171-7101662
場所:
SバーンFriedrichstr.下車。博物館の島のボーデ博物館前の運河沿い

ボックスハーゲナー広場の蚤の市 (Trödelmarkt auf dem Boxhagener Platz)

出典: www.go.berlin

ベルリンの東側に位置する、大学生が多く住んでいる地域の蚤の市。50店舗ほどが集まる小さい蚤の市で若干都心から遠いため、地元の人で賑わう観光客には穴場の蚤の市です。出店者に若者が多いのでレコードや中古の家電・アート系など、おしゃれなものに遭遇する確率が高いのが特徴!

ボックスハーゲナー広場の蚤の市 (Trödelmarkt auf dem Boxhagener Platz)
住所:
Boxhagener Str. 1, 10245 Berlin
開催時間:
日10:00~18:00頃
電話番号:
0162-2923066
場所:
AlexanderplatzからUバーン5でFrankfurter Tor下車、Boxhagener Platzまで徒歩7分

マウアーパークの蚤の市 (Flohmarkt im Mauerpark)

ベルリンで一番大きな規模を誇る蚤の市。マウアーパークと呼ばれる、かつてベルリンの壁があった場所で行われています。とにかく広いので、掘り出し物を見つけたら即買いがオススメ。日によっては身動きがとれないほどの混雑になります。生もの以外のありとあらゆるものが売ってあり、見て回るだけでも楽しめるので、あっという間に時間がたってしまいますよ♪

マウアーパークの蚤の市 (Flohmarkt im Mauerpark)
住所:
Bernauer Str. 63-64, 13355 Berlin
開催時間:
日8:00~18:00頃
電話番号:
030-29772486
場所:
Uバーン2 Eberswalder Str. 下車、徒歩約5分

蚤の市好きにはたまらないスポットがたくさんあるベルリン。主要都市の割に物価が安いし、蚤の市だとさらに値切れてお得感UP!なので、ロンドンやパリの蚤の市より回りやすいと評判です。お気に入りの品を見つけたときの感動を味わいに、是非訪れてみてはいかがでしょうか?

maorun

旅行と食べ歩き大好きの神戸っこです☆センス溢れる記事を目標に頑張ってます!

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • ドイツ・フランクフルト近郊の穴場観光スポット大特集!

    フランクフルトを訪れたなら、日本人観光客が少なく日帰り遠足気分で行ける、穴場な街を訪れてみましょう♪わざわざ寄って良かった!と思わせる景色が広がっています。

  • ドイツ観光でおすすめの教会「シュタインフェルト修道院」!...

    ライン下りやお城巡り…ドイツ観光は中世の街並みやビールなど、楽しみがいっぱいです。ですが忘れてはいけないのが、キリスト教文化。日本のお寺巡りのように、ドイツの村々の小さい教会を巡り、心を癒す小さな旅はいかがでしょうか。パイプオルガンの音を聞き、ゆっくりとした気持ちになるドイツ旅行です!

  • ドイツ・メルヘン街道観光でおすすめのスポットまとめ!グリ...

    1812年に出版されたグリム童話。当時のドイツはフランスの植民地になっていました。ドイツ国民としての意識を目覚めさせるため、各地に伝わる民話などを分かりやすく伝えたこの童話は、世界中の人を物語にひきこみ現在も語り継がれています。その生みの親、グリム兄弟のゆかりの地を巡る旅へ行ってみましょう!

  • ドイツ・シュトゥットガルト観光スポット6選!世界的企業が...

    ドイツ南西部に位置し、大戦後にはアメリカ軍司令部が置かれた街。今や世界的に有名な大企業が集まる産業都市となったのですが、この街の魅力はそれだけではありませんよ!広大なブドウ畑を要する「農業都市」でもあり、19世紀にヴュルテンベルク王国の首都であったため「文化都市」としての機能も併せ持つ凄い街なのです!

  • ドイツの優れるものづくり!ミュージアムで職人技を体感しよう

    ドイツといえば日本と同じように働き者が多い国で、時間もしっかりと正確な人が多いんだとか。そしてドイツの技術力には信頼が厚く、自動車や補聴器で知られるシーメンス、スポーツ製品のアディダスもドイツ製品なんです!日本に負けてないドイツの技術力を生で体感しにいきましょう!

  • 映画「グランド・ブダペスト・ホテル」ロケ地!チェコの歴史...

    ウェス・アンダーソン監督の『グランド・ブダペスト・ホテル』といえば、そのキュートで独特の世界観から大ヒットとなり、アメリカでは『アナと雪の女王』をも抜く興行収入を収めた人気映画。うっとりしてしまう可愛い建物、内装の数々には、ちゃんとロケ地があったんです!それはドイツのゲルリッツという町。アンダーソン監督の世界観に浸ってみませんか?