驚愕!イースター島「モアイ像」実はすごい種類があるって知ってましたか?

4316

views

0

イースター島のモアイ像。世界の不思議のひとつでもあるモアイ像は本当に謎だらけ!しかも、実はモアイ像にはたくさんのバリエーションがあるんです。実際に目にしたら驚くに違いないモアイ像の数々をご紹介します!

モアイに会いにイースター島に行ってみよう!

南太平洋にあるイースター島。
恐らくこの島の名前を耳にしたことがある人は多いでしょう。

なぜなら、イースター島にはモアイ像と呼ばれる石像があるからです。
モアイのようなデザインの石像は、世界中にこの島にしか存在しないのです!
そのため、イースター島は世界遺産に登録されています!!

モアイ像いろいろ

みなさんご存じ!基本形モアイ

イースター島にはたくさんのモアイ像があります。
倒れているものや建設途中のモアイ像も含めると、1000体近く存在するらしいです。

帽子ありモアイ

イースター島には様々なタイプのモアイ像があります。
これは帽子を被ったタイプ。

目玉&帽子ありタイプ

現在は目玉が入っているモアイは殆ど残っていませんが、元々は目玉があったそうです。

倒されてしまったモアイ

倒れたモアイもあります。
昔、島内に住む部族間で争いが起き、敵対する部族のモアイを倒し合ったそうです。

女性っぽいモアイ

こちらはイースター島内の博物館にあったモアイ。
胸に膨らみがあり、女性をかたどったと言われている珍しいモアイです。

作りかけのモアイ

巨大な岩から削り出している途中で放棄されたモアイ像。

このようにモアイ像は1つの岩から削られて作られたんだそうです。
すごいですよね~

イースター島
イースター島へのアクセス:
チリのサンチアゴからLAN航空の飛行機で行くのが一般的です。日本からの直行便はありません。タヒチのパペーテからイースター島に行く手もあります。

最後に…

イチオシ!〇〇をするモアイ!!

このモアイ、よ~く見ると…

な、なんと!正座をしているんです!

見てください、このお尻と足!!

モアイを作ったイースター島の人々の祖先は日本人だったのかも?(笑)

これらのモアイ像が作られた理由は今でも謎のままです。
こんな不思議なモアイ像を見に、イースター島に行ってみませんか?

vale46

2年8ヶ月の世界各地を巡る旅を終え、昨年日本に戻ってきためっちゃ旅好きの社会科教員です!

今まで訪れた国は60以上!
世界中の面白いものを求めて西へ東へ!!

現地の人と深く関わり、素敵な場所、楽しいこと、ウマい食べ物を現地の人に聞きながら探すのが大好きです。

特に美味いものを見つけ出す嗅覚(才能?執念?)はそこらの野生動物に負けません!v(・∀・)v

次はどこ行こうかな?

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 驚愕!イースター島「モアイ像」実はすごい種類があるって知...

    イースター島のモアイ像。世界の不思議のひとつでもあるモアイ像は本当に謎だらけ!しかも、実はモアイ像にはたくさんのバリエーションがあるんです。実際に目にしたら驚くに違いないモアイ像の数々をご紹介します!

  • モアイが見守る島!イースター島の巨石文化が圧巻すぎる!

    太平洋の南の果て、およそ日本と反対側にあるイースター島。直径30km弱の小さな島ですがモアイ像があることで世界中に知られています。絶海の孤島のこの島に1000体以上のモアイがあり、大きいもので高さ20m、重さ90t。これらの巨大なモアイをどのように運んだのか、何のためにこんなに沢山作ったのか、なぜ巨石文化は滅んでしまったのか考古学上の謎は解明されないまま。そんな魅惑の島イースター島で、モアイ像たちはあなたを待っています。

  • チリ観光スポット7選!絶景の宝庫、地球の裏側に感動の嵐が...

    日本の反対側の南米に属するチリ共和国。そこには我が国にはないたくさんの絶景や秘境がたくさん詰まっています。魅力あふれる素晴らしい自然と街の景観美を感じに地球の裏側までひとっ飛びしちゃいましょう!

  • チリ・イースター島ラパ・ヌイ国立公園のモアイを訪ねる!い...

    絶海の孤島、ラパ・ヌイ。通称イースター島には、世界の七不思議のひとつに必ずと言っていいほど挙げられる巨大な石像「モアイ」が並びます。誰がどのような目的で造ったのか?多くの謎がまだ解明されていませんが、ひとつだけはっきりしているのはモアイがこの島の歴史を見つめてきた、ということ。そんなモアイに会いにいきませんか?

  • 南米チリの秘境!青く輝く大理石の洞窟

    チリ南部のパタゴニア地方には、世界で最も美しい洞窟と称されるマーブル・カテドラルという場所があります。美しく透き通った湖の光を反射し、青く輝く大理石の洞窟、マーブル・カテドラル。今回はパタゴニアの中でも秘境と呼ばれるマーブル・カテドラルをご紹介します。

  • 死ぬまでに見たい秘境!チリ・アタカマ砂漠に広がる花畑の絶...

    アンデス山脈と太平洋沿岸部の間に広がる「アタカマ砂漠」。死の道とも呼ばれる広大な砂漠は十数年に一度、見渡すかぎりの花畑にその姿を変えてしまいます。いったいどうしてこんなことが起こるのでしょう?今回は、アタカマ砂漠に広がる奇跡の花畑の魅力と秘密に迫ります!

この記事のキーワード