スリランカの穴場パワースポット!ミヒンタレーと周辺観光スポット特集

386

views

0

仏教伝来伝承の地、ミヒンタレー。スリランカの仏教徒にとって、ここは正に聖地です。私が行った時も、観光客よりスリランカ人のほうが多く訪れていました。このお寺は世界遺産ではないので、ツアーなどにはあまり組み込まれないところですが、隠れたパワースポットですので、お時間があればぜひ訪れていただきたい場所です。

見上げる長い階段

ミヒンタレーは、スリランカ最初の王朝があったアヌラーダプラから東に約13kmに位置します。
やはり、お寺は高いところに建てられるんですね。一段一段この長い石段(写真には半分くらいしか写っていません)を登って行くことで、聖地の威厳を人々に与えるように感じました。

ミヒンタレーとは

ミヒンタレーとは、"Mahinda's Hill"(マヒンダの丘)を意味すると言われています。仏教の伝道師であるマヒンダがインドよりスリランカに渡り、紀元前247年、このミヒンタレーでアヌラーダプラ朝のデワナンピヤティッサ王を改宗させ、仏教をスリランカの国教としました。
このマヒンダは、古代インドのモーリャ王朝のアショカ王の息子で、アショカ王によってブッダの御言葉を伝えるようにとスリランカに派遣されたと伝えられています。そして、この地からスリランカ全土に仏教が伝承されて行きました。

もう一つついでの豆知識

現在約2000万の人口のうち、だいたいシンハラ人74%、シンハラ系タミール人12%、ムスリムムーア人8%、インド系タミール人5%、その他1%となっています。 
宗教は大まかに仏教70%、ヒンドゥー教15%、イスラム教10%、キリスト教5%です。当然仏教のお寺が数多く存在しますが、ヒンドゥー寺院やモスク、キリスト教教会もあり、スリランカではそれぞれの民族がそれぞれの宗教を尊重し、共存している様子を窺い知れます。

裸足で登りましょう

スリランカのお寺でも履物、帽子着用は厳禁ですのでご注意ください。階段の途中に靴を預けるところがあり、そこで靴を預け、それ以降は裸足で登っています。土足で汚してはいけないのは、日本と同じです。スリランカのお寺では、みな裸足になります。(基本的にどのお寺も清潔ですのでご安心ください)
スリランカでは家の中へは靴を脱いで上がります。何だかとっても親近感が湧きますね。
私が行った時間帯は夕日が落ちる少し前だったので、石段の熱も引いており、とても気持ちが良かったです。やはり日中は石が焼けて、かなり熱くなることもあるようなので、日中を避けるか靴下を持って行くと良いと思います。
ただ、このお寺は夜になるとライトアップされるので、日没の少し前を目指して行くのがお勧めです。

石段を登り切ると

頑張って階段を登り切ると、大きくて真っ白な仏塔やきれいなお顔をした大仏様が優しく迎え入れてくれます。たまたま人が少なく気温も低めだったため、私が訪れた時は本当に心地よく過ごすことができました。この大仏様の顔を見上げていると、とても穏やかな気持ちになりました。

インビテーションロック

先ほどご紹介したマヒンダは、このインビテーションロックの頂上から最初の教えを説いたと言われています。こここそパワースポット!ここを訪れた人たちは皆さん頂上へと登って行くのですが、少しビビリな主人と私は、急な階段を見て恐くなって登りませんでした。この石段は手すりがあるもののとても滑りやすく、狭くて傾斜もあるので、登る際はくれぐれもご注意ください。

ミヒンタレーの夕日

少し高台にある大きな仏塔から見える美しい夕日。見渡せど高い建物などなく、ただただ広がる水平線の向こうに日が沈んで行きます。

だんだんと日が落ちてライトがつきはじめると、白い仏塔がより幻想的になります。

ミヒンタレー
住所:
Mihintale Anuradhapura, Sri Lanka
アクセス:
コロンボから車で約3時間、アヌラーダプラから車で約30分
定休日:
事前確認要
電話番号:
+94-777-835-266
料金:
500 スリランカルピー

周辺情報-ブラックウォーターポンド

その名前のとおり、水が真っ黒に見える池です。水が黒い訳ではなく、池が黒い岩でできているので、それが反射しているために黒く見えるようです。この周辺で、僧侶が瞑想していたと言われています。

ブラックウォーターポンド
住所:
Mihintale, Anuradhapura, Sri Lanka
アクセス:
コロンボから車で約3時間、アヌラーダプラから車で約30分

最後に

いかがでしたか?
スリランカは信仰心の強い人が多く、日常的にお寺に足を運びます。家族と自らの幸せや健康を願ったり、日本のお祓いのようなプージャをして貰ったり。菩提樹の木の下で、ただゆっくり佇んで、今ある困難にどのように対処したらよいか、天啓を得られないかと時間を過ごしてみたり。ブッダの教えを思い出し考えてみたりと、人それぞれの過ごし方をするそうです。もちろん、お坊さんとお話しをして過ごしたり。
スリランカの人々がブッダに寄り添うように過ごす時間を、この歴史あるミヒンタレーで、静かに穏やかに体験されてみてはいかがでしょうか。

M Lanka

世界遺産のシギリヤロックをどうしても観たく訪れた
スリランカで、スリランカ人の主人と出会い結婚してしました。現在、日本でアーユルヴェーダのリラクゼーションサロンを開業しています。
ぜひ訪れて頂きたいスリランカの世界遺産などの観光地、またスリランカの素朴さや素晴らしさを、少しでもお伝えしていければと思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • スリランカのゾウの楽園「ミンネリア国立公園」で野生のゾウ...

    もし野生のゾウを見たかったら、どこに行きますか?有名なのはアフリカのケニアなどでしょうか?でもアフリカまで行くのは時間もお金も…でも、どうしても野生のゾウを見たい!というあなたに、とっておきの情報を教えます!

  • スリランカ旅行で絶対行きたい!シギリヤロックの全貌

    言わずと知れたスリランカの世界遺産、シギリヤロック。スリランカ旅行でここをプランに入れないのなら、行く意味がない!と断言できるほどの場所です。どれほど詳しく話を聞き写真を見て心が動かされたしたとしても、実際に体験した人の感動とでは雲泥の差があるでしょう。全くもってため息しか出ないほど、美しく荘厳で神秘的な場所です。

  • 【パワースポット】スリランカで女子力も恋愛運もアップ!? ピ...

    スリランカはダイヤモンド以外のほとんどの宝石が採れる世界屈指の宝石採掘国であり、とても上質な宝石が採れることで有名です。 英国ウィリアム王子とのご婚約会見時に、キャサリン妃(当時はケイト・ミドルトンさん)が左手の薬指にはめていたブルーサファイヤのリングは、故ダイアナ妃の形見。実は、そのブルーサファイアはスリランカ産なのです。 そんな宝石がたくさん採れるスリランカでも、非常に珍しいピンク(ローズ)クォーツの山が存在するんです。山一つ分の水晶となれば、すごいパワーがありそうですね。今回はこちらのパワースポ

  • 【スリランカ】絶景シギリヤロックのお隣の岩山

    絶景ポイント、ピドゥランガラロックをご紹介します。このピドゥランガラロックという岩山は、世界遺産のシギリヤロックのすぐ隣にあります。以前ご紹介したシギリヤロックは、悲劇の王様が宮殿を建てる前は、仏教の僧侶達の修行の場でした。突き出した岩壁の下で、多くの僧侶が瞑想をしていたそうです。ところが、宮殿を建てる事になった際に、僧侶たちはこのお隣あるピドゥランガラロックに修行の場を移す事を強いられました。現在は修行の場としては使用されていませんが、麓にはピドゥランガラ寺というお寺があります。

  • 8つの世界遺産も!スリランカが魅力的過ぎる!

    スリランカとはシンハラ語で「光り輝く島」という意味だそうです。 2009年に26年に亘った内戦が終結、その後経済が急成長し、観光のニーズが増えているスリランカ。 北海道ほどの大きさの島に、8つの世界遺産や、紅茶のプランテーション、美しいビーチ、濃く茂ったジャングルに野生動物などなどと魅力いっぱいなんです。 今回はそんなスリランカの魅力をご紹介したいと思います。

  • スリランカの世界遺産ホートンプレインズ国立公園でトレッキング

    スリランカはトロピカルアイランドなのですが、実は標高が高い地域はとても涼しく、一年を通して気温が朝晩は約12℃、昼間は約20℃くらいにしかなりません。長袖のカットソーに、ユニクロのウルトラライトダウンを羽織るくらいが丁度くらいの気候です。 その中でも紅茶の産地として有名なのがヌワラエリア。この地域では、紅茶のプランテーションがとても盛んに行われています。今回はこのヌワラエリアから、スリランカのとても美しい自然に直に触れる事ができるホートンプレインズ国立公園をご紹介します。