シンガポールでアラジンの世界観が味わえる! アラブ・ストリートで中東体験

2421

views

0

多国籍国家シンガポールに多く住むマレー系イスラム教徒たち。ブギス駅近くに位置するアラブな雰囲気いっぱいのエキゾチックな通り、アラブストリート。 モスクからコーランの聞こえてくる時間帯もあり、まるでアラブの国に来たみたい! そんなアラブストリートの観光すべきスポットをご紹介します。

①アラブ系商人の移住

1824年、スタッフォード・ラッフルズ卿が、当時のシンガポール君主、サルタン・フセイン・シャーからシンガポール領有権を譲り受けたことに対する感謝の気持ちから、サルダンモスクを創建。
その周辺地域は、マレー人やムスリム、アラブ系民族の生活する場所として、公式に割り当てられたとのこと。以後、アラブ系商人が多く移住してきたのを機に、イスラム文化が根付いたとされる。

②アラブストリートの魅力

女性心をくすぐるカゴやランプなどの雑貨店やモスクなど、見所満載のアラブストリートだが、特に目立つのは、なんといっても、溢れんばかりの布の山!!
裁縫の得意な人にとっては、まさに天国。そうでない人も、色柄豊富なバティック(マレーシア、インドネシアなどの特産、ろうけつ染め)は、見ているだけでもワクワクしそう。まとめて買えば、値引きも!?
どこで買っても同じの「ブランド品」に飽きた人には、刺激も多くて魅力的なはず。
近代的なオーチャードとは逆を行く、異国情緒たっぷりで、独特の時間が流れる街。

③アラブストリートで観る

サルタン・モスク

アラブストリートの象徴で、シンガポール最大にして最古(建物自体は改装しているので
比較的新しい)の歴史を誇るイスラム寺院。
信者だけでなく観光客も見学可能なため、たくさん人が訪れる。お祈りの時間は入場が
制限されることと、肌の露出は宗教上タブー(ガウンの貸出あり)なので要注意。

サルタン・モスク (Saltun Mosque)
住所:
3Muscut St.
アクセス:
ブギス駅 歩10分
営業時間:
9:00~12:00/14:00~16:00
電話番号:
6293-4405
定休日:
なし

④アラブストリートで買う

シファー・アロマティクス

出典: punta.jp

老舗店ジャマール・カズラでパフュームオイルの調合を担当するジョハリ氏のサロン。
予約制だが、オーダーメイドも可能。定期的にワークショップも行われている。

シファー・アロマティクス(Sifr Aromatics)
住所:
42Arab St.
営業時間:
11:00~20:00 (日曜は17:00まで)
アクセス:
ブギス駅 歩10分
電話番号:
6392-1966
定休日:
なし

スーフィー・トレーディング

出典: tripnote.jp

まさにアラブっぽさ漂う雰囲気がエキゾチック。
打っているものは主にモザイクランプや絨毯など、トルコ製品の店。
観光客に人気のスポットとなっている。

スーフィー・トレーディング(Sufi Trading)
住所:
52Arab St.
営業時間:
10:00~21:00
アクセス:
ブギス駅 歩5分
営業時間:
10:00~21:00
定休日:
なし
電話番号:
6291-2123

ジャマール・カズラ・アロマティクス

1933年創業のパフュームオイルの老舗。200種以上もの香水を扱い、オリジナルもつくれるので、おみやげにも人気。美しいビンも魅力。

ジャマール・カズラ・アロマティクス(Jamal Kazura Aromatics)
住所:
728North Bridge Rd.
営業時間:
9:00~18:00
アクセス:
ブギス駅 歩10分
定休日:
ムスリムの祝日
電話番号:
6293-2350

ハジ・レーン

地元のオシャレっ子も集う、シンガポールでも注目される地域。小さな通りに古着屋やセレクトショップなど、個性溢れる店がひしめきあっていて、日本でいう裏原宿のよう。午後開店の店が多いので、夕方頃訪れるのがオススメ。

⑤アラブストリートで食べる

中東料理レストランは数多く、「レストラン」とはいえカジュアルで入りやすい店がほとんど。イスラム教の戒律により、アルコールNGの店もあるので注意が必要。

ブルー・ジャズ・カフェ

ケバブなどアラブ料理中心のレストランバー。地元客も多く、水タバコの体験ができる。
週末の夜は、生バンドの演奏も楽しめる。

ブルー・ジャズ・カフェ(Blu Jazz Cafe)
住所:
11Bali Lane
アクセス:
ブギス駅 歩8分
営業時間:
月~木 12:00~24:00、金 12:00~26:00、土 16:00~26:00
定休日:
日曜
電話番号:
6292-3800

スーフィー・コーナー・ターキッシュ

出典: guruyaku.jp

トルコや地中海料理のカフェレストラン。トルコタイルのテーブルやモザイクランプなど、
インテリアも凝っている。水タバコの体験もできる。

スーフィー・コーナー・ターキッシュ(Sufi’s Corner Turkish Restaurant)
住所:
48Arab St.
営業時間:
12:00~27:00 (金・土は翌4時まで)
アクセス:
ブギス駅 歩8分
電話番号:
6298-2258
定休日:
なし

シンガポール・ザム・ザム

イスラム系の料理は、だいたい揃っている。ムルタバ(イスラエル風パンケーキ)が名物。

シンガポール・ザム・ザム (Singapore Zam Zam Restaurant)
住所:
697North Bridge Rd.
営業時間:
8:00~23:00
アクセス:
ブギス駅 歩6分
営業時間:
8:00~23:00
定休日:
なし
電話番号:
6298-7011

東京23区分くらいの小さな国なのに、たくさんの民族がひしめきあう、シンガポール。
多くの国の文化に触れられる中で、アラブストリートなら、居ながらにして中東旅行した
気分を味わうことができなんだかお得な気分!
非イスラム教国の旅行先として、ムスリムの人気ナンバーワンの国、シンガポールならではの見どころ!

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • シンガポール「ホーカーズ」に行くなら!激安なのに超美味い...

    シンガポールのB級グルメを語る上で、はずすことのできないフードコート・屋台村「ホーカーズ」。日本では自炊中心という人も、ホーカーズでご飯を食べて外食が多いシンガポール人の気分を味合おう!

  • 肉骨茶(バクテー)の美味しい店 in シンガポール☆

    肉骨茶と書いてバクテーと読む、シンガポールやマレーシアのローカルフードをご存知ですか?骨付きの豚肉を煮込んだだけのシンプルな料理ですが奥の深い味わいが癖になるとローカルの人々から観光客まで大人気☆様々な食べ方を楽しむ事の出来るバクテー、シンガポールを訪れた際はぜひ1度ご賞味下さい♪

  • シンガポールのミシュラン1つ星お鮨屋さん「すし道 真次 Shin...

    世界でも有名な高級ホテルの中にお店を構える「すし道 真次 Shinji by Kanesaka」をご存じですか?お店はシンガポール内に全2店舗展開されており、週4回日本の築地から空輸される新鮮な魚をいただく事ができる、ミシュラン1つ星を獲得したお鮨屋さんです。シンガポールに居ながら日本クオリティーのお鮨をいただけるお鮨屋さん、必見です!

  • シンガポールの空港に登場!24時間営業「ハローキティオーキ...

    世界中にファンを持つハローキティ。キティちゃんはグッズはもちろん、カフェ、ホテル、テーマパークなど数え切れないほど様々なジャンルに進出しています。この度、シンガポールで国内初のキティちゃんカフェがオープンしました。シンガポールのキティちゃんは一体どんな風になっているのでしょうか。その様子をお伝えします。

  • シンガポールのおしゃれスポット!デンプシー・ヒルのカフェ5選

    シンガポール旅行の隠れたお楽しみ。自然がいっぱいのデンプシー・ヒルなら、ゆったりのんびり森林浴しながら気持ちよくランチができて、おまけにおいしい空気まで味わえちゃう。観光やショッピングに疲れたら、ちょっと方向転換してぜひ訪れてほしいカフェがいっぱい。定番のPSカフェから絶品料理が食べられるカフェまでご紹介します。

  • シンガポールでアラジンの世界観が味わえる! アラブ・ストリ...

    多国籍国家シンガポールに多く住むマレー系イスラム教徒たち。ブギス駅近くに位置するアラブな雰囲気いっぱいのエキゾチックな通り、アラブストリート。 モスクからコーランの聞こえてくる時間帯もあり、まるでアラブの国に来たみたい! そんなアラブストリートの観光すべきスポットをご紹介します。