カメルーン

Cameroon

【アフリカ中部大西洋岸にある多民族国家は地形も気候も多岐に渡る カメルーン】

日本との時差は8時間で、直行便はない。入国するには、他国の国際空港で乗り継ぎ、40時間前後のフライトを要する。自然環境も文化も多種多様に恵まれ、見どころは盛り沢山。北部のチャド湖でのクルージング、ルムシキの奇岩の不思議な景観、ライオン、キリン、ダチョウなどの野生動物が生息し、整備も進むワザ国立公園などを訪れれば、独特の自然を満喫できる。約250の部族が住むカメルーンならではのさまざまな文化を味わえるのが、色彩豊かな工芸品・衣装などであふれる定期市。それぞれの伝統芸能も楽しめ、訪れる観光客を飽きさせない。マッサ族の楕円形の小屋や各部族の王宮などの建築物にも注目したい。