ジンバブエ

Zimbabwe

【インフレにより通貨が廃止された国 ジンバブエ】

首都ハラレは近代的な街並みが美しく、過ごしやすい高原都市。マラリアの危険性も少ないため、旅行者に人気の街だ。国名になったグレート・ジンバブエ遺跡が観光の目玉。11世紀頃、ショナ族が建設を始め、14~15世紀にロズウィ族が引き継いだ都市遺跡は、ショナ語で石の家を意味する。もう一つの観光の目玉が、世界三大瀑布のひとつ、ビクトリアの滝である。滝の高さは100m以上、幅は1700mにも及ぶ。日本からはヨハネスブルグ経由が一般的であり、行き方により飛行時間は大幅に異なる。時差は7時間。

このエリアの人気記事