ニジェール

Niger

【西アフリカの美しいサヘル地帯にある内陸国 ニジェール】

時差8時間。直行便がないので、パリやイスタンブール経由で総フライト時間35~45時間かけて入国することになる。国土の大部分が砂漠と半乾燥地域で占められ、中には塩田もあり、世界でもまれに見る美しく珍しい光景を求める人々が後を絶たない。首都のニアメには国立博物館があり、ニジェールの歴史や文化を知ることができる。ユネスコ世界遺産に登録されているアイル・テネレ自然保護地区は、絶滅危惧種を含む多種多様な植物、鳥類、爬虫類が生息する。北部最大のアンガスでは、恐竜の化石も多く発見されており、恐竜平野と呼ばれるエリアも存在。近頃、外務省の危険情報による退避勧告が出たこともあるので、事前の確認が必須だ。