ラトビア

Latvia

【美しい自然・文化・歴史に恵まれたバルト三国の中央 ラトビア】

ロシアから独立するまで、様々な国に支配されてきた歴史を持つラトビア。日本との時差は6時間。日本からの直行便がないので、モスクワなどで乗り継ぐこととなる。総フライト時間は11~14時間。首都のリガはバルト三国で一番大きな都市。東岸の旧市街地はユネスコ世界遺産に登録された。建都8000周年を迎える歴史の通り、教会や聖堂だけでなく、工芸や軍事、自動車などあらゆる分野の博物館なども数多く設立されおり、それぞれの建築様式にも注目。文化的側面のほかに自然にも恵まれており、バルト海沿岸のリゾート地ユールマラには海外からも多くの観光客が穏やかな気候を求めて訪れる。

このエリアの人気記事