フランス土産5選!本場で買ったら格段にお得なおすすめアイテム

46,118

views

0

相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶ「お土産探し」は旅の楽しみの一つでもありますね。今回はフランスで買って帰りたいお土産をユニークなテーマでお届けしたいと思います。そのテーマとは「日本で買うと”さすがおフランス産!”と思わずにはいられないプライシング。なのに本場で買ったらお得感満載のアイテム」。ちょっと長めですが記事はすっきりズバリと切り込みたいと思います。

フランス土産、どこで買う?

日本から直行便で12時間、経由便だと一日がかりになることもあるフランスまでのフライト。疲れた身体を休めて「さぁ明日からガンガン見てまわるぞ!」と意気込むアナタの頭をかすめるお土産の心配。フランスで「お土産どうしよう...」と頭を抱えるのはもうおしまい!きっと喜ばれるお土産は意外とすぐそばでいつでも買えるんですよ。

フランスでお土産探しに困ったら、旅のヒントがズラリと揃ったご存じ「TapTrip」の人気記事を参考に!

ひと振りであら不思議!絶品フレンチになる魔法の粉「フルール・ド・セル」

Fleur de Sel(フルール・ド・セル)とは海水から作る塩の結晶のことです。ミネラルを豊富に含むので、フルール・ド・セルを口にするとしょっぱさの中にほんのり甘いような複雑な旨味が感じられます。お料理の最後に一振りするだけでプロの一品に変わる魔法の粉。日本では125g1000円前後で購入できる貴重な塩ですが、フランスでは400円前後とお手頃価格なのが嬉しいですね。さらに嬉しいのが軽量である点。容器は割れる心配のない紙とコルクで出来ています。

フルールドセルは海に近い地域で生産されています。カマルグ(Camargue)、ゲランド(Guérande)、レ島(il de Re)が代表的な産地です。昔ながらの製法で作られる貴重な塩。世界中にファンが多く、美食家には広く知られたフランスの特産物です。

やっぱりフレンチワインも買っておきたい!おすすめは?

フランスのスーパーに行ってまず驚くのはワイン売り場の広さでしょう。日本ではせいぜい国別に分けられて販売されているワインですが、フランスでは地方別に細かく分類され、その数も半端なく多様です。本場は品揃えも価格も桁違いなので(低価格という意味で)お土産にする方が多いのは頷けます。

ちょっと小ぶりで緑の脚が特徴のグラスに注がれるのはアルザスワイン。日本では銘柄、販売本数ともに少なめなので狙ってみてはいかがでしょう。価格は日本で買うよりもはるかに安いので、事前に銘柄と価格を調べて目当てを探した方が効率的です。アルザスワインは他の地方のワインに比べてスリムなボトルなので見つけやすいと思います。ボトルの下部が少しくぼんだプロヴァンス地方のロゼワインもおすすめです。

トップパティシエのお墨付きヴァローナのチョコ

製菓用チョコメーカーとして創業したヴァローナ(Valrhona)ですが、今や世界に名だたるチョコレートメーカーになりました。缶に入ったスタイリッシュな一口チョコや板チョコはフランスの街中だけでなく、空港でも見かけます。カカオ含有率によって異なる商品名がつけられており、中でも筆者が好きなのはカカオ成分66%のカライブ。板チョコは日本で750円前後ですが、フランスでは450円前後で手に入ります。

フランスの定番ジャム&おやつと言えばボンヌママン

ギンガムチェックとぽってりとした瓶が特徴のBonne Maman(ボンヌママン)のジャム、みなさんも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。朝食のバゲットにひと塗り、クレープと一緒にいただいたり、手作りお菓子に使ったりと豊富な用途と種類のフランス産のジャムはお土産にぴったり。

ボンヌママンはジャムだけでなく、食後のデザートにぴったりなプリン系のおやつ、サブレや小さなタルトなど多くのお菓子を展開しています。要冷蔵のお菓子はフランス旅行中にぜひご賞味あれ。常温でも持ち運べるクッキー系、マドレーヌ系のお菓子はお土産にもってこい!

コクにもプライスにもサプライズ!やっぱり美味しいフランスのチーズ

フランスのスーパーでワインの他に圧巻なのが乳製品売り場です。カマンベールだけでも溢れんばかりの商品数。ブルーチーズにハードチーズなど日本では見たこともないような種類のチーズが並んでいますよ。ちなみにフランスではチーズを「フロマージュ」と呼びます。

こちらは「Mont-d'Or(モン・ドール) 」というチーズです。直径11.5cmから33cmまで、高さは6cm程度とカマンベールよりも少し大きめ。牛乳から作られ、塩水で表面を何度も洗って熟成された濃厚なクリーミーさが特徴です。チーズはワインと同様、銘柄や熟成度合によって価格が異なるので価格比較は正確ではありませんが、500gの標準サイズが日本では3000円からであるのに対し、フランスでは1200円程度から楽しむことが出来ます。少し温めてチーズフォンデュのようにしていただくのがおすすめの食べ方!

フランスのチーズは概して日本よりもかなり安く手に入ります。ブルーの楕円容器が可愛いCAPRICE des DIEUX(カプリスデデュー)の価格比較をしてみましょう。日本では300gのカプリスデデューは1700円前後ですが、フランスでは450円前後!驚愕の価格差です。

サクサクと済ませたいお土産探し!参考になりましたか?

日本では高いあのアイテムも本家本元で買ったらこんなに安い!をキーワードに、おすすめのフランス土産を選んでみました。時間はかけたくないけれど、買って帰らないわけにはいかない旅行のお土産。だったらとことん楽しんじゃいましょう。探しているうちに日本未発売品が見つかるかもしれません。最後に!チーズを持ち帰る際は匂い対策と持ち帰る季節にご注意くださいね。
※価格は2016年5月現在のレート1ユーロ123円を目安に算出しました

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フランス産おすすめバター5選!フランス菓子・料理のコクの秘...

    言わずと知れた農業国フランス。チーズ、牛乳、ヨーグルト、そしてバターの種類と美味しさは他国を抜きんでています。フランスらしい専門店としてチーズ専門店や、乳製品専門店が商売として成り立っているあたりに農業、とりわけ乳業の底力、そして乳製品のニーズの高さを肌で感じるのです。フランス旅行中、一度は口にするはずのバターやチーズ。そして多くのツーリストがそのコクと舌触りに驚きを感じることでしょう。今回は、フランス乳製品でイチオシのバターを取り上げてみたいと思います。

  • フランス土産5選!本場で買ったら格段にお得なおすすめアイテム

    相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶ「お土産探し」は旅の楽しみの一つでもありますね。今回はフランスで買って帰りたいお土産をユニークなテーマでお届けしたいと思います。そのテーマとは「日本で買うと”さすがおフランス産!”と思わずにはいられないプライシング。なのに本場で買ったらお得感満載のアイテム」。ちょっと長めですが記事はすっきりズバリと切り込みたいと思います。

  • フランス在住者が教える!南仏ニースでのビーチの特徴とビー...

    ニース空港へ着いたら、大抵の方はタクシーやバスでニース市内へと向かわれるかと思います。その時に目に飛び込んでくるニースの海の青さには、誰もがきっと感動してしまうはずです。そんなニースのビーチを100%楽しむ、とっておきの情報をお伝えします。

  • フランス料理で絶対おさえておきたい定番料理10選!

    みなさんは本場のフランス料理と言ってもピンと来るものありますか? 見たことはあるけど、名前がわからないと言う食べ物もあると思います。なので、今回はフランスに来たら是非試してほしい定番料理を紹介します♪

  • フランスの人気お土産ランキングTOP15!外さない人気のフラン...

    フランスのお土産はグルメやファッションと選ぶのにも迷ってしまいます。フランスらしいお洒落なアイテムに、贈られたお友達やご家族も気持ちもワクワクすることでしょう。大切なお友達や自分用にも買いたい、お洒落で持ち運びしやすいフランスのお土産をまとめました!

  • フランス・コルマールの観光名所まとめ!美女と野獣の舞台と...

    戦火を逃れ今も昔のままの姿を残すフランス東部の町コルマール。アルザス地方特有のコロンバージュ様式の建物は、まるでおとぎの国へ来たのかと錯覚するほどの美しい町並み。美女と野獣の舞台に選ばれたのも納得。そんなディズニーの目に留まることとなったコルマールを紹介します。

このエリアの新着記事
  • フランス・ニースでおすすめの本場ニース料理レストラン3選!...

    150年前までイタリアの領土だったというフランス・ニース。地理的にもイタリアにほど近く、食文化もイタリアの影響を大きく受けているんだとか。そんな街中で美味しい「ニース料理」が食べられるレストラン3選を紹介します!

  • ヴェルサイユ街でショッピング!お土産も買えるエリア別おす...

    ヴェルサイユと聞くとすぐに思い浮かぶのが宮殿。ですが、その城下町であるヴェルサイユの街もまた華やかに栄えていたんです。王宮文化を思わせる優雅な街並みや、有名メゾンのショッピングを楽しめる街・ヴェルサイユの魅力をご紹介します。

  • フランス・コルマールの観光名所まとめ!美女と野獣の舞台と...

    戦火を逃れ今も昔のままの姿を残すフランス東部の町コルマール。アルザス地方特有のコロンバージュ様式の建物は、まるでおとぎの国へ来たのかと錯覚するほどの美しい町並み。美女と野獣の舞台に選ばれたのも納得。そんなディズニーの目に留まることとなったコルマールを紹介します。

  • フランス在住者が教える!南仏ニースでのビーチの特徴とビー...

    ニース空港へ着いたら、大抵の方はタクシーやバスでニース市内へと向かわれるかと思います。その時に目に飛び込んでくるニースの海の青さには、誰もがきっと感動してしまうはずです。そんなニースのビーチを100%楽しむ、とっておきの情報をお伝えします。

  • フランス・リヨンの人気観光スポットおすすめ7選!歴史地区で...

    フランス第二の都市であり世界遺産に登録された街リヨン。名前は聞いたことがあっても実は何があるかよく知らないという方も多いのでは?かつて絹産業で栄えたリヨンは美しい街並みや心地よい気候のおかげでフランスらしさを満喫できる場所。美食の街でもあり美味しいフランス料理に出会えます。ではさっそくリヨンの見どころをご紹介します。

  • フランスの人気お土産ランキングTOP15!外さない人気のフラン...

    フランスのお土産はグルメやファッションと選ぶのにも迷ってしまいます。フランスらしいお洒落なアイテムに、贈られたお友達やご家族も気持ちもワクワクすることでしょう。大切なお友達や自分用にも買いたい、お洒落で持ち運びしやすいフランスのお土産をまとめました!

  • フランス・パリで泊まりたい最高のホテル15選

    花の都とも称されるフランス・パリ。凱旋門やエッフェル塔、ルーヴル美術館等見どころも沢山。そんなパリで宿泊するのに相応しい最高のホテルをご紹介していきます。気分はパリジャン・パリジェンヌになれますよ。

  • フランスで絶対欲しい!ディズニーランド・パリのお土産ベスト13

    ヨーロッパ唯一のディズニーパーク、ディズニーランド・パリ。せっかく行ったのならパリらしいおみやげを購入したいですよね。今回はそんな方のためにディズニーランド・パリのおすすめのおみやげ13品をご紹介します。

  • インド洋に浮かぶリゾート地!フランス領のレユニオン島の魅力

    インド洋に浮かぶフランスの海外県・レユニオン島は、サトウキビ・バニラ・コーヒーなどの生産と観光業で栄える小さな島です。フランス人や旅慣れた人だけが訪れていた穴場のリゾート地は、2010年に世界遺産に登録された島の尖峰群の他にも魅力がいっぱい!今回はそんなレユニオン島の見どころをご紹介します!

  • モンサンミッシェルに行ったら絶対買い!日本入手困難品も!...

    モンサンミッシェルで購入可能な誰もが喜ぶお土産を15商品ご紹介します。日本未入荷のフランス生まれのブランド品物やモンサンミッシェル発祥スイーツなど、自分用のお土産から相手に喜ばれるお土産探しまで、この記事を読めばモンサンミッシェルのお土産選びが楽になります。

このエリアの人気記事