モンパルナスから路線バス96番でパリ観光!気分はすっかりパリジェンヌ

13,057

views

0

パリジェンヌ&パリジャンの生活の足として欠かせない路線バス。パリ市内および周辺エリアを幅広く、しかも密度濃くカバーしている路線図はまるで蜘蛛の巣のような複雑さ。そんな路線バスですが、実は使い勝手がとても良いのでツーリストにもおすすめの移動手段です。街が丸ごと美術館のようなパリの街をバスの車窓から眺めれば、気分はすっかりパリ住民!今回は初心者パリツーリストにぴったりの96番バスに乗って、パリの街をモンパルナス駅から縦断したいと思います。

パリの路線バス

出典: www.ratp.fr

パリの路線バスマップです。この地図そのものが複雑過ぎ、でも美しい!これはもはやアートの域。さすが芸術の都パリとうならずにはいられません。地下鉄メトロの路線図は様々な土産物の柄になっており、目にしたことがある方もいるかと思いますが、バス路線図の複雑さはメトロ以上なのにどうです、この美しさ。

こちらがパリの街中を縦横無尽に走る市民の足、路線バスです。全てのバスには番号が振られており、今回ご紹介するルートは96番のバスを利用します。

まずはチケットを買いましょう

バスに乗るにはチケットが必要です。フランス語で「チケ」といいます。上の写真のチケットはバスの他にも、メトロ、パリ市内(ゾーン1)の高速メトロRER 、イルドフランス地域のバス (ただしOrlybusとRoissybusは除外)、トラムウェイ(RATPとSNCF)、モンマルトルのケーブルカーの乗車にも使えます。1枚だけの購入なら1.8ユーロ、10枚をまとめて買えば14.1ユーロとお得な価格です。

最も基本的な購入場所は駅の窓口です。1.8ユーロのチケットや回数券以外にも旅行者向けのお得なパスがありますので、滞在期間や移動手段に合わせて選ぶと良いでしょう。パリ交通公団RATPの公式ホームページには日本語による詳しい案内があります。

96番バスの進行ルート

出典: www.ratp.fr

全てのバスは進行ルートと停車地点の案内図があり、バス停で確認することができます。96番バスのルートは左から、モンパルナス駅(Gare Montparnasse)を出発し、レンヌ通り(Rue de Rennes)を抜け、サンジェルマン地区に向かいます。バス一台がギリギリ通れるような細い路地を見事なハンドルさばきで抜けると、セーヌ川があらわれます。このバスから観られる景観の中で最もパリらしい、フォトジェニックな情景。見とれているうちにシテ島を抜け、パリ市庁舎がある中心部を走り、ヴォージュ広場などが広がる地区へ。その後はモンマルトルの東側ベルビュー(Belleville)、そしてパリの北東部ポルト・デ・リラ(Porte des Lilas)で終点となります。

それではさっそくスタート地点のモンパルナス駅へ

96番バスの起点はモンパルナス駅です。ブルターニュなどフランス北西部に向けて出発するTGV(高速鉄道)の終着駅です。高さ210mを誇る高層ビル「モンパルナスタワー」がこの地区の目印で、タワーを目指せば簡単に駅およびバスターミナルを見つけられることでしょう。

バスはレンヌ大通りを進みます

みなさんを乗せたバスはモンパルナスタワーを背にして中心部に向かいます。最初に突き進む通りはレンヌ大通りです。画材屋、土産物屋、本屋、そしてカフェなどが立ち並びます。中心街の華やかさには欠けますが、下町らしいせわしなさとパリ市民の日常を感じる通りです。

バス停「レンヌ–ダッサス(Rennes–d’Assas)」あたりで下車

レンヌ大通りの中ほどで一旦バスを降りてみましょう。この辺りは左にも右にも見どころが多いので、地図とガイドブックをにらめっこしながら歩くルートを決めると良いでしょう。今回は3つの見どころをピックアップします。

リュクサンブール公園(Jardin du Luxembourg)

リュクサンブール公園はパリで四番目に広く、1612年にルイ13世の母親であるマリードメディシスの銘によって造園されました。春夏秋冬、どの季節に行っても「ザ・パリの公園」を実感できる場所です。敢えてオススメの季節を挙げるならば言わずもがな春でしょう。

リュクサンブール公園(Jardin du Luxembourg)
住所:
15, rue de Vaugirard 75291 PARIS
電話:
01 42 34 20 00(Conservation du Jardin du Luxembourg )
開園時間は時期によって細かく設定されている。公式HP参照のこと

サン=シュルピス教会 (Église Saint-Sulpice)

パリで二番目に大きな教会です。周囲の品の良い雰囲気に見事にマッチした壮麗さを感じる教会は1745年に完成しました。

サン=シュルピス教会 (Église Saint-Sulpice)
住所:
50 rue de Vaugirard 75006 PARIS
営業時間:
8:00~19:00
電話:
01 42 34 59 98

ボン・マルシェ百貨店(Le Bon Marché)

前出のリュクサンブール公園、サンシュルピス教会とはレンヌ通り、ラスパイユ通りを挟んだ反対側に位置するボン・マルシェ百貨店。こちらも必ず立ち寄りたい魅惑のデパートです。世界初のデパートで、外装、内装の美しさ、そしてデパ地下の見学もお忘れなく。世界中から集められた食材が洗練された陳列棚に並んでいます。

ボン・マルシェ百貨店(Le Bon Marché)
住所:
24, rue de Sèvres 75007 Paris
営業時間:
月曜~水曜・土曜10:00~20:00、木曜・金曜10:00~21:00

セーヌ川を渡り「シテ–パレ・デ・ジュスティス(Cité–Palais de Justice)」にて下車

デパートを見た後は再びレンヌ通りに戻り、96番バスを待ちましょう。程なくしてパリを代表するショッピングエリア、サンジェルマンデプレ地区にさしかかります。こちらの見どころも豊富なのですが、これはまた別の記事でご紹介しましょう。ここは狭い裏通りを絶妙なハンドルさばきで走り抜けるドライバーの技術が見ものです。バスはすぐにセーヌ川岸に到着しますので、セーヌ川を渡ったら下車しましょう。

パリのノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)

パリ発祥の地であるシテ島の観光名所と言えばノートルダム大聖堂。1991年に世界遺産にも登録された世界を代表するゴシック建築の一つです。あの有名なナポレオンの戴冠式の会場になったのもこちら。目の前に立つと、その巨大さと荘厳な存在に圧倒されます。

ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)
住所:
6 parvis Notre-Dame – Place Jean-Paul II 75004 Paris, France
営業時間:
8:00~18:45(土日は19:15まで)
日本語による無料案内あり。金曜日午後2時より (木曜日になる場合あり)

アントワネットが幽閉されていた牢獄コンシェルジュリー(Conciergerie)

もともとは10世紀ごろから宮殿として使われていたそうですが、14世紀から牢獄として使われ始め、現在は観光名所の一つとなっています。ご存じフランス革命では「死の牢獄」との呼び名も高く、一度投獄されたら最後、生きては帰れない場所として多くの人々が収容されてきました。

コンシェルジュリー(Conciergerie)
住所:
2, boulevard du Palais 75001 Paris
営業時間:
9:30~18:00
入場料:
12.5ユーロ

「オテル・ド・ヴィル(Hôtel de Ville)」にて下車

シテ島を見学した後は下車したバス停まで戻り、もう一度バスに乗車し、今度はパリ市庁舎(Hôtel de Ville)に向かいましょう。バスの停留所にして二個なので、歩いても行けますよ。

パリ市庁舎(Hôtel de Ville)

パリの地方行政機関とパリ市長が使用している建物です。歴史は古く、16世紀に市庁舎建設の構想が固まり、17世紀に完成しました。18世紀にはフランス革命の歴史的舞台にもなり、19世紀には現在の形に近い状態となりました。

「プラス・デ・ヴォージュ(Place des Vosges)」にて下車

パリ市庁舎を見学した後は再びバスに乗車して5つめの停留所「プラス・デ・ヴォージュ(Place des Vosges)」で降りましょう。

ヴォージュ広場(Place des Vosges)

パリ最古でかつ最も美しい広場がこちらの「ヴォージュ広場」です。アリスの物語に出てきそうな広場の緑、周囲の建物、どれをとっても絵になる場所です。噴水や街灯なども計算しつくされた素晴らしい配置とデザインで思わずため息が出てしまいますよ。

ヴォージュ広場(Place des Vosges)
住所:
Place des Vosges 75004 Paris
開園時間:
24時間

カルナヴァレ博物館 (Musée Carnavalet)

パリの歴史を知るのにぴったりな博物館です。この博物館があるマレ地区はもともと貴族の邸宅が多く立ち並ぶエリアで、こちらの博物館も歴史ある建物が使われています。

カルナヴァレ美術館(MUSÉE CARNAVALET)
住所:
16, rue des Francs-Bourgeois Paris 3e
営業時間:
10:00~18:00
電話 :
01 44 59 58 58
休館日:
月曜日
入館料:
7ユーロ

バスチーユ広場(Place de la Bastille)

フランス革命の発端となった歴史的舞台です。現在は牢獄はなく、広場の中心には7月革命の記念塔が立ち、広場に面してオペラ・バスティーユが建っています。オペラ・バスティーユでは主にバレエ公演が多く催されています。

「オベルカンフ(Oberkampf–Filles du Calvaire)」にて下車

昔からマレは若者がひしめく活気あるエリアでしたが、今や負けじと勢いのあるエリアがオベルカンフ通り。もともとは労働者が多く住む場所で、近寄りがたい雰囲気があったのも昔の話。近年のオベルカンフはアート感覚溢れる若者を中心ににぎわいをみせるようになりました。カフェや本屋などが立ち並び、ぶらり途中下車が楽しい通りです。

「ベルヴィル(Belleville–Ménilmontant)」にて下車

オベルカンフ通りを歩き疲れたら、同じ通りのバス停でまた96番バスに乗りましょう。そしてベルヴィル通りとの交差点「ベルヴィル–メニルモンタン(Belleville–Ménilmontant)」で下車します。ここでバスの旅は静かに終了。続きまして地下鉄の駅「メニルモンタン(Ménilmontant)」から2番のメトロに乗って8個目の「アンヴェール(Anvers)」で下車してください。

モンマルトルのサクレ・クール寺院 (Basilique du Sacré-Cœur de Montmartre)

アンヴェールの駅を出ると小高い丘にあのサクレクール寺院がそびえたっているのが分かります。さぁゴールまであと少し。ここから最後の力を振り絞って寺院までたどり着くも良し、お疲れの場合はケーブルカーで登るのも良し。パリを象徴する有名な観光スポットから見下ろすパリの風景は格別です。

寺院前から見下ろしたパリの景色です。右側の高層ビルがモンパルナスタワーです。モンパルナスタワーの麓から今回の旅が始まりましたね。眺めは他にも凱旋門やラデファンスまでひろーくのぞめます。

サクレ・クール寺院 (Basilique du Sacré-Cœur de Montmartre)
住所:
5, RUE DU CHEVALIER-DE-LA-BARRE 75018 PARIS
営業時間:
6:00~22:30
電話:
01 53 41 89 00

モンマルトルの丘を散策しよう

サクレクール寺院の裏手には映画「アメリ」の世界が広がっています。テアトル広場で似顔絵書きを眺めたり、少し足を伸ばしてブドウ畑を見に行ったり。迷路のような通りを歩いているだけで、自分だけの秘密の場所を探しているような気分が味わえるのです。

96番バスの旅はいかがでしたか?

知れば知るほど魅力的な街パリ。自分の足で、自分のテーマで歩くと更なる発見があるものです。個人旅行で宿を選べるならば、バスや電車の終着駅のエリアから選ぶのもオススメですよ。今回のように公共交通機関を上手く使えば、安上がりで楽に移動が出来、終着駅名が表示されているバス・電車に乗れば必ず宿に辿りつけるのですから。次、パリを訪れるならば、モンパルナスにステイして、96番バスで街歩きをお楽しみください。きっと新しいパリを発見できますよ。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • パリで憧れのブランドショッピング!フランス発のハイブラン...

    誰もが憧れる一流のハイブランド。ファッションの都・パリには数多くのフランス発祥ハイブランドの本店があります。そんなパリで憧れのブランドショッピングを楽しめる、厳選したハイブランド本店10店舗をご紹介いたします。

  • パリ近郊アウトレットモールで激安ブランドショッピング!日...

    ヨーロッパ旅行の代名詞「パリ」。パリ滞在の楽しみの一つと言えばシャンゼリゼ通りや老舗デパートでのお買い物。ファッションの都でショッピングだなんて想像しただけでも心弾みますよね。そこで、ヨーロピアンブランドをこよなく愛するアナタにおすすめしたいのがパリ郊外にあるアウトレット「ラ ヴァレ ヴィラージュ(La Vallée Village)」。パリからのアクセスも良く、ずらりと軒を連ねるブランドショップに目移りしてしまいますよ。

  • 子連れのパリ旅行でおすすめな穴場観光スポット3選!フラン...

    パリというと大人の街、子連れで観光するには不向きな街だと思っていませんか?実はパリには高級レストランや美術館だけでなく、それら定番観光スポット近くに子どもが遊べる公園がたくさんあります。観光の前後に公園で遊ばせれば子どもも大満足!大人もパリの雰囲気を感じつつゆったりとした時間を過ごせます。今回はパリの街を観光がてら気軽に寄れる公園を厳選して3つご紹介します!

  • プチプラでおいしい! パリの大都会で€10代で食べられるラン...

    プチプラとはプチプライスの略で、「お値打ち価格、安価なのに良い品」を意味して使われています。そんな「プチプラ」なランチを、なんと名店がひしめき合うオシャレな街パリで見つけました。次のパリ旅行のランチはここで決まり!

  • ファッションの都パリで買う!最旬フレンチブティックでお買い物

    おしゃれな街パリ☆見渡せばオシャレなお店がいっぱいです! パリで服を買うと高いのじゃないかと思われるかもしれませんが、それは高級ブランドだけです。カジュアル系のお店もお安いお店もたくさんあるので安心してお買い物へ♪ その中でも今最も旬なお店を紹介します☆

  • 本場パリで訪ねる!超絶可愛いマカロンのお店5選

    パリを代表するスイーツといったらマカロンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?見た目も味もあまーいマカロン。日本で人気ですが、パリに行った際は本場のマカロンを食べにいくのはいかかでしょうか。店内も商品もキュートお店ばかりですので可愛いもの好きな方は大満足間違いなしです♪見た目も可愛いけど、味も保証されている名店中の名店をご紹介!

このエリアの新着記事
  • パリの世界遺産「サントシャペル教会」行き方は?コンサート...

    ステンドグラスの美しさではパリ一番と言われている『サントシャペル教会(La Sainte-Chapelle)』。フランス、セーヌ河世界遺産の一つとしても有名ですね。そこで行われる夜のクラッシクコンサート。気楽にチケットが買えたりするんです。スケジュールの合間のリラックスタイムとしてチャレンジしてみませんか?

  • スイーツの本場パリ!名店の中から更に厳選したスイーツおす...

    パリに来たら思いつくことは、観光はもちろん、やっぱりお買い物にそして食!! 食と言っても別腹の代名詞、スイーツ♪ スイーツを見逃してしまったら後悔します。パリにはたくさんのスイーツショップがあるけど、どこが良いのか迷う〜と言う方に、是非今回オススメ8店をご紹介☆

  • パリジェンヌに大人気!本場パリのオシャレなおすすめカフェ4選

    花の都パリに行くならおしゃれなカフェは押さえておきたいですよね。パリで至福の一杯をいただいて優雅な時間を過ごす…憧れのひとときです。パリについてからカフェ探しに慌てないために、パリジェンヌにも大人気のおすすめカフェをご紹介します!!

  • パリでおすすめの人気急上昇中サロン・ド・テ4選!紅茶とスイ...

    パリに来たなら見た目も味も美味しいスイーツ巡りは外せませんよね。そんなスイーツのお供に美味しい紅茶をサロン・ド・テで楽しみませんか?パリで極上の紅茶とスイーツを楽しめるおすすめのお店をご紹介します。

  • ルーブル、オルセーの次に行きたいパリ人気美術館4選!アート...

    パリ市内には大小合わせて130以上もの美術館・博物館があります。初めてパリ旅行をするならば、三大美術館と言われているルーブル美術館、オルセー美術館、そしてポンピドゥーセンターが必見スポット。これらは一度の鑑賞だけでは見切れない、そして何度でも訪れたくなるほどのコレクションで溢れていることは言うまでもありません。とは言え、いろいろ観てみたいのがツーリスト。今回は、すでにパリの三大美術館は訪問済!というアナタにぴったりのテーマでオススメの美術館をご紹介します。

  • パリで楽しむ!激うまエスニック料理レストランおススメ5店

    パリに来たらやっぱりフレンチ? いえいえ、アラビアやアフリカからの移民が多いパリ、実はエスニック料理もとっても美味しいんです! 味にうるさいパリジャン&パリジェンヌの舌をうならせたとっておきの5店をご紹介致します。

  • パリで格安ディズニーを実現!ディズニーランドパリのパート...

    パークから近く、しかも格安で宿泊できるパートナーホテル。ディズニーホテルでなくとも快適なホテルステイを満喫できます♡なるべく費用を節約したい方におすすめ!今回はフランス・ディズニーランドパリのパートナーホテル一覧を紹介します。

  • 【パリ】チョコレートの祭典!サロン・ド・ショコラ(Le Salo...

    もうすぐバレンタインですね!義理チョコでも友チョコでも、貰ったら嬉しいのがチョコレート。世界で初めてチョコレートの大規模な展示会が開かれたパリ。今では日本の各地でも毎年サロン・ド・ショコラ(Le Salon du Chocolat)が開催されています。もう、あなたは行かれましたか?

  • フランス・パリ超定番観光スポット5選!パリ旅行初心者向け街...

    パリと言えばオシャレな建築物やパリブランドの買い物、美味しい食事と憧れの街の一つですよね。今回はそんなパリに行った時に、必ず行くべき鉄板の観光スポットをご紹介します。華やかな街の雰囲気を味わうにはもってこいのおすすめスポットです。

  • パリのおすすめ観光スポット5選!絶対外せない名所はここだ!

    おしゃれなブランドショップや美味しいレストランが立ち並ぶ街・パリ。世界のトレンドの発信地でもあるパリに憧れる人は多いのではないでしょうか。今回はそんな憧れの街パリの絶対に外せないおすすめ観光スポットを厳選してご紹介いたします。ビギナーの人は必見☆

このエリアの人気記事
新着記事