フランス産おすすめバター5選!フランス菓子・料理のコクの秘訣、ここにあり

9,711

views

0

言わずと知れた農業国フランス。チーズ、牛乳、ヨーグルト、そしてバターの種類と美味しさは他国を抜きんでています。フランスらしい専門店としてチーズ専門店や、乳製品専門店が商売として成り立っているあたりに農業、とりわけ乳業の底力、そして乳製品のニーズの高さを肌で感じるのです。フランス旅行中、一度は口にするはずのバターやチーズ。そして多くのツーリストがそのコクと舌触りに驚きを感じることでしょう。今回は、フランス乳製品でイチオシのバターを取り上げてみたいと思います。

フランス人にとっての乳製品、そしてバター

フランス人の生活で欠かせない食材の一つ、バター。フランス語では「beurre(ブール)」と呼ばれ、バゲットにそれだけを塗っても立派な「タルティーヌ」。何ともフランスらしい名称の付いた朝食のメインになります。

グルメなアナタがフランスの街中を歩いていると、目に飛び込んでくる「Fromagerie」や「Cremerie」の文字。前者がチーズ専門店、乳製品専門店です。このような専門業が成り立ち、客足が途絶えないという様子からも、フランスが自給率120%を超える農業大国であり、乳製品の生産が盛んであることがうかがえます。

フランス料理・菓子の最頻出材料!?

健康志向が重要視されるようになった昨今こそ、バターの使用量は控えめになっていますが、伝統的フランス料理では目をむくほどの量のバターが食材の一部となっています。特にフランス菓子のバターの割合と言ったら、総重量の1/3近くがバターで構成されているお菓子も多くあります。

元祖高級バターと言えばご存じエシレ

さて、健康志向が流行りの近頃とは正反対に位置するバターですが、美味しいバターはやっぱり美味しく、幸福感ならぬ口福感で満たされます。丸の内で人気の専門店「エシレ」。エシレのバターはそんなバターを一挙に高級感溢れる魅力の食材に押し上げた立役者と言えるのではないでしょうか。なめらかでクセのない豊かな風味は、バターだけでも十分に美味しいと感じることでしょう。

前出のショップではエシレバターがふんだんに使われたマドレーヌやフィナンシェが人気です。日本ではエシレバターそのものが高価なので、手作りのお菓子にはなかなか使えませんが、フランスでは数ユーロで買える「手の届く贅沢バター」。持ち帰ることは難しいので、キッチン付きのホテルに滞在して、一級品の材料を仕入れて腕をふるうなんていかがでしょうか。

食通の間ではもはやエシレを凌ぐ人気!?ボルディエ

フランスでは星付きレストランシェフに絶大なる人気を誇るボルディエのバター。日本でも食通やグルメな方々の間で話題となっている絶品手練りバターです。ボルディエのバターは種類が豊富で、有塩/無塩に加え、海藻入り、ハーブ入り、レモンのオリーブオイル入り、柚子入りに至るまでいろいろ。季節限定で木苺のバターなどという商品もあります。

商品のいびつなカタチから、成形までも手作業で大切に作られていることが分かるボルディエのバター。パリを初めとする街のスーパーでも見かけますが、本店はノルマンディーのモンサンミッシェルからもほど近い、海賊の街「サン・マロ」にあります。

LA FROMAGEE JEAN-YVES BORDIER
住所:
9 rue de l'Orme 35400 St Malo
営業時間:
8:00~19:00
電話:
02 99 40 88 79
定休日:
日曜日

フランス版雪印!?プレジダン

日本で時々見かけるようになったプレジダンのバター。フランスの庶民の味方的ブランドの商品です。私がフランス産バターに初めて出会った思い出の商品で、今でも時々買っては若かりし頃を思い出します。有塩バターも無塩バターも食べやすく、室温に戻ったバターを焼き立てのトーストに乗せて食べるだけでも十分に幸せを感じられますよ。

塩の塊がゴロっと入った風変りバター セル・ドゥ・メール

ちょっと変わり種もご紹介します。こちらのバターは有塩バターすぎる一品。中に結晶状の塩が入ったバターです。パンに塗るとその個体がお目見えし、口に入れると強い塩気を感じます。普段使いというよりは話のタネにいかがですか。

フランスのコシヒカリ!?ノルマンディのブランドバター イズニー社のバター

イズニー社のバターは、私がこれまでにいただいたバターの中でも最上位に挙がる美味バターです。パリからノルマンディのドーヴィルに行く途中のレストランでいただいたのが初めての出会い。

バターと旅行が直接結びついている私の記憶に、我ながら苦笑致しますが、こちらのドゥミセルのバターはコクと言い、塩気といい、なめらかさといい、筆舌に尽くしがたいバランスの良さで驚きました。エシレ、イズニーの両バターには、輝かしいAOCのロゴが入っています。これはフランスの原産地呼称委員会が品質の高さを保証出来る商品だけに与えた称号のようなものです。

フランスに行ったら是非ともお試しあれ!

せっかくフランスに行ったのに、乳製品売り場の広さに圧倒され、どれが良いのか分からないまま店を後にしてしまった経験のある筆者です。このようなことにならないよう、今回はバターに狙いを絞ってオススメ商品をピックアップしました。朝、フランス人に交じってパン屋で焼き立てのバゲットを買い、気になったバターを買って一緒に一口食べてみてください。バゲットの温かさでバターがトロリと溶け、中のクラムに染み割った美味しさは本場ならではの思い出の味となることでしょう。それではBon voyage!
※クレジット表記のない写真は筆者が撮影したものです

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • パリで憧れのブランドショッピング!フランス発のハイブラン...

    誰もが憧れる一流のハイブランド。ファッションの都・パリには数多くのフランス発祥ハイブランドの本店があります。そんなパリで憧れのブランドショッピングを楽しめる、厳選したハイブランド本店10店舗をご紹介いたします。

  • フランス産おすすめバター5選!フランス菓子・料理のコクの秘...

    言わずと知れた農業国フランス。チーズ、牛乳、ヨーグルト、そしてバターの種類と美味しさは他国を抜きんでています。フランスらしい専門店としてチーズ専門店や、乳製品専門店が商売として成り立っているあたりに農業、とりわけ乳業の底力、そして乳製品のニーズの高さを肌で感じるのです。フランス旅行中、一度は口にするはずのバターやチーズ。そして多くのツーリストがそのコクと舌触りに驚きを感じることでしょう。今回は、フランス乳製品でイチオシのバターを取り上げてみたいと思います。

  • フランス土産5選!本場で買ったら格段にお得なおすすめアイテム

    相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶ「お土産探し」は旅の楽しみの一つでもありますね。今回はフランスで買って帰りたいお土産をユニークなテーマでお届けしたいと思います。そのテーマとは「日本で買うと”さすがおフランス産!”と思わずにはいられないプライシング。なのに本場で買ったらお得感満載のアイテム」。ちょっと長めですが記事はすっきりズバリと切り込みたいと思います。

  • ファッションの都パリで買う!最旬フレンチブティックでお買い物

    おしゃれな街パリ☆見渡せばオシャレなお店がいっぱいです! パリで服を買うと高いのじゃないかと思われるかもしれませんが、それは高級ブランドだけです。カジュアル系のお店もお安いお店もたくさんあるので安心してお買い物へ♪ その中でも今最も旬なお店を紹介します☆

  • パリ近郊アウトレットモールで激安ブランドショッピング!日...

    ヨーロッパ旅行の代名詞「パリ」。パリ滞在の楽しみの一つと言えばシャンゼリゼ通りや老舗デパートでのお買い物。ファッションの都でショッピングだなんて想像しただけでも心弾みますよね。そこで、ヨーロピアンブランドをこよなく愛するアナタにおすすめしたいのがパリ郊外にあるアウトレット「ラ ヴァレ ヴィラージュ(La Vallée Village)」。パリからのアクセスも良く、ずらりと軒を連ねるブランドショップに目移りしてしまいますよ。

  • フランスのドラッグストアでお土産におすすめのフレンチコス...

    フランスの街を歩いていると至るところで目にする薬局。日本にもかつて出店されていたセフォラなどの高級コスメ店も見応えがありますが、街中の薬局こそ、フランス人が日々の生活で愛用している実力ビューティーアイテムが並んでいます。今回はフランス人が普段使いするアイテムの中から薬局で買えるオススメを厳選してご紹介します。

今週の人気記事