人気フルール・ド・セルの産地「レ島( Île de Ré)」で出会った最高のフレンチ食材

2,003

views

0

フランスにはヨーロッパ有数のリゾートアイランドがあります。その名も「レ島 (Île de Ré イル・ド・レ)」。初夏を迎える頃が最もにぎやかな時期の開始となります。通常の島の人口の10倍にも膨れ上がり、のどかな自然の光景はそのままである一方、道路は大混雑。そんな時期を迎える前、一足お先に「レ島」で最高の食材をハンティングしてみませんか?

大西洋に浮かぶ島「 Île de Ré (イル・ド・レ)」

レ島へ行くには、フランスのパリ・モンパルナス駅から高速鉄道TGVに乗って3時間で到着するラ・ロシェルからタクシーかレンタカー、自転車で向かいます。島へ行くには1988年に開通したレ島橋(Pont de l'île de Ré レ島橋)を渡らなければなりません。通行料は行きのみの支払いですが、通常の乗用車の場合は16ユーロ!約3kmの海の走行をしっかりと噛みしめましょう。

レ島橋(LE PONT DE L'ÎLE DE RÉ ポン・イル・ド・レ)
普通乗用車の通行料:
6/20~9/11 16ユーロ、9/12~6/19 8ユーロ(2016年6月現在)
※料金は変更する場合があるので、ご訪問前に公式HPで確認を!

レ島産の最高の食材を求めてマルシェへ!

いつまでも橋の通行料に驚いていても仕方ありません。気分を切り替えて、食材の宝庫であるPlace du Marché(マルシェ広場)の朝市に行ってみましょう。石門の上方に刻まれたMarcheの文字が目印です。

素晴らしいラインナップ。このマルシェに行けば、ランチやディナーの食材は全て揃います。どの店もディスプレイが可愛くて思わずカメラを構えてしまいます。

5月、6月が食べごろのベリー系

ベリー系のフルーツが見事に揃っています。今が旬のイチゴやラズベリー、ホワイトカラントにブラックベリー。これらでタルトを作ったらどんなに美味しいことでしょう。

立派なラズベリーは、フランスではフランボワーズと呼ばれます。フランスではイチゴと並んでこの季節に良く見かけるフルーツです。イチゴよりもシンプルな甘酸っぱさが特徴です。足が早いので砂糖を補ってジャムにしたり、ピュレにすると長く楽しめますね。

レ島のラズベリーは実が大きく、苺と並べても引けを取らない存在感です。苺の風味はまるで日本のあまおうのよう!いや、それ以上に完璧な甘酸っぱさのバランス。苺に目がない筆者は「海外の苺は大味のものが多い」と思ってきましたが、見事に固定概念を打ち破られました。

高品質の証!AOPマークが入ったレ島特産のアノ野菜とは

積み上げられたスカイブルーのおしゃれな小箱たち。高品質の証であるAOPのマークが誇らしげに刻まれています。更に大きく「ILE DE RE」と書かれていますから、中身は間違いなくレ島産!一体なんでしょうか。

答えはジャガイモ。5月と6月のみの限定生産で、150ヘクタールの畑から2000~2500トンものジャガイモを収穫します。AOPに認定されるには厳格な審査を経る必要があり、このジャガイモも難関を乗り越えて晴れてレ島特産スペシャルジャガイモに昇格したのでした。2か月のみの旬の味覚は、カタチこそ小柄ですが、とろけるような食感と甘味が最大の特徴です。

アルコール類もレ島産

太陽が燦々と降り注ぐレ島のワイン。島内でも良く見かけるぶどう畑から作られた希少なワインで乾杯しましょう。アニスなどのハーブから作られた薬酒パスティスまで並びます。なんて豊かなのでしょう。

食卓に華やかさを

ブーケまで色鮮やか、かつオシャレなアレンジ!食卓にお花を飾れば自分だけの星付きレストランの出来上がり!完璧です。

他にもチーズ、塩の花、キャラメル、魚介類などなどがズラリと勢ぞろい。常連のお客たちは籐のカゴバックを片手に、優雅に会話を楽しみながら食材を手にしていました。レ島にはキッチン付きの長期滞在用レジデンスや、キャンピングカーを駐車させて過ごすためのキャンプ場が豊富です。思い思いの好みでレ島産の食材を買い、ワインを傾けながらのお夕食もヨーロッパのバカンスの過ごし方なのです。

幻の塩を求めて

レ島の特産の一つに塩が挙げられます。生産者直売所が数か所あり、そのうちの一軒に立ち寄ってみました。朝市が開催されているLa Flotte地区からD735を西へ15kmほど走ると到着する小さな小さなお店なので見逃さないようにご注意ください。

食卓やキッチンに極上の塩を常備するのにぴったりなボトル入りの海の塩。

タイムやローズマリー、ウイキョウなどのハーブが入った塩。グリルした肉や魚にささっと隠し味として使うのに便利です。

ミネラルたっぷり、伝統的手法で生産された塩は味が深く、ハーブだけでなくスパイス入りの調味料はいくつあっても嬉しいアイテムですね。お土産にもぴったりです。

レ島の豊かな食材たちはいかがでしたか?

旅先では、その土地でしか食べられない食材に出会い、出来れば旬のものもいただいてみたい。そんなことを思いながら旅をすると、食材の背景にあるその土地の特徴や、生産者のこだわりに触れることが出来ます。レ島はただのリゾートアイランドなのではなく、それはそれは豊かな食の宝庫でもある事実をお伝えできれば、と思い記事にしました。さすが自給率120%以上を誇る国フランスです。それではBon voyage!
※クレジット表記のない写真は筆者が撮影したものです

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フランス産おすすめバター5選!フランス菓子・料理のコクの秘...

    言わずと知れた農業国フランス。チーズ、牛乳、ヨーグルト、そしてバターの種類と美味しさは他国を抜きんでています。フランスらしい専門店としてチーズ専門店や、乳製品専門店が商売として成り立っているあたりに農業、とりわけ乳業の底力、そして乳製品のニーズの高さを肌で感じるのです。フランス旅行中、一度は口にするはずのバターやチーズ。そして多くのツーリストがそのコクと舌触りに驚きを感じることでしょう。今回は、フランス乳製品でイチオシのバターを取り上げてみたいと思います。

  • フランス土産5選!本場で買ったら格段にお得なおすすめアイテム

    相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶ「お土産探し」は旅の楽しみの一つでもありますね。今回はフランスで買って帰りたいお土産をユニークなテーマでお届けしたいと思います。そのテーマとは「日本で買うと”さすがおフランス産!”と思わずにはいられないプライシング。なのに本場で買ったらお得感満載のアイテム」。ちょっと長めですが記事はすっきりズバリと切り込みたいと思います。

  • フランス在住者が教える!南仏ニースでのビーチの特徴とビー...

    ニース空港へ着いたら、大抵の方はタクシーやバスでニース市内へと向かわれるかと思います。その時に目に飛び込んでくるニースの海の青さには、誰もがきっと感動してしまうはずです。そんなニースのビーチを100%楽しむ、とっておきの情報をお伝えします。

  • フランス料理で絶対おさえておきたい定番料理10選!

    みなさんは本場のフランス料理と言ってもピンと来るものありますか? 見たことはあるけど、名前がわからないと言う食べ物もあると思います。なので、今回はフランスに来たら是非試してほしい定番料理を紹介します♪

  • パリジェンヌも憧れる!フランス高級シューズブランド5選

    パリと言えば世界のファッショントレンドを作り出す街として有名です。エッフェル塔や建造物はもちろん、道行く人々のファッション等、街全体がオシャレで、品のある雰囲気に包まれています。CHANELやHERMES、Dior等の高級ブランドの本店が軒を連ねていて、女子なら誰でも一度はパリに行ってお買い物をしてみたいと思うのではないでしょうか。今回はそんな女子のあこがれパリ発祥のシューズブランド5選をご紹介します。

  • フランス・コルマールの観光名所まとめ!美女と野獣の舞台と...

    戦火を逃れ今も昔のままの姿を残すフランス東部の町コルマール。アルザス地方特有のコロンバージュ様式の建物は、まるでおとぎの国へ来たのかと錯覚するほどの美しい町並み。美女と野獣の舞台に選ばれたのも納得。そんなディズニーの目に留まることとなったコルマールを紹介します。

このエリアの新着記事
  • ここだけは外せない!フランス・リヨンでまずは押さえておき...

    フランス南東部にあるリヨンはフランス第二の都市。中世の街並みが残る石畳の旧市街や郷土色豊かなブション(リヨンの郷土料理を楽しめるビストロ)も魅力です。美食の街とも呼ばれ、華やかパリとはまた違った魅力を持つ街です。そんなリヨンでまずは押さえておきたい観光スポットをご紹介します!

  • レストラン&カフェdeフランス語!注文時に役立つ無敵のフレ...

    フランスって英語が通じないんでしょう?とはよく聞く噂。本当かどうかを確かめる前にアナタもフランス語にチャレンジしてみませんか?相手も一生懸命に母国語を話そうとする旅行者に、優しく耳を傾けてくれはずですよ。今回は旅行中、もっともフランス語を話すチャンスとも言えるレストラン・カフェで使える数フレーズを、無敵フレーズと共にご紹介します。

  • フランスのお洒落なおすすめホテル15選!

    ヨーロッパ旅行でも人気なフランス!観光客の数は世界一だそう。美術館、世界遺産、大聖堂もそれぞれ有名な観光名所が多数あります。フランス料理やワインも最高ですね。そんな魅力溢れるフランスの数多くあるホテルの中でちょっと贅沢な高級ホテルを紹介します。

  • フランス・リヨンの人気観光スポットおすすめ7選!歴史地区で...

    フランス第二の都市であり世界遺産に登録された街リヨン。名前は聞いたことがあっても実は何があるかよく知らないという方も多いのでは?かつて絹産業で栄えたリヨンは美しい街並みや心地よい気候のおかげでフランスらしさを満喫できる場所。美食の街でもあり美味しいフランス料理に出会えます。では、さっそくリヨンの見どころをご紹介します。

  • フランス・ニースでおすすめの本場ニース料理レストラン3選!...

    150年前までイタリアの領土だったというフランス・ニース。地理的にもイタリアにほど近く、食文化もイタリアの影響を大きく受けているんだとか。そんな街中で美味しい「ニース料理」が食べられるレストラン3選を紹介します!

  • ヴェルサイユ街でショッピング!お土産も買えるエリア別おす...

    ヴェルサイユと聞くとすぐに思い浮かぶのが宮殿。ですが、その城下町であるヴェルサイユの街もまた華やかに栄えていたんです。王宮文化を思わせる優雅な街並みや、有名メゾンのショッピングを楽しめる街・ヴェルサイユの魅力をご紹介します。

  • フランス・コルマールの観光名所まとめ!美女と野獣の舞台と...

    戦火を逃れ今も昔のままの姿を残すフランス東部の町コルマール。アルザス地方特有のコロンバージュ様式の建物は、まるでおとぎの国へ来たのかと錯覚するほどの美しい町並み。美女と野獣の舞台に選ばれたのも納得。そんなディズニーの目に留まることとなったコルマールを紹介します。

  • フランス在住者が教える!南仏ニースでのビーチの特徴とビー...

    ニース空港へ着いたら、大抵の方はタクシーやバスでニース市内へと向かわれるかと思います。その時に目に飛び込んでくるニースの海の青さには、誰もがきっと感動してしまうはずです。そんなニースのビーチを100%楽しむ、とっておきの情報をお伝えします。

  • フランスの人気お土産ランキングTOP15!外さない人気のフラン...

    フランスのお土産はグルメやファッションと選ぶのにも迷ってしまいます。フランスらしいお洒落なアイテムに、贈られたお友達やご家族も気持ちもワクワクすることでしょう。大切なお友達や自分用にも買いたい、お洒落で持ち運びしやすいフランスのお土産をまとめました!

  • インド洋に浮かぶリゾート地!フランス領のレユニオン島の魅力

    インド洋に浮かぶフランスの海外県・レユニオン島は、サトウキビ・バニラ・コーヒーなどの生産と観光業で栄える小さな島です。フランス人や旅慣れた人だけが訪れていた穴場のリゾート地は、2010年に世界遺産に登録された島の尖峰群の他にも魅力がいっぱい!今回はそんなレユニオン島の見どころをご紹介します!

このエリアの人気記事