アンゴラ

Angola

【気候と地形の変化に富んだアフリカ南西部に元ポルトガル領の面影 アンゴラ】

日本との時差は8時間。直行便がないので、アフリカ近隣諸国、パリやロンドン、ドバイ、バンコクなどで乗り継ぎ、合計24~30時間のフライトで入国。400年以上ポルトガル植民地だった名残が数多くあるため、独自の文化との合成が浸透しており、更なる独創的な文化が生まれた国。首都ルアンダの個性的な街並みを眺めて歩き回るだけでも充分楽しめる。アンゴラ発祥の音楽も南米や欧米の様々なジャンルに影響を与えており、訪れればそのルーツを生で味わうことができる。沿岸部は、寒流のベンゲラ海流が流れているため、比較的温和な気候だが、熱帯雨林気候に属すエリアも。地形も変化があり、半砂漠地域もあれば、アフリカ有数の滝、カランドゥラ・フォールズも存在する。