モザンビーク

Mozambique

【インド洋に面した美しい海岸線が自慢のポルトガル文化の国 モザンビーク】

長く続く美しい海岸線だけでなく、ザンベジ川と高原にも恵まれたモザンビークは、日本との時差7時間。直行便はないので、アブダビ、ヨハネスブルグなどで乗り換え、合計約22時間の飛行。首都マプトはポルトガル統治自体の名残が色濃く見られる都市。アールヌーボー様式やコロニアル様式の建築物が街並みを彩る。インド洋沿いの海岸エリアでは様々なマリンスポーツを楽しむ観光客が後を絶たない。珍しいカラフルな熱帯魚に出会えるのも魅力の一つ。北東部のキリンバス国立海洋公園では、マングローブ、サンゴ礁などの生態が楽しめる。モザンビーク島はユネスコ世界遺産にも登録され、サンパウロ宮殿、ミゼリコルディア聖堂、サンセバスチャン要塞などがある。最新の外務省安全情報によると一部に危険度レベル1が発令されているので、渡航の際には充分注意すること。

新着記事