ボスニア・ヘルツェゴビナ

Bosnia-Herzegovina

【紛争の傷跡を残しながらも多民族が共存する国 ボスニア・ヘルツェゴビナ】

ユーゴスラビア崩壊後、ボスニア・ヘルツェゴビナとして建国し、多文化、多民族、多宗教が共存するこの地、日本からはヨーロッパでの乗り継ぎが必要で時差は-7時間。ディナールアルプスに囲まれた首都サラエボはバシチャルシヤと呼ばれるトルコ人街やモスク、教会が立ち並ぶ多様性ある土地柄。古都モスタルは世界遺産にも登録され、その街並みはまるで中世の世界にタイムスリップしたかのよう。ランドマークのスタリモスト橋は、ネレトヴァ川に架かっておりシーズンには多くの観光客が訪れる。

新着記事