映画「ジュリエットからの手紙」の舞台!ロマンチックな街ヴェローナ

3127

views

0

「ジュリエットからの手紙」という映画をご存知でしょうか?人気女優アマンダ・サイフリッドが主役を務め、日本では2011年に公開。実はイタリアのヴェローナが舞台となっているこの作品、実際のヴェローナの街には映画で使われたロケ地がたくさん。その美しい舞台ヴェローナについてまとめてみました。

①ヴェローナってどんなところ?

ヴェローナはイタリアの北東にあるヴェネト州の県。ヴェローナの街は2000年に「ヴェローナ市街地」としてユネスコ世界遺産に登録されました。
シェイクスピアの戯曲「ヴェローナのニ紳士」や「ロミオとジュリエット」の舞台としても有名なこの地は、重厚な中世の街並みが今でもそのまま残っており、古代ローマ時代の円形競技場「アレーナ」はヴェローナの街のシンボルになっています。

街を流れるアディジェ川沿いに立ち並ぶ歴史的な街並みが美しいですね。

②映画「ジュリエットからの手紙」について

イタリアのヴェローナに、シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台となったジュリエットの家があります。現在では人気の観光スポットとなっているジュリエットの家。世界各地からやってくる観光客たちが恋の悩みを綴った手紙をジュリエットの家の壁に貼って行くのです。
この映画のヒロイン、ソフィー(アマンダ・セイフライド)は婚約者との旅行でヴェローナを訪れ、ひょんなことから「ジュリエットの秘書」と呼ばれる手紙の返事を書く女性たちのお手伝いをすることに。そこでソフィーは50年前に書かれた、クレアというイギリス女性の手紙を見つけ彼女に返事を書くことに。
手紙を受け取ったクレアが孫のチャーリーと共にヴェローナを訪れ、ソフィーと3人で当時叶わなかった恋の相手ロレンツォの元へと向かう…という何ともロマンチックなストーリー。

婚約者と旅行に来たのに、当のフィアンセは旅先でも仕事に夢中。ロマンチックな旅を楽しみたかったソフィーは別行動を提案します。
ソフィーは一人で訪れたジュリエットの家で数え切れない手紙を目にし、「ジュリエットの秘書」たちのお手伝いをすることに…

とってもチャーミングな主演のアマンダ・セイフライド。2012年の大ヒット映画「レ・ミゼラブル」で演じたコゼット役も印象的でした。
なお原題の「Letters to Juliet」(ジュリエットへの手紙)に対し、日本語タイトルは「ジュリエットからの手紙」となっており、作中のどこに視点を当てているか英語と日本語との違いも興味深いですね。個人的には日本語のタイトルの方がストーリーにぴったりだと思います♪

③ジュリエッタの家 Casa di Giulietta

「ロミオとジュリエット」は悲しい結末を迎える悲劇ながら、二人のそのロマンチックなラブストーリーは今も人々の心を惹きつけて止まず、ジュリエッタの家は世界各国から訪れる観光客で賑わっています。
日本では「ロミオとジュリエット」として知られていますが、ジュリエット(Juliet)は英語で、イタリアではジュリエッタ(Giulietta)です。

こちらがかの有名なバルコニー。ただし、観光客からあまりに要望が多かったために後から設置されたものだそうです。

触れると幸せになると言われているジュリエッタの像。右胸に触れると幸せな結婚ができるそうですよ。
触る場所で意味が変わってきますが、いずれの場所も「右側」ということをお忘れなく!

壁一面を覆い尽くすほどの手紙!

Casa di Giulietta (カサ・ディ・ジュリエッタ)
住所:
Via Cappello 23, 37100 Verona
アクセス:
ポルタ ヌオヴァ(VERONA PORTA NUOVA)駅から2.5km、バス15分。エルベ広場から徒歩2分。
営業時間:
火曜~日曜8:30-18:30、月曜13:30-18:30
定休日:
1/1、12/25、その他の祝日
電話番号:
+39 045 8062611
料金:
6ユーロ

④アレーナ Arena

最後にヴェローナの街のシンボル、アレーナをご紹介します。「アレーナ」とはアリーナのイタリア語で、円形の競技場のこと。
「椿姫」や「アイーダ」など、現在でも人気のイタリアを代表するオペラ作曲家、ジュゼッペ・ヴェルディの生誕100周年を祝うための野外オペラ・フェスティバルが1913年に企画されたのがはじまりで、現在は世界最大の屋外オペラ会場として利用されています。
アレーナの施設観光はもちろん、シーズンであればオペラ観劇も外せません。ヴェルディの演目は人気なのでチケットの確保はお早めに。
歴史的建築でイタリアのオペラを楽しむなんて最高の夜になりそうですね♪

Arena di Verona (アレーナ・ディ・ヴェローナ)
住所:
Piazza Bra 28, 37121 Verona
アクセス:
ポルタ・ヌオーヴァ駅から徒歩10分
営業時間:
8:30分-19:30(月曜13:45分~) ※18:45までに入場
定休日:
なし(1/1、12/25休み)
電話番号:
+39 045 8005151
料金:
6ユーロ(施設入場料)

映画「ジュリエットからの手紙」の舞台、ヴェローナ、いかがでしたか?街並みもとってもロマンチックですよね。
映画でも美しい街並みは随所に登場しますので、ヴェローナを訪れる際はこの映画を観てから行ってみるとおもしろいかもしれません。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • イタリア個人旅行ナポリ中央駅徹底丸わかりガイド !知ってお...

    治安が悪いともっぱら噂のイタリア・ナポリ。多くの観光客が行き交うナポリ中央駅は特に注意が必要。はじめてナポリに降り立つ方や夜遅くに到着する方は特に心配ですよね。 そこで、あらかじめ何がどこにあるのか、どんなサービスがあるのかなどポイントを押さえておきましょう。ナポリ駅情報を事前にチェックし、安心してナポリ旅を楽しんでくださいね!

  • 映画「ジュリエットからの手紙」の舞台!ロマンチックな街ヴ...

    「ジュリエットからの手紙」という映画をご存知でしょうか?人気女優アマンダ・サイフリッドが主役を務め、日本では2011年に公開。実はイタリアのヴェローナが舞台となっているこの作品、実際のヴェローナの街には映画で使われたロケ地がたくさん。その美しい舞台ヴェローナについてまとめてみました。

  • イタリア・サルデーニャ旅行で必食!伝統3選 ≪ドルチェ編≫

    イタリア・サルデーニャ島では砂糖よりもはちみつをよく使います。砂糖の甘さではなく、自然のはちみつの甘さがやさしく伝わるサルデーニャ島のドルチェたち。たくさんある中でもとっておきの3つのドルチェをご紹介します。

  • イタリア・フィレンツェ近郊おすすめ観光スポット!ちょっと...

    忙しく街の観光スポット巡りやショッピングをするのも旅行の醍醐味ですが、フィレンツェからちょっと足を伸ばせばゆっくり時間が流れる素敵なスポットが点在します。街の喧騒を離れてゆっくりと心も身体もリフレッシュするショートトリップはいかかですか?

  • イタリア・ナポリ中央駅で行くべきおすすめカフェ、薬局、雑...

    治安が悪いと言われるナポリ。多くの観光客が行き交うナポリ中央駅は特に注意が必要。 はじめてのナポリや夜遅くの到着は心配ですよね。 でも、あらかじめ何がどこにあるのか、どんなサービスがあるのかなどポイントを押さえておけば安心! 当日になって探し回ったり、わからなくて焦ったりすることも避けられます。 ナポリ駅構内には、さくっとカフェを飲むバールから薬局やコスメショップまでありとっても充実しています。 徹底丸わかりガイド-サービス編-とあわせてご覧いただき、駅情報を事前にチェックし安心してナポリを楽し

  • 【南イタリア・カプリ島】魅惑の島リゾート特集~グルメ・絶...

    南イタリアにある小さな島、カプリ島をご存知ですか? 絵に描いたような可愛い街並みに綺麗な海。 青の洞窟、新鮮なシーフード、高級ヴィラやおしゃれな街でショッピングなど楽しみ方は様々。 島のあまりの美しさに心を奪われること間違いなしです!