イタリア・ヴェローナ発! 新感覚ピッツァを生み出す「ピッツェリア サポレ -Saporè-」特集

1,728

views

0

イタリアでピッツァといえばナポリが有名ですが、ナポリに負けない新感覚のおしゃれなピッツァで話題を集めるのがヴェローナのピッツェリア「サポレ」。シェフの生地へのこだわりやイチオシメニューなど、サポレの魅力をご紹介します!

サポレ(Saporè)

北イタリアのヴェローナ、サン マルティーノ ブォン アルベルゴ(San Martino Buon Albergo)という町にあるカフェ・ピッツェリア。

モダンでおしゃれな店内。

天気のいい日は、日差しが心地よいテラス席もオススメ。

オーナーシェフ レナートの生地へのこだわり

オーナーシェフのレナート。おしゃれで独特のピッツァが話題のこのお店、レナートシェフのこだわりも人気の理由のひとつです。

3つの“P”=ピッツァ、パスタ、情熱(Pizza、Pasta、Passione)をモットーに、生地からこだわったピッツァやパンを作っています。

数種の小麦粉をブレンドし、自家製酵母を加えて熟成させるオリジナルの生地。
ピッツァによって生地を使い分けています。

ドルチェやパンには、しっとりとキメ細かい生地を使用。

新感覚ピッツァ

生地からこだわった独特のピッツァ。オススメをご紹介します!

アリア ディ パーネ(Aria di Pane)

「パンの気分(Aria di Pane)」と名付けられたこちらのピッツァ。

その名のとおり、一見ピッツァには見えない厚さの生地が特徴。自慢のピザ生地をたっぷり味わえます。

思わず写真に撮りたくなってしまうおしゃれなピッツァです。

モッツァレラ ディ パーネ(Mozzarella di Pane)

蒸し焼きにしたパンに、たっぷりとモッツァレラが挟まっています。

白くて柔らかいパンに、ミルキーなモッツァレラとソースが溶けあって絶妙。

クランチ ディ ピッツァ(Crunch di pizza)

軽い食感の生地で具材を挟んで焼き上げた、フォカッチャ風ピッツァ。

中はモチっと、外はカリっと香ばしく焼き上げられています。

バーガー ピッツァ(Bagel pizza)

歯ごたえあるバーガー風の生地を使った、見た目もおしゃれなピッツァ。

季節の素材やオーソドックスなハムなど種類も豊富。

ピッツァ トンダ(La pizza tonda)

定番の丸いピッツァも、この店のレナートシェフが作るとこの厚み。

耳のボリュームが圧倒的!

パンやドルチェも美味しい

生地にこだわっているため、そのパン生地から作られるパンやドルチェも美味しいと評判。

かわいらしく美味しいパンは、モーニングにはもちろん観光の合間のカフェやドルチェで休憩する時にも◎

最後に

新感覚ピッツェリア「サポレ」はいかがでしたか?
ヴェローナに旅行の際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

サポレ(Saporè)
住所:
via Ponte 55a, 37036 サン・マルティーノ・ブオン・アルベルゴ
電話番号 :
045 878 1791
営業時間 :
8:00〜14:30/19:00〜24:00
laluce

イタリア在住。在住者ならではのディープな情報をお伝えします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 映画「ジュリエットからの手紙」の舞台!ロマンチックな街ヴ...

    「ジュリエットからの手紙」という映画をご存知でしょうか?人気女優アマンダ・サイフリッドが主役を務め、日本では2011年に公開。実はイタリアのヴェローナが舞台となっているこの作品、実際のヴェローナの街には映画で使われたロケ地がたくさん。その美しい舞台ヴェローナについてまとめてみました。

  • イタリア・ヴェローナで必ず行くべき人気観光スポットおすす...

    ロミオ&ジュリエットの舞台としても有名なイタリア・ヴェローナにはジュリエッタの家があり、多くの人が訪れています。しかし、ヴェローナの見どころはジュリエッタの家だけではありません!町全体にロマンチックな雰囲気が漂うヴェローナの見どころをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • イタリア・ヴェローナで必ず行くべき人気観光スポットおすす...

    ロミオ&ジュリエットの舞台としても有名なイタリア・ヴェローナにはジュリエッタの家があり、多くの人が訪れています。しかし、ヴェローナの見どころはジュリエッタの家だけではありません!町全体にロマンチックな雰囲気が漂うヴェローナの見どころをご紹介します。

  • 映画「ジュリエットからの手紙」の舞台!ロマンチックな街ヴ...

    「ジュリエットからの手紙」という映画をご存知でしょうか?人気女優アマンダ・サイフリッドが主役を務め、日本では2011年に公開。実はイタリアのヴェローナが舞台となっているこの作品、実際のヴェローナの街には映画で使われたロケ地がたくさん。その美しい舞台ヴェローナについてまとめてみました。

新着記事