名勝・御室桜は必見!京都の世界遺産、仁和寺へお花見に出かけよう

861

views

0

京都にある世界遺産のひとつ、また「御室桜」の名所として知られる寺院「仁和寺」。京都の春の最後に咲き誇る桜の美しさは圧倒的で、国の名勝にも指定されるほど。今回は、仁和寺境内にある数々のおすすめスポットとともに御室桜の魅力をたっぷりとご紹介します!

仁和寺の見どころをおさらいしよう

世界遺産「古都京都の文化財」のひとつ

「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されている、京都市右京区の寺院「仁和寺」。
このお寺は888年、宇多天皇により創建されました。宇多天皇が出家し法皇となって以降、仁和寺の住職は代々皇室出身者が務めたという皇室と縁の深い寺で、「御室御所」という別名も持っています。

庭園

仁和寺には見どころがたくさんありますが、中でもおすすめなのが庭園です。
特に宸殿北側にある北庭は必見。空に向かってそびえる五重塔、みやびな池泉、四季折々の表情を見せる木々のコントラストが見るものの目を奪います。

五重塔

重要文化財に指定されている五重塔は、1644年の創建。屋根の大きさが上から下へと末広がりになるのではなく、ほぼ均一になっているのが特徴です。

お守り

仁和寺は、可愛らしいお守りがたくさんあることで有名です!
桜や鈴、ふくろうに亀など、キュートなモチーフでつくられたお守りが販売されていますが、中でも人気があるのがこの「幸福守」。
なんと、本物の四つ葉のクローバーを使用しているんです。
人気少女漫画にも登場したことから、お土産に買い求めていく参拝客が後を絶たないのだそうですよ。

仁和寺は「御室桜」の名所

仁和寺は、京都でも指折りの桜の名所です。
境内に咲き乱れる数多くの桜の中でも、特に知名度が高いのが「御室桜」。
御室桜は遅咲きで知られており、京都の春を締めくくるかのごとく咲き誇る姿は圧巻!
1924年には国の名勝にも指定されたほどなんですよ。

御室桜のもうひとつの特徴は、この背の低さ。
手を伸ばせば届く距離で花開く桜の美しさは見事の一言です。

そのため、少し高い場所に上るだけで…ご覧ください、この圧倒的な光景!
まるで雲を見下ろすかのごとく桜が広がり、その景観は現実とは思えないほど。

桜並木には、このような散策路が設けられています。
まるで桜のトンネルですね!桃色に染まった道を、ゆっくりお散歩してください。

最盛期はもちろんですが、少し葉が出始めた頃もまた違った美しさがあります。
緑の芝生が散った花びらで埋め尽くされて、まるで絨毯を敷き詰めたよう。
限りある花の季節を、最後の最後まで堪能できますよ。

御室桜から五重塔を見上げればこの景色。
海に浮かんでいるようにも、雲の隙間から塔が顔を出しているようにも見えますね。
この季節だけの、特別な眺めです。

仁和寺
住所:
京都府京都市右京区御室大内33
電話番号:
075-461-1155
アクセス:
京福電車「御室仁和寺」または市バス「御室仁和寺」下車すぐ
拝観時間:
3~11月 9:00~17:00 12~2月 9:00~16:30
拝観料:
各施設により異なる

京都の桜を語るうえで、仁和寺の御室桜は絶対に外せません。
この美しさと迫力を、ぜひ実際に体験してみてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 名勝・御室桜は必見!京都の世界遺産、仁和寺へお花見に出か...

    京都にある世界遺産のひとつ、また「御室桜」の名所として知られる寺院「仁和寺」。京都の春の最後に咲き誇る桜の美しさは圧倒的で、国の名勝にも指定されるほど。今回は、仁和寺境内にある数々のおすすめスポットとともに御室桜の魅力をたっぷりとご紹介します!

このエリアの新着記事
  • 京都観光・金閣寺のあとに立ち寄りたい世界遺産の有名寺院3選...

    京都市北部に位置する金閣寺周辺、金閣寺から仁和寺に抜ける全長約2.5kmの「きぬかけの道」。京都でも有数の社寺仏閣がコンパクトに集まった人気の観光エリア。なんといっても、世界遺産の3つの寺院を一度に見て回れるお得感がたまらない!道沿いにはランチや休憩にぴったりのおしゃれなカフェやレストランもあるので、一日かけてゆっくりと散策を楽しんでみては?

この記事のキーワード