アフリカ・リビアで人気の観光名所おすすめ4選!地中海に古代遺跡も!

4,724

views

0

現在は治安の悪化により渡航禁止とされているリビア(Libya)ですが、こんなにも美しく文化的にも豊かな国だということをお伝えしようと思います。今回はアフリカのリビアのおすすめ観光名所をまとめてみました。

リビア(Libya)

北アフリカに位置するリビア(Libya)。エジプトとチュニジアの間にある社会主義国です。名前は知っているけど、どんな国かはご存じない方が多いのではないでしょうか。リビアには世界遺産は5つもあり観光名所がたくさん。今回はリビアのおすすめ観光名所をご紹介します。

レプティス・マグナ(Archaeological Site of Leptis Magna)

リビアの定番の観光名所と言えばこちら、レプティス・マグナ(Archaeological Site of Leptis Magna)。長い間砂漠の中に埋まっていたというレプティス・マグナ。北アフリカの中でも最大級クラスの遺跡なんです。

レプティス・マグナの向こう側には地中海が。非常に美しい景観が魅力のスポットでもあります。レプティス・マグナは全体のおよそ3割しか姿を現していないとも言われています。まだ調査が行われているので、これから新たな発見もあるかもしれません。

レプティス・マグナ(Archaeological Site of Leptis Magna)
住所:
首都トリポリの東方
営業時間:
00:00~23:59
電話番号:
+218 94-5233871
アクセス:
ファイブ・プライマリー・ヘルスケア(Five primary health care office)より車で約5分

タドラルト・アカクス(Rock-Art Sites of Tadrart Acacus)

先史時代の岩絵が見られるタドラルト・アカクス(Rock-Art Sites of Tadrart Acacus)。ゾウやキリン、馬に乗った人が岩絵に描かれており、この岩絵はサハラ砂漠がかつて緑の大地だったという証拠とされています。

これだけの長い時間がたっても、これだけ奇麗に岩絵が現存されていることに感動しますね。古代の歴史を肌で感じられる、リビアの観光名所です。1985年に世界文化遺産に登録されました。

タドラルト・アカクス(Rock-Art Sites of Tadrart Acacus)
住所:
リビア西部
営業時間:
00:00~23:59
アクセス:
リビア西部

サブラータの古代遺跡(Archaeological Site of Sabratha)

サブラータの古代遺跡はいくつかありますが、中でもこのローマ劇場の遺跡はかなり奇麗に残っています。かつてサブラータは貿易の拠点として栄えていた都市です。
3世紀初めに建てられたこの円形劇場ではいまだにコンサートなどで利用されることもあります。

現役であるこちらの円形劇場、1982年に世界文化遺産に登録されました。3層の楽屋までそのまま奇麗に残されているのだから驚きです。現役で使われているだけありますね。こちらの遺跡も北アフリカ最大級の規模を誇ります。

サブラータの古代遺跡(Archaeological Site of Sabratha)
住所:
Sabratha, Libya
営業時間:
00:00~23:59
アクセス:
リビア北西端ザウィア市

ガダーミスの旧市街(Old Town of Ghadames)

「砂漠の真珠」とも称されるガダーミスの旧市街。白い壁の街並みが美しいですね。リビアのオアシス都市として人気があります。白い壁の建物はすべてイスラム式の住居。通年を通して人が集まる有名な観光名所として知られています。

アラベスクの装飾や、北アフリカの伝統的な美術も見受けられます。7kmにもおよぶ城壁。建物の中も美しく、独特の生活文化や伝統があったことがわかり、歴史の深さを感じることができます。

ガダーミスの旧市街(Old Town of Ghadames)
住所:
首都トリポリ南西
営業時間:
00:00~23:50
アクセス:
トリポリ(Tripoli)東方

リビアの文化遺産を楽しもう

いかがでしたか?今回はリビアのおすすめ観光名所をご紹介しました。治安の悪化により、現在は渡航が禁止とされているリビア。リビアの平和が復活することを祈りましょう。
旅行会社などのツアーを利用して、安全な旅行を第一に考えることを強くおすすめします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
新着記事