福島県南会津で江戸時代にタイムスリップ!大内宿で歴史と文化を感じる東北の旅

907

views

0

福島県南会津にある大内宿。道の両側に茅葺屋根の民家が並ぶ宿場町は江戸時代の街道の風情を今も残し、昭和56年には国の「重要伝統的建造物群保存地区」と認定されました。その風情ある街並みを一目見ようと年間100万人以上の観光客が訪れます。この記事では大内宿観光の見どころを徹底ガイドいたします。

宿場町を歩いて江戸の風情を感じよう

まずは風情ある町並みを歩いてみましょう。会津と日光を繋ぐ会津西街道の両側に茅葺屋根の民家が並ぶ大内宿。江戸時代には参勤交代の大名や旅人たちの宿場町として栄えていたそうです。

当時の状態をここまで残す建造物は全国でも珍しく、その理由は山間部である会津西街道が明治以降、主要道路から外れたことなどの歴史的背景にあるようです。

「町並み展示館」で江戸時代の生活を知る

大内宿の中心である本陣跡地中央には「大内宿町並み展示館」があり、江戸時代に使われていた生活用具や南会津の風習を知る貴重な写真などが展示されています。

大内宿町並み展示館
住所:
福島県南会津郡下郷町大字大内字山本8番地
営業時間:
09:00~16:30
電話番号:
0241‐68‐2657
休館日:
12月29日~翌年1月3日まで
入館料:
大人250円、小中学生150円
アクセス:
会津鉄道「湯野上温泉駅」から車で15分

大内宿を見守る「高倉神社」

街道沿いにそびえる大鳥居。この鳥居は集落から少し離れた「高倉神社」まで続く鳥居です。高倉神社には、後白河天皇の第三皇子である以仁王が大内宿の鎮守として祀られています。

苔の生えた階段を上ると目の前にはうっそうとした木々に囲まれた本殿があります。その裏には樹齢800年、樹高56mの「高倉の大スギ」が立っており、大内宿の長い歴史を物語っています。

高倉神社
住所:
福島県南会津郡下郷町大字大内山本
アクセス:
会津鉄道「湯野上温泉駅」から車で15分

ネギでそばを食べる?大内宿名物「高遠そば」

出典: www.jalan.net

大内宿を訪れたら必ず食べて欲しいグルメが「高遠そば」と呼ばれるねぎそばです。ビジュアルはご覧の通り、おそばにネギがそのまま一本のっています。

出典: www.jalan.net

実はこのねぎ、お蕎麦を食べる箸の役割をしているのです。ねぎでそばを掬い口に運ぶとそばの香りとねぎの風味が広がります。ねぎを少しずつかじりながら食べ進めるのがポイントですが、難しければ遠慮せずにお箸でいただきましょう。

町に数軒ある茶屋では、この他にも米を丸めて串に刺し、特産物のエゴマを混ぜたじゅうねん味噌を塗って焼いた「しんごろう」や、地元で獲れた岩魚など南会津の郷土料理を堪能することができます。

大内宿
住所:
福島県南会津郡下郷町大字大内
アクセス:
会津鉄道「湯野上温泉駅」から車で15分

南会津一番の景勝地「塔のへつり」

出典: www.jalan.net

大内宿から車で10分ほどのところにある「塔のへつり」。こちらも見逃せない観光スポットです。へつりとは地元の言葉で「断崖」のこと。100万年以上の歳月をかけて浸食と風化を繰り返したといわれるこちらの渓谷。その形がまるでいくつもの塔がそびえたっているようだとこの名がつきました。

川にはつり橋が架けられ、断崖のそばまで行くことが可能。ぎしぎし揺れるつり橋はなかなかスリリングですが、その先の絶景には感動を覚えるはずです。

塔のへつり
住所:
福島県南会津郡下郷町弥五島字下タ林
アクセス:
会津鉄道「塔のへつり駅」から徒歩で5分

福島県南会津の大内宿をご紹介しました。江戸時代の風情を残す大内宿はノスタルジーな魅力溢れる観光スポットです。自然が生み出す芸術に触れられる塔のへつりも見逃せないポイント。皆さんも福島県南会津で東北の歴史と文化を感じる旅をしてみてはいかがでしょうか?

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 尾瀬・湯ノ花温泉の共同浴場を紹介!源泉掛け流しの温泉を楽...

    温泉は、日本人なら誰もが大好きですよね。冬に温泉に浸かりたくなるのはもちろんのこと、他の季節でもとても気持ちの良いものです。ここでご紹介するのは、尾瀬・湯ノ花温泉にある共同浴場。最高の温泉をリーズナブルに楽しむことができるので、ぜひ足を運んでくださいね!

  • 福島県南会津で江戸時代にタイムスリップ!大内宿で歴史と文...

    福島県南会津にある大内宿。道の両側に茅葺屋根の民家が並ぶ宿場町は江戸時代の街道の風情を今も残し、昭和56年には国の「重要伝統的建造物群保存地区」と認定されました。その風情ある街並みを一目見ようと年間100万人以上の観光客が訪れます。この記事では大内宿観光の見どころを徹底ガイドいたします。

このエリアの新着記事
  • 尾瀬・湯ノ花温泉の共同浴場を紹介!源泉掛け流しの温泉を楽...

    温泉は、日本人なら誰もが大好きですよね。冬に温泉に浸かりたくなるのはもちろんのこと、他の季節でもとても気持ちの良いものです。ここでご紹介するのは、尾瀬・湯ノ花温泉にある共同浴場。最高の温泉をリーズナブルに楽しむことができるので、ぜひ足を運んでくださいね!

  • 福島で温泉に入ろう!湯の花温泉・木賊温泉で泊まりたいおす...

    福島といえば、赤瓦の天守閣として知られる鶴ヶ城や美しく輝く五色沼などが有名です。そんな福島に観光へ訪れるなら、ぜひ湯の花温泉や木賊温泉に訪れてください。ここでは、特におすすめの宿を3つご紹介します。心温まる素敵な時間を過ごすことができますよ。

この記事のキーワード
新着記事