ニウエってどんなところ?おすすめの観光名所をご紹介!

281

views

0

ニウエという国を聞いたことがあるでしょうか?じつは、国として認められてまだそれほど長くない国なのです。ということは、まだまだ観光客が少ない秘境の地。人気が出る前にニウエに行って、他の人に自慢してみませんか?

ニウエとは?

ニュージーランドの北東、フィジーやトンガのさらに東にぽつんと浮かぶ珊瑚礁の島。ここがニウエです。日本がニウエを国として認めたのは、ほんの少し前の2015年のこと。きれいな海が魅力ですが、まだまだ知る人が少ない場所。そんなニウエに実は日本料理を出すお店がすでにあるのです。時間をかけて行って、食べ物が合わない…そんなことがもしあっても安心!

ニウエ(Niue)
住所:
Niue
アクセス:
成田からニュージーランド・オークランドまで10時間50分、そこからニウエまで3時間25分

アバイキ洞窟(Avaiki Cave)

アロフィから北へ7キロほど進むと見えてくるのがアバイキ洞窟。入り口が海に向かって大きく広がっています。鍾乳洞の内部には澄んだ湧き水が溜まり、まるでプールのようになっていて泳ぐ人もいるそう!

洞窟の目の前は、珊瑚が広がる海!湧き水とつながっているので、コーラル・フィッシュを見ることも出来ます。美しい水の中にいるかわいらしい魚たちの姿、ぜひ探してみてくださいね。

アバイキ洞窟(Avaiki Cave)
住所:
Tahileleki,Niue
アクセス:
ニウエ国際空港から車で約12分

パラハ洞窟(Palaha Cave)

アバイキ洞窟から離れること、200メートルほど。潮が引いていれば岩場を抜けて洞窟同士を歩いて行くことも可能な場所にあるのがパラハ洞窟です。

アバイキ洞窟と違ってこちらは鍾乳石がメインの見どころとなる場所。上からは長い鍾乳石が垂れ下がり、下からは石筍が伸びて不思議な光景を作り出しています。

石灰石の色が変わり、他とは違う見た目のものも。一言で鍾乳石といっても色々なものがあるのですね。

パラハ洞窟(Palaha Cave)
住所:
Tuapa, Niue
アクセス:
ニウエ国際空港から車で約12分

ヒオ・ビーチ(Hio Beach)

市街地から10キロほど進むとあるのがヒオ・ビーチ。一見ビーチがあるようには見えない崖のようになっているその先に、きれいな白い砂浜が広がっています。

潮が引くとおよそ100メートルも砂州を歩いて行けるようになります。シュノーケリングができる場所として知られているので、マリンスポーツが好きな方にはぜひ行ってもらいたいところの1つ。色とりどりの魚たちを間近で見られますよ!

ヒオ・ビーチ(Hio Beach)
住所:
Tahileleki,niue
アクセス:
ニウエ国際空港から車で約12分

トゴ・キャズム(Togo Chasm)

森の中を進んでいくと、ごつごつとした岩場が見えてきます。その先にはきれいなオアシスがあるそう。荒い波がうそのような静かな景色を見ることができます。

進むにはかなり急な斜面をはしごを使っていかなければならない場所も。歩きやすい服装で挑戦してみてください。

浸食されて複雑な形をした岩がたくさん…。普段の生活をしていたら、まず見られないものですね。

トゴ・キャズム(Togo Chasm)
住所:
Hakupu, Niue
アクセス:
ニウエ国際空港から車で約14分

タラバ・アーチ(Talava Arches)

最後にご紹介する場所は、ニウエに住む人たちにも大人気の場所!ピクニックには最適な場所なのだそう。橋に見えるのは、もともと洞窟だった場所。波に浸食されて、まるで橋のような形にえぐられてしまいました。

さらにその後ろにも天然の橋のようになっている場所が。鍾乳洞の一部なのですが、こちらも同じように長い年月をかけて形を変えていくのかもしれませんね。

タラバ・アーチ(Talava Arches)
住所:
Hikutavake, Niue
アクセス:
ニウエ国際空港から車で約16分

あまり知られていないニウエの観光スポットを紹介してきましたが、いかがでしたか。島国ということもあり、これからは積極的に観光に力を入れていく様子のこの国。自然や海が好きな人なら、行くとそのすばらしさがわかるはずです。機会があればぜひ行ってみてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事

今週の人気記事