【佐賀】武雄のおすすめカフェ&レストラン4選

1,723

views

0

佐賀県西部にある武雄市。温泉や焼き物が有名ですが、実はグルメも豊富だって知っていましたか?なかでも今回は、おすすめのカフェ&レストランをご紹介します。有名な人気店はもちろん、地元民御用達の穴場まであるので、ぜひ最後までチェックしてくださいね♪

創作家庭料理 月の音

武雄温泉街でひっそりと営業する「創作家庭料理 月の音」。地域住民を中心に人気のお店で、新しいのにどこかほっこりする味わいの創作家庭料理がいただけます。

おすすめは「日替わりランチ」で、肉か魚(貝)から選べるようになっています。
ほかにも「じゃが芋のハンバーグランチ」や「日替わりミニコース」などもあり、いずれもリーズナブルなのがポイントです。

創作家庭料理 月の音
住所:
佐賀県武雄市武雄町昭和11-1
営業時間:
11:30~15:00
アクセス:
武雄温泉駅から徒歩約6分
定休日:
日曜
電話番号:
0954-23-5398
料金:
通常平均~999円

ガーデンレストラン Toukaen

武雄センチュリーホテルの中にある「ガーデンレストラン Toukaen」。
ホテルならではの落ち着いた雰囲気が魅力で、美しい日本庭園を眺めながら食事ができます。

ランチではコースからセットまで選べ、写真は「選べる洋食セット」です。メインにサラダやデザートなどが付いていてお得なので、おすすめ。
ほかにも「選べる和食セット」や「中華 選べるランチ」などもあります。

もう一つおすすめなのが「パルファムカリー」で、武雄猪肉ブランドである「パルファム」を使用して作られています。
やわらかくジューシーなお肉がたっぷり入っていて、ボリューム満点なんですよ!

ガーデンレストラン Toukaen
住所:
〒843?0022 佐賀県武雄市武雄町武雄4075-13
アクセス:
武雄温泉駅から車で5分
営業時間:
ランチタイム11:30 ~ 14:30、ディナータイム18:00 ~ 21:30
定休日:
無休
電話番号:
0954-22-2200
料金:
選べる洋食セット1,722円~、パルファムカリー1,079円

喫茶古都(京都屋)

大正ロマン漂う趣が人気の老舗旅館「京都屋」。その館内あるのが「喫茶古都」です。
店内には数々のアンティーク品が飾られており、どれも貴重なものばかり。
まるでタイムスリップしたような気分が味わえます。

おすすめはコーヒーで、冷水で8時間かけて抽出する水出しコーヒーなんだとか。
一緒に味わえるモーニングセットもあるので、いかがですか?
ほかにも喫茶古都オリジナルの「温泉ヨーグルト」も人気です。

喫茶古都
住所:
佐賀県武雄市武雄町大字武雄7266-7 京都屋内
アクセス:
武雄温泉駅から徒歩約9分
電話番号:
0954-23-2171
料金:
通常平均~999円

YUKI HAYAMA GALLERY&CAFE 516

有田町出身の陶芸家・葉山有樹さんの作品を展示するミュージアム「YUKI HAYAMA STUDIO」。
そこに併設されるカフェが「YUKI HAYAMA GALLERY&CAFE 516」です。店内は開放的な空間になっており、天気が良ければ美しい山々が見られます。

おすすめは「スープランチ」で、パンをくり抜いて作ったスープパンにドリンク・サラダ・フルーツがついたもの。中身のスープはクラムチャウダーとミネストローネが日替わりなので、どちらになるかはお楽しみに♪

YUKI HAYAMA GALLERY&CAFE 516
住所:
佐賀県武雄市山内町大字宮野字小路1467
営業時間:
11:00~17:00
アクセス:
JR武雄温泉駅より車で20分
定休日:
月曜日
電話番号:
0954-45-2245
料金:
スープパン+ドリンク850円

まとめ

武雄でおすすめのカフェ&レストランをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
観光を楽しむのはもちろんですが、せっかくなら美味しいグルメも味わってみてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 【佐賀】武雄温泉駅周辺のおすすめ観光スポット6選

    自然豊かな温泉地、武雄温泉。その玄関口ともなる駅の周辺には、多くの観光スポットが点在しています。なかでも今回は、特におすすめのスポットを6か所に厳選してみました。最後までチェックして、ぜひ次回の旅行の参考にしてくださいね。

このエリアの新着記事
  • 【佐賀】武雄温泉駅周辺のおすすめ観光スポット6選

    自然豊かな温泉地、武雄温泉。その玄関口ともなる駅の周辺には、多くの観光スポットが点在しています。なかでも今回は、特におすすめのスポットを6か所に厳選してみました。最後までチェックして、ぜひ次回の旅行の参考にしてくださいね。

この記事のキーワード