【山口】秋芳洞を探索!おすすめ観光スポット8選

1,040

views

0

山口県美作市にある秋吉台。その地下には鍾乳洞・秋芳洞が広がっています。特別天然記念物に指定されている秋芳洞は、その一部が観光向けに公開されています。日本最大規模といわれる秋芳洞の見どころを紹介します。

秋吉台

秋芳洞があるのは、山口県美作市に広がるカルスト台地「秋吉台」の地下100mから200mの間。秋吉台には400もの鍾乳洞があり、その中でも最も大きいものが秋芳洞なんですよ。

秋芳洞

日本最大級の鍾乳洞で、特別天然記念物に指定されています。1926年には当時皇太子だった昭和天皇も行啓されているんですよ。そのときにはまだ秋芳洞という名称はなく、滝穴と呼ばれていたのだとか。この行啓を機に、秋芳洞という名前が付けられました。

秋芳洞は、現在でも内部の調査が行われています。総延長は判明しているだけでも10km超におよび、そのうち1kmほどが観光用に整備されています。新しい洞穴が発見されることもあり、未知の可能性が秘められている鍾乳洞なんですよ。

出典: www.jalan.net

秋芳洞内部は1年を通じて気温が一定しており、その温度は約17度。夏には涼しさを感じられ冬には温かいと、1年を通じて快適な観光が楽しめます。それでは幻想的な秋芳洞の見どころを紹介していきましょう。

青天井

内部に入って最初の見どころスポットが青天井と呼ばれるエリア。天井までの高さが約25mもある巨大な空間で、入口から差し込む光が川に反射し、天井を青く染めています。そのため青天井と呼ばれているんですよ。

青天井から背後を振り返ると、現実の世界と幻想の世界を隔てているかのような風景に出会えます。もしかすると、冥府から帰還する途中のオルフェウスが見ていたのも、こんな光景かもしれませんね。

百枚皿

リムストーンが棚田のように段になって連なっている場所で、百枚皿と呼ばれていますが、実際に皿にあたるリムストーンは500枚を超えているのだとか。大きなものでは直径が4mもあるんですよ。

傘づくし

百枚皿を超えてしばらく行くと、見えてくるのが傘づくしです。細長い鍾乳石がいくつも垂れ下がっており、その見た目がたたんで天井からつり下げられた傘のように見えることから、傘づくしと呼ばれています。

黄金柱

秋芳洞の最大の見どころともいえるスポットで、秋芳洞のシンボル的存在なのが黄金柱。高さ15m、幅4mの巨大なフローストーンの柱です。その存在感には圧倒されますよ。

3億年のタイムトンネル

3億年のタイムトンネルは、地球の誕生から現在までの秋吉台・秋芳洞の時の流れを体感できるスポットです。187mのトンネルの両サイドに56枚のイラストが飾られ、音楽と光によって演出されています。

秋芳洞
住所:
山口県美祢市秋芳町秋吉秋吉台
電話番号:
0837-62-0115(秋吉台観光交流センター総合案内所)
アクセス:
於福駅からタクシーで約19分
入洞時間:
8:30~17:30 (3月~11月)
     8:
30~16:30(12月~2月)
入洞料:
大人1200円

秋芳洞の見どころを紹介しました。大自然の迫力に圧倒される秋芳洞。山口県を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード