コソボ共和国基本情報 【気候・服装編】

4,485

views

0

コソボ共和国はバルカン半島の内陸にある国です。髙い山々に囲まれた盆地に首都があり、風光明媚な国として知られています。本記事ではそんなコソボ共和国の気候や訪れる際の服装について紹介しましょう。

コソボ共和国とは

コソボ共和国はバルカン半島の中央にある国です。2008年に独立を宣言しましたが、まだ多くの国から承認を受けていません。コソボ紛争により大きな被害を受けましたが、徐々に復興が進んでいます。首都はプリシュティナです。

コソボ共和国はアルバニア、モンテネグロ、セルビア、マケドニアと国境を接する内陸国。四方を高い山々に囲まれ、その中に肥沃な平野と盆地があります。このような気候を利用して、小麦、トウモロコシ、ブドウ、タバコなどが栽培されています。

コソボにはセルビア正教の教会などが含まれた「コソボ中世建造物群」と呼ばれる世界遺産があります。情勢が不安定なことから危機遺産リストにも登録されています。

コソボ共和国の気候と服装

暑く乾いた夏と比較的穏やかで雨の多い冬が特徴的な南部。一方、地中海やアルプスの影響を受け、気温30度以上の暑い夏と気温-10度以下の寒い冬が特徴的な北部。このように南部と北部で気候が異なります。

首都プリシュティナは大陸性の気候に属しているため、夏は暑く冬は寒くなります。夏の平均最高気温は28度、冬の平均最低気温は-5度ほどです。

コソボ共和国の夏と服装

日中は日差しが強く気温が高くなるため、日本の夏と同じような服装で大丈夫です。帽子やサングラスなど紫外線対策もしっかりと行ってください。朝夕は肌寒く感じることがあります。薄手の上着やカーディガンなどがあるといいでしょう。

コソボ共和国の冬と服装

冬は日によっては-10度まで下がることがあるため、しっかり防寒具を準備する必要があります。長めのコートやダウンジャケット、厚手の手袋や帽子は必携。またブーツや厚手の靴下などがあると尚良いでしょう。

コソボ共和国の春と秋、服装

春と秋は東京の気温で過ごすような服装で大丈夫ですが、朝夕は気温が下がるのでジャケットがあると安心です。東京よりも降水量は少ないのですが、念のため傘やレインコートなどの雨具があると安心です。

コソボ共和国のベストシーズン

ベストシーズンは気候が安定している4~10月です。特に雨が少なく晴れの日が多い6~9月がおすすめ。この季節はヨーロッパ各地から観光客が訪れます。

最後に

コソボ共和国は小さい国です。そのため、バルカン半島の他の国々と併せる形で訪れることが多いことでしょう。アルバニアは夏の気温が30度以上になることも多く、冬は-10度まで下がることがあります。冬には積雪もあります。訪れる地域によって、適切な服装を準備してください。

MINK

いろいろな土地の魅力をお伝えできたらと思います。よろしくお願いします!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 長い歴史を有する国コソボの世界遺産「コソボの中世建造物群」

    旧ユーゴスラビアの国コソボ。東ヨーロッパに位置するこの国は、2008年に独立を宣言したとても若い国です。しかし古くは6世紀以前から人が定住していたという古い歴史をもっています。今回はそんなコソボの世界遺産「コソボの中世建造物群」を構成する4つの教会をご紹介します。

このエリアの新着記事
  • 長い歴史を有する国コソボの世界遺産「コソボの中世建造物群」

    旧ユーゴスラビアの国コソボ。東ヨーロッパに位置するこの国は、2008年に独立を宣言したとても若い国です。しかし古くは6世紀以前から人が定住していたという古い歴史をもっています。今回はそんなコソボの世界遺産「コソボの中世建造物群」を構成する4つの教会をご紹介します。

この記事のキーワード
新着記事