月岡温泉で大人気のおすすめお土産15選!美肌効果で美人になろう!

37,916

views

0

月岡温泉は、日本でも有数の人気を誇る新潟県を代表する温泉地です。美肌効果があると言われる温泉地には、大小様々なホテルや旅館があります。それぞれユニークな催し物を開催したり、アイデア溢れる町おこしが盛んです。その月岡温泉の人気お土産をご紹介します!

1. 元祖 月岡まんじゅう

日本国中のどこの温泉を訪れても、必ずあるというのが温泉まんじゅうです!
月岡温泉に数多くある温泉まんじゅうの中から、元祖月岡屋の「元祖月岡まんじゅう」をおすすめします。月岡温泉の温泉まんじゅうは一味違いますよ。
種類はあんこがたっぷり入った、こし餡、つぶ餡、白餡、きみ餡の4種類があり、8ケ入750円(税込)、12ケ入1,130円(税込)、20ケ入1,900円(税込)です。
元祖と言うだけあって、温泉まんじゅうにこだわりを持ち、昔ながらの味と風味を現代にも伝えている自慢の味です。
あんこの種類でまんじゅうが色分けされているので、自分好みの味がどれかを、食べ比べするのも面白いですよ。

出典: www.jtb.co.jp

元祖月岡屋は、温泉街に和菓子店がなかった昭和31年に創業し、既に60年以上もまんじゅうを作りつづけている老舗和菓子店です。
元祖月岡まんじゅうの他にも税込価格で、パイまんじゅう(マロン、アーモンド、コーヒー、あんこ味)10ケ入1,120円、焼き芋まんじゅう10ケ入1,120円、月岡大福まんじゅう(抹茶餡、カカオ餡)8ケ入1,120円のまんじゅうも大人気です。
月岡堂のまんじゅうは、1ケから販売しているので、いろいろな種類を混ぜて購入すると、色どりや味も違って話がはずむの間違いなしです!

元祖 月岡屋
住所:
新潟県新発田市月岡温泉563-1
営業時間:
06:30~19:00
電話番号:
0254-32-2610
定休日:
不定休
アクセス:
JR羽越本線 月岡駅より車で約10分

2. 結城堂串だんご

月岡まんじゅうで有名なもう一つのお店、結城堂が手掛ける串団子専門店が「御まんじゅう処結城堂串だんご」です。
まんじゅう屋が作る串だんごを、食べてみたいと思いませんか?
この店の串だんごはオーダーを受けてから味付けをするので、一本一本出来立てのアツアツ団子がいただけます。
串だんごは定番のあんこ、しょうゆ、胡麻、味噌、栗、きな粉や風変りなものでは、パン粉でカリッと揚げた揚げだんごなど10種類のメニューがあります。

おすすめは、なんと言っても定番のあんこでしょう。
ちょっと柔らかめのだんごにしっとりとした餡がのり、一口食べるともう幸せ!という食感です。
それもそのはず、新潟の魚沼産コシヒカリと良質な水のコラボで作るだんごは、弾力を弱めて柔らかさを重視し、ツルリとした舌ざわりが特徴です。
店内のイートインスペースですぐに食べるも良し、お土産で買って家でゆっくり食べても良いでしょう。
メニューは、味噌150円、栗150円、きな粉120円、あんこ120円、胡麻120円、しょうゆ120円、枝豆120円、クルミ150円などがあります。

御まんじゅう処 結城堂串だんご
住所:
新潟県新発田市月岡温泉641-6
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
0254-32-2602
営業時間は、売り切れ次第終了します
定休日:
火曜 他臨時休業あり
アクセス:
JR羽越本線 月岡駅から車で約7分
JR新潟駅より車で約45分

3. 八米のはちみつ

八米のはちみつは、月岡温泉から車で約10分ほどの笹神地区の里山の畑の花から、100%采蜜した新潟県を代表するはちみつです。
はちみつを生産している会社は、八米(HACHIBEI)です。
「八米」という名前は、阿賀野市の里山を中心に活動している養蜂農家の農作物「ハチとコメ」に由来しているそうです。
笹神地区は地区全体で減農薬、有機農法を行っているので、蜂が元気に飛び交い、安心安全のはちみつが采蜜でき、その自然豊かなコクのある味が大評判となっています。

出典: www.jalan.net

八米のはちみつは、月岡温泉「摩周」で購入することができます。
摩周の売店でもイチオシの商品で、おしゃれなパッケージとトロリとした味わいと、季節によって味や香りが違うというのも驚きですよね。
宿泊客でなくても売店に自由に出入りできますので、ちょっと近くに来た時に、気軽にはちみつを手に入れることができます。
ハチミツの交差点/レギュラーサイズ(120g)は1,404円(税込)、3種類セット/アカシアの海岸/秋の栗園/ハチミツの交差点(120g×3)4,536円(税込)で販売されています。

月岡温泉 摩周
住所:
新潟県新発田市月岡温泉
電話番号:
0254-32-2131
定休日:
年中無休
アクセス:
JR羽越本線 月岡駅から車で約7分
JR新潟駅より車で約45分
温泉:
4つの露天風呂や2つの貸切風呂は、源泉100%の温泉です

4. 美人になるなら「月岡の湯」

温泉の湯や効能を完全再現したものではありませんが、月岡温泉の気分をご家庭でも楽しめるように、ほのかな硫黄の香りを含んだ薬用入浴剤が「月岡の湯」です。
月岡温泉は、日本の温泉の中でも硫黄成分の含有量がトップクラスの硫黄泉です。
湯舟の湯が透き通って素敵なエメラルドグリーン色なので、初めて訪れた人は入浴剤を混ぜていると勘違いする人が多いほどです。
また、月岡温泉は美肌効果があるという美人湯として有名で、世の中の女性から親しまれ、肩こり、神経痛や関節痛、疲労回復、健康増進などにも効果が高いと言われています。

一般の入浴剤と同じようにお風呂のお湯に混ぜますが、美人になれと唱えながら入浴すると、願いが叶うかもしれませんよ。まずは疲れを癒し、芯から身体を温めましょう。
「月岡の湯」のパッケージは傘を背負った美人ウサギで、可愛いというかセクシーですね。
この「月岡の湯」は、月岡温泉の中でも純和風のお宿で人気のある、美肌の湯ホテルニュー あけぼの お土産コーナー「北越後」で購入することができます。
5袋入った箱型タイプは700円、ボトルタイプは1,400円で販売されています。

ホテルニューあけぼの お土産コーナー北越後
住所:
新潟県新発田市月岡温泉552-4
電話番号:
0254-32-2111
定休日:
年中無休
アクセス:
豊栄駅からシャトルバスで約20分
豊栄新潟東港ICから車で約15分

5. 月岡で買う「新発田コシヒカリ」

月岡温泉を訪れた観光客の方に大評判なのが、温泉宿で出される夕食・朝食時のご飯です。
そのご飯の正体は「新発田のコシヒカリ」!
日本を代表する新潟産、それも地元新発田で作られたお米です。
「いつも食べるごはんとちょっと違う」、「とても美味しかった」、「旨くて食べすぎた」などと言う方が多く、時にはお米の産地を聞かれることもあるようですよ。
新潟ならではの昼夜の寒暖差や、豊かな土壌、自然の恵みの清水の水田が揃った環境ならではの旨味が凝縮されているお米で、月岡温泉を訪れた方がギフトやお土産用に購入することが多いお米です。

その「新発田コシヒカリ」を販売しているのが、加賀田米穀店です。
月岡温泉の中心地に位置する米穀店で、お米を中心に扱っていますが、それだけじゃありません。
なんとお米の他に、駄菓子や和小物、食器から玩具まで販売しているユニークなお店。
お米を買いに店内に入ると昔懐かしい駄菓子がいっぱいで、わくわくしてしまいますよ。
思わず見とれていると時間が過ぎるのも忘れてしまい、ほとんどのお客さんが、お米以外に駄菓子を買っていくというのも頷けます。月岡温泉の町歩きのときには是非お立ち寄りください。
お土産用に3合米などもあり、地方発送も可能です。

加賀田米穀店
住所:
新潟県新発田市月岡温泉285
営業時間:
08:00~18:00
電話番号:
0254-32-2307
定休日:
元旦
アクセス:
豊栄新潟東港ICから車で約40分
JR豊栄駅より月岡温泉へシャトルバスで約20分

6. 泉慶パイまんじゅう

月岡温泉の「白玉の湯 泉慶」オリジナルの「泉慶パイまんじゅう」は、お土産処のお茶菓子人気ナンバーワンのお土産です。
泉慶パイまんじゅうは、お部屋のお茶菓子として出されていますので、お部屋に着いて一服したときに、味見ができるのは嬉しいおもてなしです。
まんじゅうを割って見ると、パイの中心にカスタードクリームを入れて、周りを絶妙な甘さのあんこで優しく包みこみ、さらに外側をしっとりとしたパイ生地で囲っています。
サクッとしたパイ生地は、パイの特性を活かした温度調節による焼き方なので、ソフトな手触りとなっています。

そのパイ生地にカスタードとあんこの2種類の甘さが加えられ、他のパイまんじゅうにはない味わいが人気を呼んでいるので、ほとんどのお客さんが購入するのは無理もありません。
お土産箱も泉慶のロゴが描かれて、上品な雰囲気を醸し出しています。
また数多くのお土産を販売している泉慶のお土産処も、落ち着きのある和風のデザインが心地良いですよ。
からし舞茸、割干ハリハリと並び泉慶自慢の「泉慶パイまんじゅう」!ご贈答品としても喜ばれる月岡温泉の一品です。15個入1,080円で販売されています。お土産にどうぞ。

白玉の湯 泉慶 お土産処
住所:
新潟県新発田市月岡温泉134番地
電話番号:
0254-32-1515
定休日:
年中無休
アクセス:
豊栄駅からシャトルバスで約20分
豊栄新潟東港ICから車で約15分

7. 月岡朝ごはんシリーズ

朝食は一日の始まりです。しっかりと健康的に美味しい朝食をいただきましょう。
その朝食のごはんにピッタリ合う、至高のお味噌が入った「月岡朝ごはんシリーズ」がおすすめです。
3種類のみそのセットで、越後豚みそ・のどぐろみそ・南蛮海老みそと、それぞれ新潟の特産物の旨味を生かしたみそが用意されています。
越後豚みそは、新潟のブランド豚「越後もち豚」を使い、乳酸菌入りの米みそ、鰹節エキスとごま脂を絶妙なバランスでじっくり煮込んでいます。

のどぐろみそは、以前は天然銀鮭味噌でしたが、現在は日本海で獲れた脂ののった新鮮な、のどぐろを乳酸菌入りの米みそに漬け込んでいます。
南蛮海老みそは、新潟県産の南蛮海老を100%使用し、乳酸菌入り米みそとポークエキス、豆板醤を加えることで、少し甘めでありながらピリ辛という、独特の味わいが楽しめます。
このシリーズを販売しているのは、月岡温泉の新潟米菓です。
米を使った手焼きせんべいや新潟産の米菓なども販売していますので、立ち寄って新潟の味を楽しんでください。
月岡ごはんシリーズは1種650円(税込)で、3種セットは2,100円(税込)です。

新潟米菓 PremiumSENBEI 田 DEN
住所:
新潟県新発田市月岡温泉562-1
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0254-32-1101
営業時間:
12:00~13:00は休憩時間です。
定休日:
毎週月曜日・水曜日
アクセス:
JR羽越本線 月岡駅から車で約7分
JR新潟駅より車で約45分

8. 米希舎の「塩大福」

月岡わくわくファームの「お菓子処月の丘」の中には、地元で大人気の老舗饅頭店「結城堂」と「もち処米希舎」が入っています。
そのお菓子処月の丘内からは、季節に合わせたフルーツ大福で人気の「もち処米希舎」から大福の定番「塩大福」をおすすめします。
この大福に使用している塩は、新潟県山北町の海で採れる天然塩で、もち米は地元の契約農家から届けられる安全安心のもち米を使用しています。
ここまでおもちを薄くできるのというほどの大福は、ちょっとしょっぱい味がポイントで、大福の中にたっぷり入った粒あんが甘いので、一口食べると甘しょっぱい味が天下一品!思わず、また手が出てしまいます。

お菓子処月の丘が入っている月岡わくわくファームは、地元農家の生産する新鮮な野菜・花・果物・米の直売所を含め、レストラン、お菓子処、おそば屋、ジェラード店などの店があり、地産地消の食育のテーマパークです。
日本一長い木製ブランコもあり、遊んで食べて、買い物をして、お土産も買うことができる月岡でも大人気のファームで、とても楽しそうですね。
日常の忙しさからちょっと離れて、甘い塩大福でリフレッシュしましょう。
米希舎の塩大福、5個入621円(税込)、10個入1,188円(税込)です。

月岡わくわくファーム お菓子処 月の丘 米希舎
住所:
新潟県新発田市月岡408番地
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0254-21-6006
定休日:
無休
アクセス:
JR月岡駅から車で約9分

9. 朱鷺の子

月岡温泉を旅する人に、お土産として近頃話題の創作和菓子が「朱鷺の子(トキのこ)」です。
天然記念物の朱鷺の卵のような丸い形をした和菓子で、ころころした感じが可愛いですね。
二つに割ると、中心の黄味餡が卵の黄身のようで、桃山風生地ですっぽり包んだ皮に、サラッと口どけが良いホワイトチョコレートが表面を覆って美味しそう!
見た目はとても甘そうですが、その甘さが絶妙のバランスで作られているので、甘いものが好きな方も苦手な方も、美味しく頂けると評判です。お茶うけにどうぞ。

朱鷺の子を創作したのは、北越の小京都と言われる新潟県加茂市の「雪国庵 あめ友」です。
創業したのが明治10年という古い歴史を誇る、加茂市を代表する老舗和菓子屋さんです。
地元や新潟県内の道の駅でも購入することができますが、月岡温泉でも人気ホテル「白玉の湯 華鳳」で手に入れることができます。
華鳳2階の広々としたおしゃれな売店スペースには、華鳳自慢の新潟名物が数多く用意されているので、是非ご覧になってください。
その中で、包装紙に朱鷺の大きなイラストが描かれているのが朱鷺の子です。
朱鷺の子は、8個入650円(税込)、15個入1,180円(税込)です。

白玉の湯 華鳳
住所:
新潟県新発田市月岡温泉134
電話番号:
0254-32-1515
定休日:
無休
アクセス:
豊栄駅からシャトルバスで約20分
豊栄新潟東港ICから車で約15分

10. 新潟地酒

日本酒好きの方には、月岡温泉で新潟の全酒造の味が楽しめる「新潟地酒 premium SAKE 蔵」をご紹介します。
この酒店では、新潟の全酒造から選んだ92種類の日本酒から、なんと500円で、おちょこで3杯試飲ができるのです。
これはもう、日本酒好きにはたまらないサービス!
そして、気に入った日本酒を購入し、お土産にすることもできるのが嬉しいですね。
月岡温泉のお散歩に出て、ちょっとの寄り道のつもりが、ついつい長居してしまいそうです。

蔵では、まるで宝物殿のような和のデザインの日本酒収納スペースがあり、やはりそこで飲む日本酒の味は格別。
面酒店でありながら月岡温泉のお土産や雑貨も販売しているので、日本酒を飲めない方や、お車を運転の方でも楽しめます。
また、蔵オリジナルの限定スイーツの焼きドーナツや飲み物もあり、くつろぐことができる休憩スペースには、囲炉裏の席もあるとは日本中でこの店だけじゃないでしょうか。
「越乃柏露超特選大吟醸35 720ml」5,400円(税込)、「越後鶴亀 越王 こしわ」720ml8,640円(税込)など、なかなか手に入らないものもあります。

新潟地酒 premium SAKE 蔵
住所:
新潟県新発田市月岡温泉566-5
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0254-32-1101
休憩時間:
12:00~13:00
定休日:
無休
アクセス:
日本海東北自動車道「豊栄新潟東港IC」より車で約20分
JR白新線豊栄駅からシャトルバスで約25分

11.漬物(おかず)

ごはんのおかずとして、また美味しさを引き立たせる食材として、漬物とごはんのコンビネーションは、切っても切れない関係です。
あつあつご飯に、ポリポリと響く心地よい音は、食通にはたまりません。
「新潟地物 Premium SERECTION 旨(うまみ)」のこだわりの「漬物」をおすすめします。
この漬物は、新潟沼垂地区で明治38年創業の「峰村醸造」の漬物です。
「漬物の峰村」と言われる峰村醸造の漬物は、国産野菜を特製の味噌だれに2カ月以上じっくり漬けて熟成され、長年培われた醸造の技術によって旨味を引き出された逸品です。

このお店では、ごはんのおかずを試食することができるサービスがあります。
店に入ってあつあつご飯をお茶碗によそって、新潟名物の海産物コーナーへ向かい、数種類ある干物や乾物、ふりかけで食べてみましょう。
その後は、おすすめの常時季節に合わせた、9種類ほどの漬物があるコーナーに行きましょう。
そこには、俊逸な味わいの味噌にたっぷり漬かった琥珀漬けや出汁の効いた黄金漬けが、刻みとなって食べやすい形になっているので、ご飯にかけて味わってください。
仕上げは、ご自分で作ったオリジナル味噌汁か、お茶漬けのお好きな方でどうぞ。
自慢の漬物は、410円(税込)から販売されています。

新潟地物 Premium SELECYION 旨 UMAMI
住所:
新潟県新発田市月岡温泉565-1
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0254-32-1101
営業時間:
12:00~13:00は休憩時間
定休日:
毎週火・木曜日
アクセス:
日本海東北自動車道「豊栄新潟東港IC」より車で約20分
JR白新線豊栄駅からシャトルバスで約25分

12. 新潟岩の原ワイン

月岡温泉で格子戸を開けて、新潟を代表するワインの香りを体験してみませんか?
「新潟飲物 Premium TESTE 香KAORI」では、創業120年を超える「岩の原葡萄園」で作られた岩の原ワインなど、厳選されたプレミアムワインからリーズナブルなワインを購入することができます。
また、購入する前にワンコイン500円で、お好きなワインが試飲できるサービスがあるのも嬉しいじゃありませんか。和洋デザインのカフェのようなお店も居心地が良さそうですよ。
まずはワインを試飲して、新潟が生んだ風土と厳選されたぶどうのみを使ったワインの風味と香りを楽しんでください。

岩の原ワインは、日本ワインコンクールで2008年から2017年まで銀賞・銅賞が続いている深雪花や創業者川上善兵衛の善の名を継ぐ「善」も、試飲・購入が可能です。
「香」の500円の試飲は、スタンダードの善や深雪花などは2杯、岩の原ワインの限定ワインマスカット・ベーリーAやミルレンニュームなどは1杯のみの試飲となります。
ワイン以外には、日本茶・コーヒー・紅茶の無料試飲やこだわりのスイーツやおつまみも味わうことができるので、アルコールが苦手な人も香りを楽しめます。
ワインは1,380円(税込)から販売されていますので、お気に入りを探しましょう。

新潟飲物 Premium TASTE 香 KAORI
住所:
新潟県新発田市月岡温泉552-32
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0254-32-1101
定休日:
毎週木曜日
アクセス:
日本海東北自動車道「豊栄新潟東港IC」より車で約20分
JR白新線「豊栄駅」よりシャトルバスで約25分

13. 万平菓子舗の「ティラミス大福」

月岡温泉へ旅行に行くときは、新潟駅が起点となりますが、その新潟で隠れ名物と言われるティラミス大福を味わってみませんか?
ティラミス大福には和風と苺の2種類があり、和風と言いながらも皮はコーヒー味で、ちょっとほろ苦いですが、薄皮の中にたっぷり入っているティラミスクリームが甘いので、二つの味が重なると表現の難しい、絶品の甘さが病みつきになってしまいます。
和風というより、コーヒー味のほうが合っているような気がします。
苺の方は、白い薄皮の中の白いイチゴ味のティラミスクリームが、甘すっぱいけどスッキリした味で、イチゴ好きにはたまりません。

出典: kameda310.com

ケーキのショーケースの中は、和風と苺ティラミスの2種類で半分以上占めて、他にはロールケーキが並んでいます。
ティラミス大福が、メインのお店だということが、良くわかる配置です。
このティラミス大福を作っている万平菓子舗は、季節毎の和菓子を始め、冠婚葬祭に慶弔引き菓子なども取りそろえ、地元に根付いている歴史のある老舗菓子店です。
月岡温泉から新潟市内へ行くときに、ティラミス大福を買うためにちょっと寄り道しても、損はないと思える大福です。ティラミス大福は、和風・苺とも1個173円(税込)です。

万平菓子舗
住所:
新潟県新潟市江南亀田本町4丁目1-48
営業時間:
08:00~18:00
電話番号:
025-381-2267
定休日:
月曜日・他の曜日に変更する週もあります
月に2回連休があります
アクセス:
JR新潟駅から車で約20分
月岡温泉から車で約40分

14. 結城堂の「かりんとう饅頭」

月岡の温泉まんじゅうの中でも、最近人気が上昇しているのが、かりんとう饅頭です。
見た目の黒い色は沖縄県の黒糖で、中のあんこは北海道産の小豆を使用し、日本の北と南の名産品をコラボさせたお饅頭です。
米油を使ってサラッと揚げた皮は、カリっとした表面と中にしっとりしたあんこが絡み、甘い物好きにはたまらない美味しさで、何個も食べてしまいそうです。
色々な種類のお饅頭が楽しめるのは、温泉旅行のだいご味ですが、かりんとうまんじゅうも、その人気土産の一つに数えられるようになりました。

このかりんとう饅頭を販売しているのは、結城堂という老舗和菓子さん。
月岡温泉の中央通りにもお店があり、地元でも人気があります。
また、かりんとう饅頭は人気があり、売り切れになることもあるので、確実に手に入れるには、お店に予約をしておくと良いとおもいます。
かりんとう饅頭の他にも定番の温泉まんじゅうや抹茶、ごま、栗きんとん、湯美人などの饅頭が
約10種類ほどあり、どれを選ぶか迷っちゃいますよ。
結城堂かりんとう饅頭3個入330円、6個入660円です。

結城堂 中央通り店
住所:
新潟県新発田市月岡温泉231
営業時間:
07:30~17:00
電話番号:
0254-32-1167
定休日:
無休
アクセス:
日本海東北自動車道「豊栄新潟東港IC」より車で約20分
JR白新線豊栄駅からシャトルバスで約25分

15. びいどろの体験グラス

出典: www.jalan.net

びいどろのガラス体験で作った、世界で1個だけのガラス細工を手に入れませんか。
月岡温泉から歩いて、約10分程にある月岡カリオンパーク内の、手造りガラスびいどろでは、ガラス体験を行い、自分だけのオリジナルグラスを作り、持ち帰ることができます。
体験メニューは、吹きガラス体験、グラスなどの研磨体験、ペイント体験、万華鏡体験、キャンドル体験、オルゴール体験などがあり、お好きな体験コースを予約(1名から受付可)できます。
ガラス体験が初めてでも、スタッフが親切丁寧に案内、指導してくれるので安心してください。
おすすめは、一番人気のグラス研磨体験です。
研磨機でグラス表面にお好きな文字や絵を削りいれることができ、月岡温泉の思い出を残すことができますよ。

出典: www.jalan.net

びいどろには、工房で作ったカラス製品を始め、素敵なデザインやミニチュアアクセサリーを約1万点も販売しており、月岡温泉のお土産も多数用意されています。
そのため、ガラス体験による持ち帰りの他に、お土産を購入するため売店コーナーに立寄っていく観光客も多いようです。
研磨体験は所要時間が約30分、お1人様1,080円(税込)で、小学1年生(保護者同伴)から体験できます。
キャンドル体験は所要時間は約20分、3歳以上(保護者同伴)から体験でき、ミニチュア人形が1個付いてお1様1,404円(税込)です。

手造りガラス工房 びいどろ
住所:
新潟県新発田市月岡1109カリオンパーク内
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0254-32-2707
体験受付:
~17:00
定休日:
水曜・元旦
アクセス:
JR豊栄駅からシャトルバスで約18分
豊栄新潟東港ICから車で約30分

まとめ

月岡温泉の、お土産15選を紹介しました。
月岡温泉は、もともと美人湯として女性に人気の温泉ですが、近頃ではユニークな酒屋や子供も遊ぶことができる施設もあり、観光客も増えてきました。
月岡温泉を十分楽しんだあとは、ぜひ月岡自慢のお土産をご購入ください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
新着記事