ジュネーヴ空港(GVA)での過ごし方まとめ!トランジット観光やWi-Fi情報も

807

views

0

ジュネーヴ国際空港を徹底解説します。永世中立国スイスの西にあり、フランスとまたいで存在する空港について、概要、市内までのアクセス、ラウンジ、ショップ、グルメ、シャワールームなどを案内。空港に近くて便利なトランジット情報やWifi、近くのおすすめホテルも含めて、ジュネーヴ国際空港を紹介します。

ジュネーヴ空港(GVA)の概要

スイスのジュネーヴ空港は、スイスの西端ジュネーヴにある空港です。「コアントラン空港(Cointrin Airport)」と表記されることがありますが、これは古い呼び方で、現在の正式名称ではありません。場所はフランス国境にあり、一部の敷地はフランス区域にあります。

空港の雰囲気

ジュネーブ国際空港は、市内や両国の観光地へのアクセスが大変便利。多くの旅行者が利用します。空港内には免税店やラウンジなどの施設や、無料Wifiやなどの便利なサービスも充実。

スイスとフランスの国境にまたがっている空港ですが、シェンゲン協定に加盟しているため、フランス区域からフランスに行く場合にスイス領に入る必要がなく、フランスのフェルネ=ヴォルテールに出ることが可能。またエールフランスのチェックインカウンターは、空港内のゲートを越えフランス領域で行われます。したがって、この時にスイス側にある免税店やラウンジなどの施設が利用できないので注意しましょう。

空港の歴史

ジュネーヴ国際空港は、1920年に開港しました。前年にジュネーヴの市の中心から北に4km離れた、コインストリンの村の近くに設立することが法律で決定。1922年よりジュネーブからリヨンへの商業路線が開かれます。1947年には、スイス航空の当時の最新機種ダグラスDC-4により、大西洋の先にあるニューヨーク便が就航。1959年には商業用のジェット機としてSASカラベルがジュネーヴに着陸しました。

スイスが2008年にシェンゲン協定に加盟した関係で、この年の時点で45の定期航空会社が就航します。以降の旅客者数が増加傾向となり、2014年には1500万人を越えました。現在は、スイスインターナショナルエアラインズ、イージージェット・スイス、およびエティハド・リージョナルの3社が、ハブ空港として利用中です。

ターミナルの数

ジュネーヴ国際空港のターミナルは、ふたつあります。ターミナル1 と 2 があり、空港に最初に作られたのがターミナル 2。1944年に2代目のターミナルとして稼働しましたが、5年程度で当初の予測利用者数を越えてしまいます。そのため新しいターミナル(ターミナル1)が、数百メートル先に新たに作られ、1968年に完成しました。1987年にはアクセス改善のための空港連絡鉄道の駅も設置。

しかし、このターミナルも許容値を大幅に越えてしまったため、1990年代から数倍規模に拡大されます。ところがシェンゲン協定に加入することが決まってからは、それでも足りないと2007年に西側にターミナルを延長して対処。現在のターミナル 1 は、A、B、C、D、F の 5 つのピアに分かれています。ちなみにターミナル2は通常は利用されませんが、冬季のチャーター便のシーズンのみ稼働しています。

ターミナル間の移動

ジュネーヴ国際空港のターミナル間移動は、基本的に徒歩で可能です。実質的にターミナル1しか稼働してないため、ほかの空港のようにターミナル同士を結ぶアクセス手段はありません。基本的には徒歩でほぼ移動できます。例外的にターミナル2に行くときだけ連絡バスが運行。これはチャーター便が稼働する場合など、必要に応じて行われます。

イミグレの混雑状況

ジュネーヴ国際空港のイミグレの混雑状況は、シェンゲン協定の影響で、圏内にある国からの入国には、余計な手続きが不要なため、他国の空港と比べると比較的スムーズ。出国手続きも同様で、せいぜい、荷物検査が厳しい程度です。それにもかかわらず、混雑しないような工夫をしてくれているのがありがたいところ。ちなみにゲート前も、搭乗者ひとりひとりのチェックを行っています。

ジュネーヴ空港(GVA)から市街地までのアクセス

ジュネーヴ国際空港へのアクセス方法について、鉄道、バス、タクシーなどでの移動方法についてひとつずつ見ていきましょう。

飛行機を利用して鉄道で市内に行く場合は、ジュネーブ空港で、出迎えの人がいるターミナル出口に出る前に「Public Transport to Geneva “FREE TICKET “」と表示された看板を探してください。実はこのUnireso(ユニレゾ)チケットは、80分限定で無料利用できるのです。チケット売り場で、ボタンを押すとそのチケットが出てきます。これで空港からホテルまでのアクセスが無料。忘れずに利用しましょう。

電車

ジュネーヴ空港で最も便利なアクセス方法は、時間も正確な鉄道利用です。空港にスイス国鉄の駅が直結しており、ジュネーブ市内はもちろんのこと、ローザンヌなどスイスのほかの町にそのまま行けて大変便利。行き方は、到着ロビーから「Gare CFF」の表示に従って進むと、Gエリアの地下に鉄道駅のホームがあります。市の中心駅へは、ジュネーブ・コルナヴァン駅を目指してください。

実は空港駅は鉄道駅の出発点となっており、すべての電車が市の中心部であるコルナヴァン駅に停車します。所要時間は7から10分と大変近い場所にあります。早朝5時台から24時台まで15から30分おき程度に運。非常に近いため、トランジットで時間がある時などもできれば市内に出てみましょう。

バス

ジュネーヴ空港から路線バスを使う方法をご案内します。路線の系統はふたつ。ひとつめは5番系統で、ônex-Vallard行きのバスが、早朝5時前から24時台まで最大20分間隔で運行。ふたつめは、10番系統で、Rive行きのバスが早朝5時から深夜2時までの間、最大20分間隔で運行しています。どちあも途中でコルナヴァン駅を経由し、所要時間は20分程度で到着します。

バスの乗り場は到着エリアをでたところに。5系統は鉄道駅近く、10系統はタクシー乗り場に近いところのバス停です。ちなみに5番系統のバスは、ローヌ川を渡り、宗教改革記念碑のあるヌーヴ広場や旧市街などに直接向かうことが可能。ホテルの位置によってはバス利用も有効な手段でしょう。

タクシー

ジュネーヴ空港からホテルに直接向かうタクシーを使う場合は、メーター式のタクシーになります。乗り場は空港ロビーを出たところにあり、市内中心部までは20分程度で結びます。料金は公共交通(バス)を使うより10倍以上は覚悟してください。また荷物については料金が発生したり、夜間や休日の時にも通常より追加されたりするため注意。さらに朝夕のラッシュ時は想像以上に渋滞しており、所要時間がかかり、メーターの料金が上がる可能性があります。特に荷物が多いのでなければ、タクシー以外の方法で移動した方が良いかもしれません。

空港送迎サービス

公共交通が充実しているジュネーブですが、それでも海外にふなれのため不安な場合や、タクシーの列に並ぶのが面倒なとき、あるいはメーター料金などが気になるときは、事前に料金を支払って快適に利用する、旅行会社の送迎サービスがお得です。

世界中の送迎サービスを手掛けているベルトラでは、貸切送迎サービスを実施。最大16人まで対応できるため、小グループや小さな団体様の移動にも大変便利です。入国審査などの手続き時間も考慮しているので、到着したらすぐに迎えに来てくれます。

ジュネーヴ空港(GVA)での過ごし方

ジュネーヴ空港では、ラウンジの活用、市内の観光、ショッピング三昧、そしてグルメを味わうなどして過ごせます。それではひとつずつ見ていきましょう。

ジュネーヴ空港(GVA)での過ごし方① ラウンジでくつろぐ

ジュネーヴ空港でのトランジットやフライト時間より早く到着した時に利用できるのが、ラウンジの存在です。ビジネスクラス以上や、航空会社の上級会員、あるいはプライオリティパスを所持していれば、利用できるラウンジがいくつかあるため積極的に利用したいところ。

最初に紹介するのは「ホライゾン ラウンジ」です。このラウンジは、第一ターミナル内にあり、早朝6時から夜の9時30分まで、最長3時間まで利用可能。空港独自にある喧噪から一歩入れば、オアシスのような静かな空間が広がります。ここでは、テレビを見たり、飲食をしたりできます。もちろんWifiも自由に使ってください。

バーの飲み物は、オーストリアのホワイトビール「エーデルワイスビール」をはじめとするアルコール。軽食もスイス最古のチョコレート「カイエ」などが置いてあり、至福のひと時が味わえます。アルコールが苦手な人も、エスプレッソなどのソフトドリンクがあるので安心してください。ただし、スペースが限られているため、混雑時には入室制限が行われることがあるので注意が必要です。またファックスもありますが、別途料金が必要。場所は中2階で、トランジットエリアの右側にある階段で移動してください。

ジュネーヴ空港でプライオリティパスを所持していれば、利用できるラウンジには、ほかにもSWISSビジネスクラスラウンジがあります。ここは広々とした空間で、隣の席との間も広く設定しています。ソファー席でスマートフォンの充電も可能。ホテルのような高級感漂う食事コーナーでは、マルゲリータのピッツアや、いろいろなサンドイッチ、スープなどが選べます。もちろんアルコールも充実。好きなワインを選んでください。お酒のおつまみもグミなどが用意され、高級アイスクリームも無料で利用できます。

DNATA SKYVIEW LOUNGEもプライオリティパスを所持していれば利用可能なラウンジのひとつで、6時から20時30分まで営業。このラウンジは6歳未満が無料で、1家族につき子供2人まで可能なので、ファミリーで利用するには大変便利です。アルコールを含めたドリンクサービスを行っていますが、ピークの時間帯は入場制限があるので注意してください。

British Airways ラウンジは、ブリティッシュ・エアウェイズの上級会員が利用できるラウンジで、落ち着いた雰囲気が特徴。ホットミールを含めた軽食やドリンクが充実しています。ただし、トイレが無いため、入る前に済ませるなどしてください。

ジュネーヴ空港(GVA)での過ごし方② 空港の周辺観光1

ジュネーヴ国際空港は、市内と非常に近いので、トランジットの時間に余裕があれば、気軽に市内観光が楽しめます。そのなかでもイチオシは、ジュネーヴ大噴水。これは町のシンボルと言える存在で、世界で最も大きな噴水のひとつです。場所はレマン湖からローヌ川に流れるあたりに設置してあり、中央駅のコルナヴァンから湖方向に歩けばすぐにわかります。

毎秒500リットルの水が、最大140メートルもの高さまで上がる様は圧巻。遠くからでも見えますが、できればレマン湖湖畔からその圧倒的な姿を見るのに適しています。最も近づくには橋を渡った反対方向に行く必要があります。すぐ近くの噴水の前まで堤防があり近づけますが、風向きによっては、ずぶぬれになるので、覚悟をして行ってください。

次の見どころは、ジュネーブの中心から3番のバスに乗り終点で下車。30分ほどで行けるのが、「Mont Saleve」です。ここにはロープウェイ乗り場があり、山頂付近まで一気に登れます。山頂からの絶景は、言葉に尽くせない素晴らしさで、遠くにレマン湖の雄大な姿が、そして眼下にはジュネーヴの町並みが一望できます。時間に余裕があれば、ぜひ山に登ってみましょう。

ジュネーヴ湖との異名を持つレマン湖は、ローヌ地方の氷河で削られできたとされる湖。中央ヨーロッパでは2番目に大きな湖です。三日月形をしているこの湖でも、最も美しいスポットがシヨン城。湖の西端にあるジュネーヴからは反対側の東端にありますが、片道2時間ほどでアクセス可能なため、時間にゆとりがあれば十分見に行くことができます。

1160年から城の存在が確認されていて、原始時代に城の立つ岩に住居の痕跡があることが判明。サヴォワ伯爵が領有してから城の拡張が行われ14世紀ごろが最盛期です。ジュネーヴの宗教改革者をうたった、1816年バイロンが作った詩「シヨンの囚人」「シヨン城詩」も有名。最近では1988年に日本とスイスの合作映画「アナザー・ウェイ D機関情報」のロケにも使われました。

シヨン城は外からでも美しいですが、できれば城内に入ることをおすすめします。城内の50弱あるという部屋が見られ、牢獄や武器庫など中世頃のヨーロッパの雰囲気を体験可能。ただし見学にはかなりの時間がかかることに注意してください。

もうひとつレマン湖からクルーズ船でシヨン城を見る方法があります。観光用のクルーズでレマン湖の湖上から見る城の姿はひと味もふた味も違います、あらかじめ予定が解ればクルーズ船の予約をしておいた方がベスト。ロート製薬の胃腸薬「シロン」の名前の元(英語読み)にもなったシヨン城は、ぜひ見ておきましょう。

ジュネーヴ空港(GVA)での過ごし方③ 空港の周辺観光2

シヨン城の様な遠くに行かなくても、ジュネーブには見どころがいくつかあります。その代表格が、サンピエール大聖堂。これはジュネーヴの中央駅からローヌ川を渡ったエリア、旧市街地に位置します。改革派教会に所属している大聖堂で、建造は12から13世紀から始まりました。何度も増改築が行われているために、さまざまな様式の特徴を持っているオンリーワンな教会です。

この教会は宗教改革運動を起こしたルターに呼応するようにプロテスタント運動を展開したジャン・カルヴァンの本拠地として機能しました。1536年から四半世紀にわたってこの教会で説教を行った彼の影響で、プロテスタントのローマとの異名を持つまでになりました。大聖堂の内部には、カルヴァンが使用した木製の椅子などが残っています。

そして、大聖堂には、もう一つの顔があります。それは考古学展示施設。大聖堂地下を発掘した結果、ローマ帝国時代の大規模な遺跡が発見され、現在ヨーロッパでもトップクラスの考古学展示施設として見学できるようになっています。また有料ですが、北側の塔にあがることも可能。157段のらせん階段を登り切れば、ジュネーブ市街とレマン湖の絶景を楽しめるでしょう。

国際連合の事務局からすぐ近くには、同じく国際機関である国際赤十字・赤新月博物館。2011年にいったん閉館しましたが、改修工事を経て2013年にリニューアルオープンしました。これは赤十字誕生150周年と重なります。内容は誕生した近代以降の医療活動に関するもの。国境を越え、献身的に多くの人に対して行われた活動が紹介されています。

ちなみにイスラム圏では赤十字ではなく赤新月と呼びます。これはキリスト教をイメージする十字からの配慮があるためで、そのきっかけはロシア・トルコ戦争時のことです。トルコ軍がイスラム兵士の感情を傷つけるため、赤十字の紋章ではなく白地に赤新月のマークを使用する許可を赤十字に求めました。結果的にそれが認められます。こういったジュネーヴならではの観光スポットにも、時間があればのぞいてみましょう。

ジュネーヴ空港(GVA)での過ごし方④ ショッピングを楽しむ

ジュネーヴ国際空港で過ごす際に重要なショッピング。お土産を買い忘れた、あるいはトランジットで時間があるから、スイス立ち寄りの記念にといろいろな用途で利用します。空港ではそのような用途にも柔軟に対応しており、代表的なのがミグロ(Migros)です。スイス国内に展開しているブランドチェーンのスーパーマーケットですが、スイス人の指示が非常に高いこともあり、空港の鉄道駅近くにも一店構えています。

店内は、お土産に最適な物がずらりと並んでいます。チョコレートをはじめとするいろいろな商品が置いているため、お土産の最終チェックに最適。また空港で滞在中にでも気軽に食べられる軽食類、パンやドリンクなども販売しているので、空港でフライト前に軽く食べることもできます。さらにうれしいことに年中無休で営業。営業時間は8時から22時まで行っています。外国人だけでなく地元スイスの人も重宝するスーパーマーケット。思わぬ商品が見るかる可能性があるためできるだけ時間を見つけて入店しましょう。

ジュネーヴに限らず、スイスのお土産にうれしいのがチョコレートです。海外のチョコレートと言えばベルギーが有名ですが、スイスも負けていません。空港の免税店に行けば、人気ブランドや老舗ブランドのチョコレート専門店がしのぎを削っています。それぞれいろいろな種類のチョコレートを販売。大切な人向けの高級品や自分自身用、そのほかにも「バラマキ用」のお土産としても最適。出国前に検討するのも楽しいところです。

また、スイスと言えば時計。高級時計メーカーがチョコレート同様に、各社しのぎを削っています。そのような高級ブランド時計を空港の免税品で探してみるのも良さそうです。空港内にはロレックス、フランクミュラーなど、いろいろなブランド店が並んでいます。市内で買うよりも免税分安く手に入るとうのも、お得と言えます。とはいえ、高級腕時計はそう簡単に買えるものではありません。しかし、かねてからひとつ欲しいと思っているのなら、本場スイスで購入してください。そうすれば自慢話がひとつ増えるでしょう。

ジュネーヴ空港(GVA)での過ごし方⑤ 空港グルメを楽しむ

ジュネーヴ国際空港では、もちろんグルメどころも充実しています。フライトの前、あるいは到着後に最初にスイスでいただく食事を空港でと考えた場合でも、その期待を裏切らないお店が軒を連ねています。

そのなかのおすすめのひとつが、モレスキンカフェ。これは本来飲食ではなく、イタリアの老舗文具ブランドの名前です。普段はノートや手帳などを製造販売していますが、ジュネーヴ空港ではカフェとして営業中。場所は出国のセキュリティチェックを終えた後の、A3ゲート付近にあるため、少し奥でわかりにくいかもしれません。

また、それほど広くない店内では、オープンスペースになっています。その雰囲気が非常に居心地よく、いただくコーヒーもいつもと違う味わいです。そして本業と言える文房具シリーズについての内容が店内で見られるため、その中で気になる文具があればチェックしてみてください。

とはいえ、全く方向違いの搭乗口でのフライトの場合に、わざわざ行くほどではありません。しかし、A3ゲート近くの搭乗口からフライトすることになっているのなら、ぜひ狭い機内に入る前に広々とした雰囲気でゆっくりコーヒーをいただきましょう。

アジアンチックなHungkyも良いかもしれません。ランチがリーズナブルでおいしいと評判です。ヨーロッパ系の料理が続いて疲れ気味な日本人にとっては、すこし安心できる中華系料理が中心というのがうれしいところ。箸を使って食べるメニューがめじろ押しです。中華のほかにはベトナムの揚げ春巻きやシンガポールフード、ベジタリアン向けの料理のもあるため、該当者も安心してください。

ほかに、出発ロビー階のフードコートも侮れません。ここには数多くのレストランをはじめ、気軽に入れるファストフードやカフェもあります。いろいろあるのでじっくり選んで気になる店に入りましょう。スケジュールの都合、空港で食事をするときも安心して利用しましょう。

ジュネーヴ空港(GVA)の便利施設

ジュネーヴ空港滞在時に非常に便利の良い、無料Wifi、シャワールーム、喫煙所事情について確認していきます。

ジュネーヴ空港(GVA)の便利施設①:Wifiのつなぎ方

ジュネーヴ国際空港で、Wifiを利用する方法を紹介します。無料Wifiは空港内にありますが、無料で利用できる時間が限られています。90分を過ぎると追加料金が発生します。そのため使うタイミングを注しなければいけません。

具体的には次のようなつなげる方法があります。ひとつめは、ボーディングパス(搭乗券)での認証方法。これはスキャンマシンにボーディングパスを通せば利用可能になります。ふたつめは、パスポートで認証する方法です。これは空港内にあるビジターセンターに行ってください。そこでパスポートを提示すればWifi利用可能になります。最後にSMS認証の方法があります。GVA Free wifiに接続すると、ブラウザーが起動。そこで電話番号を入力すれば、SMSアクセスコードが送信されます。後はそのコードを入力すれば利用可能。ただし、現地のSIMカードが必要なので注意してください。

その他、空港内のカフェ、レストラン、あるいはラウンジでも独自のwifiを持っていて利用可能なので、状況に応じてうまく使い分けましょう。

ジュネーヴ空港(GVA)の便利施設②:シャワー施設

ジュネーヴ国際空港には有料のシャワールームがあります。場所はメインターミナル内にあり、ここにはシャワーのほかに美容室やサンルームなども完備。ただし、他の空港のように、ラウンジにシャワールームがありません。先に紹介したプライオリティパスが使えるラウンジもブリティッシュ・エアウェイズの上級会員が使えるラウンジもシャワールームが存在しないため、注意しましょう。

ジュネーヴ空港(GVA)の便利施設③:喫煙所

世界的な禁煙モードになりつつある状況の中で、空港も例外ではありません。とはいえジュネーヴ国際空港には喫煙ルームがあります。場所はターミナル1のセキュリティコントロールを受けた後のトランジットゾーン。広々とした喫煙ルームは、最先端の換気と煙抽出技術を備えています。空港内ではここ1カ所となっており、そのほかの場所では吸うことが禁止されています。レストラン、カフェも例外ではありません。ただし屋外のテラス席だけは、吸うことが許されています。

ジュネーヴ空港(GVA)周辺のホテル

ジュネーヴ空港から市内へは非常に近いのですが、深夜到着や早朝出発、あるいはトランジットでの宿泊に便利な近隣のホテルがあります。おすすめのホテル2カ所をご紹介します。

モーベンピック ホテル & カジノ ジュネーヴ(Movenpick Hotel & Casino Geneva)

出典: www.agoda.com

メーベンピック ホテル&カジノ ジュネーブは、ジュネーブ空港の近くにあるおすすめのホテルです。空港のすぐ近く、ターミナルビルの目の前にある5つ星ホテルです。空港とは専用のシャトルバンが運行。市内のホテルよりもリーズナブルなため、ここを拠点にして観光する人もいるほど。

防音設備は完璧なので快適に眠れます。バス・トイレも清潔で、近くには大きなスーパーもあります。ただし、無料Wifiがないため注意してください。また、このホテルは朝食のレベルが高いと評判です。そして、ホテル内にカジノが併設されているのが大きな特徴。カジノも利用できますが、パスポートの提示や掛け金の制限があるため、遊んでみたいという人は、ほどほどに楽しみましょう。

モーベンピック ホテル & カジノ ジュネーヴ(Movenpick Hotel & Casino Geneva)
住所:
Route de Pré-Bois 20, 1215 Geneva, Suisse
電話番号:
+41 22 717 11 11
アクセス:
コアントラン国際空港より約500m

イビス バジェット ジュネーブ パレクスポ アエロポート(ibis budget Geneve Palexpo Aeroport)

出典: www.agoda.com

イビス バジェット ジュネーブ パレクスポ アエロポートは、ジュネーブ空港に直結したおすすめホテル。ターミナルの中心から少し離れているため、無料シャトルも出ています。モダンな外観が特徴で、真夜中に到着しても安心。便利の良い場所のわりには、料金はリーズナブル。

機能的で清潔なホテルは、クロゼットはついていませんが、防音の問題もクリア。ホテル内にはレストランはないため、自動販売機で購入してください。ビュフェ形式の朝食サービスは行っています。部屋に冷蔵庫と電子レンジがあります。アクセスが非常に良いので、ホテルでは寝るだけという場合には、利用価値が高いでしょう。

イビス バジェット ジュネーブ パレクスポ アエロポート(ibis budget Geneve Palexpo Aeroport)
住所:
Route François-Peyrot 28, 1218 Le Grand-Saconnex, Suisse
電話番号:
+41 22 545 46 46
アクセス:
ジュネーヴ空港まで800m

さいごに

ジュネーヴ空港は、永世中立国スイスにある国際空港です。場所は西端で、フランスとまたいで存在。そのためエールフランス航空のチェックインは、フランス領内で行われるという珍しい特徴があります。ジュネーヴ空港は1920年に開港し、いち早く商業路線が運行し、ジェット機の就航も早かった一方でターミナルの許容量が間に合わず、現在の第2ターミナルはチャーター便用。第1ターミナルも、年々拡張工事をして大きくしていきました。実質的にひとつのターミナルで運用しているためターミナル間移動も徒歩のみで可能。第2ターミナルを使う時だけバスが運用されます。

イミグレの混雑はシェンゲン協定内にある空港のため原則的に大きく混み合うことはありません。市内へのアクセスは非常に便利で、直結しているスイス国鉄を使えば10分程度で中央駅に到着。飛行機利用者は80分間無料になるサービスチケットもあります。2系統の路線バスでもアクセス可能。一つの系統は、旧市街まで直通します。タクシーはメーター制で、公共交通の10倍程度。またグループ利用もお得な送迎サービスもあります。

出典: www.jalan.net

ジュネーヴ空港にいくつかあるラウンジは、プライオリティパスが使える所が3カ所あります。またブリティッシュエアウェイズ上級会員用のラウンジもあり。市内までのアクセスが大変便利が良いので、トランジットで市内に出て観光することも容易です。

名物の大噴水やロープウェイで山頂に上がって街を眺めることも可能。時間にゆとりがあれば、レマン湖畔に浮かぶシヨン城まで足を延ばしたいところです。旧市街のサンピエール大聖堂は、宗教改革者カルヴァンの本拠地でした。国連事務局や赤十字博物館も侮れません。ショッピングが楽しめるスーパーや免税店も充実。グルメどころも本場スイス料理や中華系のアジア料理など、見逃せないところがそろっています。

空港での無料Wifiも利用可能。有料ですがシャワールームもあります。喫煙所も一カ所あるため、愛煙家は安心してください。空港周辺には便利なホテルも点在。ジュネーヴ国際空港は、設備の充実度に加え、市内へのアクセスが非常に便利で快適な、またとない空港と言えるでしょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • スイス・ジュネーブでおすすめのレストラン6選!フォンデュだ...

    国際都市として知られるジュネーブでは、スイス旅行で必ず楽しみたいフォンデュをはじめ、世界各国の料理を楽しむことができるレストランが数々あります。スイスのイメージぴったりの山小屋風レストランから洗練されたフレンチまで、ジュネーブで楽しむことのできるおすすめのレストランをご紹介します!

  • ジュネーブ人気の観光スポットおすすめ9選!歴史を感じる街並...

    レマン湖の南西側の角を取り囲むように広がるジュネーブは、国際連盟の本部が置かれていることやローマ時代から続く歴史的にも重要な場所であることから、年間を通して多くの観光客が訪れています。趣がある古い街並みの観光スポットをご紹介します。

  • スイス・ジュネーブでレマン湖へもショッピングにも便利なお...

    レマン湖の向こうにモンブランを望むヨーロッパの国際都市スイス・ジュネーブは、世界中からの観光客やビジネスの人々で賑わっています。数多くあるホテルの中で、どのホテルに滞在するかは悩むところです。スイス・ジュネーブで、観光にもお買い物にも便利で立地のよい、利用しやすいおすすめのホテルをご紹介します!

  • スイス・ジュネーブでオススメのホテル4選!スイスステイを思...

    第二次大戦以前には国連本部が置かれていたこともあり、今でも多くの国際機関がある世界的に有名な都市ジュネーブ。レマン湖を中心とした美しい自然も、歴史的な建造物も多くあることから、たくさんの観光客が訪れています。そんなジュネーブに行ったら、ぜひ泊まってみて欲しいおすすめのホテル4つをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • スイス・ジュネーブでオススメのホテル4選!スイスステイを思...

    第二次大戦以前には国連本部が置かれていたこともあり、今でも多くの国際機関がある世界的に有名な都市ジュネーブ。レマン湖を中心とした美しい自然も、歴史的な建造物も多くあることから、たくさんの観光客が訪れています。そんなジュネーブに行ったら、ぜひ泊まってみて欲しいおすすめのホテル4つをご紹介します。

  • スイス・ジュネーブでレマン湖へもショッピングにも便利なお...

    レマン湖の向こうにモンブランを望むヨーロッパの国際都市スイス・ジュネーブは、世界中からの観光客やビジネスの人々で賑わっています。数多くあるホテルの中で、どのホテルに滞在するかは悩むところです。スイス・ジュネーブで、観光にもお買い物にも便利で立地のよい、利用しやすいおすすめのホテルをご紹介します!

  • スイス・ジュネーブでおすすめのレストラン6選!フォンデュだ...

    国際都市として知られるジュネーブでは、スイス旅行で必ず楽しみたいフォンデュをはじめ、世界各国の料理を楽しむことができるレストランが数々あります。スイスのイメージぴったりの山小屋風レストランから洗練されたフレンチまで、ジュネーブで楽しむことのできるおすすめのレストランをご紹介します!

  • ジュネーブ人気の観光スポットおすすめ9選!歴史を感じる街並...

    レマン湖の南西側の角を取り囲むように広がるジュネーブは、国際連盟の本部が置かれていることやローマ時代から続く歴史的にも重要な場所であることから、年間を通して多くの観光客が訪れています。趣がある古い街並みの観光スポットをご紹介します。

新着記事