貝塚結核病院は大阪にあった恐怖の心霊スポット!?噂や現在の様子をまとめました

172

views

0

現在貝塚結核病院は撤去されていますが、無いからこそ怖い噂や心霊現象が多数あります。現地に行けばその雰囲気を体験することが可能ですが、行けない人でも恐怖心を体験できるように、今回は一つ一つの噂や心霊現象を歴史や場所と共に分析していきます。

「貝塚結核病院」は大阪にあった恐怖の心霊スポット

大阪には、貝塚結核病院と呼ばれる心霊スポットがあったことをご存知ですか。貝塚結核病院は大阪でも特に有名な心霊スポットで、夏には肝試しに訪れる人も多かったといいます。この記事では、そんな貝塚結核病院について詳しくまとめているので、ぜひ最後までお付き合いください。

心霊スポット「貝塚結核病院」の歴史

貝塚結核病院は1940 年に結核患者の急増を抑えるために設立された、結核医療専門の病院です。

結核は現在はそれほど恐れられている病気ではありませんが、昔は治らない病気として恐れられていた病気でした。その当時、結核を完治させることができず、病院の中でなくなってしまう人も多くいたため、怨念が溜まり、心霊スポットとして有名になったと言われています。

貝塚結核病院は閉鎖後もそのまま放置され続け、廃墟となりました。病院の跡地なので霊安室はもちろん、手術室などもそのまま残っていたといいます。廃墟独特の空気間や魅力から、廃墟好きの間で有名になり多くの人が廃墟巡りとして貝塚結核病院を訪れたそうです。

訪れた人の中には、心霊現象を体験する人も多く、噂が噂を呼び大阪で有名な心霊スポットとなっていったのです。

心霊スポット「貝塚結核病院」には「つくし寮」と「貝塚養護学校」が併設

そんな貝塚結核病院の心霊現象や噂話をする前に、もう少し詳しく貝塚結核病院の施設をご紹介します。

貝塚結核病院にはつくし寮という少年保養所がありました。結核感染は幼少期に早期発見ししっかりとした治療を行えば完治することが多いことから、子供の結核を撲滅するために1943年に併設されものです。また1948年には、結核を患った子供が学校教育を受け続けながら治療に励むことができるようにと貝塚養護学校が併設されました。

治療法が改良され結核を患う子供が減ったことに伴い、入所児童が減少し、つくし寮は1994年(平成6年)、貝塚養護学校も2009(平成21)年に閉校しています。

心霊スポット「貝塚結核病院」の場所

貝塚結核病院のあった場所は、森駅から徒歩15分の場所にあります。初めて行く人は、駅を出て左に進み、貝塚市立木島小学校が見える場所まで行ってください。校舎の西側に三ツ松大橋に続く道があるので、239号線が見えるまで直進。さらに直進すると左に産経新聞水間販売所が見えてきます。この道を直進し、Y字路が見えてきたら右に曲がってください。しばらく進むと右に貝塚結核病院跡地が見えてきます。

近くには駐車場も無いので、できるだけ電車で行くようにしてください。その際の注意点は、市立貝塚病院と場所を混同しないこと。貝塚駅から近いので誤解される人も多く、現在運営している施設は貝塚結核病院とは無関係です。

貝塚結核病院
住所:
大阪府貝塚市橋本1175番地
電話番号:
不明
アクセス:
森駅より徒歩15分
定休日:
無し

心霊スポット「貝塚結核病院」での噂:1 男性の叫び声や足を掴む手

貝塚結核病院に廃墟巡りや肝試しで訪れた人の体験談で一番多く聞かれるのが、男性の叫び声や呼び声が聞こえたという噂。

病院の中を歩いていると「おーい」と呼ぶ声や、「帰れ!」と叫ぶ声が聞こえたという体験談が本当に多くあります。当時結核に苦しみながら亡くなってしまったたくさんの患者の一人の声かもしれませんね。

また実際に貝塚結核病院の廃墟を訪れた人の中には、足を掴まれたという体験談も多くあるのが特徴です。貝塚結核病院の廃墟には、手術室や霊安室、手術道具などがそのままの状態で放置されていたということですから、突然足を掴まれるという経験はより恐怖を感じてしまう人も多くいることでしょう。

心霊スポット「貝塚結核病院」での噂:2 昼でも暗い手術室

貝塚結核病院は昼間でも中が暗く、懐中電灯がないと歩けない危険な場所。病院内には手術室や霊安室、レントゲン、ベッドなどの医療器具が当時のまま残っていたそうです。ただし、貝塚結核病院を訪れた人の中には残っているはずの霊安室を見つけることができなかったという人も多数いました。 

また貝塚結核病院は閉院後ずっと放置され廃墟となったことから、周りに雑草が生茂りその姿がさらに恐怖を駆り立てていたと言われています。

そして周囲も森のようになってしまっていたことから、夜に訪れると周囲の様子が全くわからず、肝試しや廃墟めぐりで貝塚結核病院を訪れた人を迷わせ怖い体験をさせていたと言えるのではないでしょうか。

心霊スポット「貝塚結核病院」での噂:3 幽霊を成仏させるための環境整備

これだけ心霊現象が起きているので、それらを成仏させようと神社なども建立してきました。しかし観光地としての魅力もなく、2000年になっても土地の買い手がいなかったようです。そこで整備されたのが現在の政策が反映された医療機関と学務機関の設置。貝塚結核病院近くには、関西医療大学を始めとした複数の医療機関や、小学校や中学校を建設したそうです。

またあくまでも噂に過ぎませんが、建造物の一部は逆柱になっていたそうです。逆柱は、あえて不完全な建造物にすることで災いを避けるという意味が込められており、日本国内の歴史的建造物の一部にもこの柱が確認されています。不完全な建物を残すことで土地の平穏を保とうとしているのではないかという説があります。

心霊スポット「貝塚結核病院」の現在

現代の医療で結核はほぼ確実に治療できることと、大阪府の教育機関や医療機関の運営方針転換により、貝塚結核病院は取り壊されており、新規開発事業が開始されています。しかしその歴史も2009年からと比較的新しく、この決定が下され工事着工までにも数々の心霊現象が発生したことが噂されています。

現地に行ったとき、今回紹介した以外の心霊現象をもし貴方が確認したら、それはこれから始まる惨劇を予知した幽霊からの警告かもしれません。そのときは、幽霊達に現代の貝塚市を観光案内するつもりで接してあげてください。もしかしたら、幽霊達は新しく開発された街に安心感を覚えて成仏するかもしれません。もし、いい加減な観光案内をして、幽霊達を怒らせてしまっても責任は負えないので、くれぐれも安全に配慮した上で心霊スポット巡りをしてください。

「貝塚結核病院」の跡地にきたら歴史に想いを馳せてみては?

貝塚結核病院跡地は、徳川家康をはじめとした戦国武将の関係資料などが眠っている場所で、歴史探訪も可能!有名なのは大阪城近くにある石山本願寺跡地でしょう。織田信長の侵攻によって現在は焼失していますが、跡地と分かるだけの資料が当時の場所に残っているため、観光名所になっています。谷町四丁目駅からのアクセスも良いので、大阪見物に行く人はぜひ行ってみましょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード