カリブ海バミューダ島・ホースシューベイ特集!目の前に広がるピンクビーチの絶景

13,397

views

0

何ここ、なんでピンク??砂浜に降り立つとなんともかわいらしいピンクの砂浜が広がるバミューダ島のホースシューベイ。なんでもピンク色のサンゴのかけらが何年もかけて堆積したものだそう。カリブ海のエメラルド、真っ青な空にピンクの浜辺のコントラスト。もう息をのむほどの光景です。

バミューダ島ってどこにあるの?どこの国?

バミューダ(Bermuda)は、北大西洋にある諸島でイギリスの海外領土である。イギリスの海外領土の中でも、政治的・経済的な自立度が高い。金融部門と観光産業に支えられており、2005年には、一人当たりのGDPが$76,403となり世界で最も高い数値を記録した。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%80%E8%AB%B8%E5%B3%B6

なんと砂がピンク色!

そう、ここバミューダ島のホースシューベイは砂浜の砂がなんとピンク色なのです。この空とエメラルドの透明なカリブ海、そしてなんともかわいらしいピンクの砂浜。なんだか絵本のページをあけたよう。

砂をよーく見てみると…。たしかにピンク色のものがたくさん混ざってる!!

ここ、カリブ海に浮かぶバミューダ島は、島自体サンゴが堆積してできたもの。こちらの砂浜にはピンク色のサンゴの含有率が高く、こうしてピンク色の砂浜になるんだとか。ちなみにカリブ海のサンゴ礁は世界で2番目に大きいもの。

サンゴ礁に加えてこの美しい魚。ダイビングするのも素敵ですね。

何ここテーマパーク?

そして一歩街にでると、なんともまあ、かわいらしい街並みが。これはまるでテーマパークでも散策しているかのような錯覚にとらわれますが、これはれっきとしたバミューダ島の人々が生活している街。この島に住める人々がうらやましい。

ため息がでそうなほど良くできた、というかできすぎな街並み。

同じ地球に住んでいてこうも環境がちがうものか…。日本と。

この街並みで、近くにはこのビーチですからね。そして市民の意識の高いことに、旅行者には車はレンタルしないそう。レンタカーでない、レンタルバイク。それはすこしでも空気や環境をよごさないようにきれいに保つため。当然、旅行者も協力しなければなりません。

ここには、ニューヨークから訪れる人が多いのですが、それももうなずけますね。ゆっくり時間が流れていて、そして美しい空と海に加えてこの街の美しさ。都会の喧騒から逃れてこんなところでのんびりしたい。

じつはそんなに遠くない!ニューヨークから2時間!

ここバミューダ島はニューヨークの人やニューヨークを訪れる人がクルーズで立ち寄ったりすることはよく聞くのですが、じつは同じくニューヨークから飛行機だったら2時間でついちゃうんです。日本からグアムに行くのより近い!欧米人からしたら、憧れの島でもあるようで、欧米からの旅行客がたくさん。

あぁ癒されますね。

バミューダ島(Bermuda Islands)
アクセス:
ニューヨークから2時間
おすすめの時期:
通年

このカリブ海に浮かぶサンゴ礁の島バミューダ島、いかがだったでしょうか。カリブ海のサンゴ礁はオーストラリアのグレートバリアリーフに次いで世界で二位の大きさを誇ります。そんな大きなサンゴ礁に抱かれて、世の中にはこんなに夢みたいな島があるんですね。砂浜はピンク、街はまるでおとぎ話のよう。そして、なんともうらやましいことに、多くの人がここで生活している!こんな島に一度行ってみたいと思いませんか。ニューヨークからわずか2時間の飛行。しばらくアメリカ東海岸あたりに滞在する予定がおありなら是非一度。いや、日本からわざわざでも是非行ってみたい、そんな島です。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
新着記事