【ニュージーランド】ダニーデンの観光スポット5選!人気の街並みを歩いてみよう

5,312

views

0

ニュージーランドの南島オタゴ地方にあるダニーデンはオタゴ大学があることから学園都市と呼ばれる街。スコットランド移民が開拓して出来た街でもあり「ニュージーランドのエディンバラ」と言われるほどヨーロッパ風の歴史的建造物が立ち並んでいます。人気の街並みをご紹介します。

①ラーナック城(Larnach Castle)

ラーナック城はニュージーランドに1つだけあるお城で、広い庭園と併設しているキャンプやロッジに泊まることが出来ます。
建てたのは大富豪兼政治家でもあったウィリアム・ラーナックという方。
奥さんと一緒に住むために建てたようです。

内部は一部公開されていて、アンティークのコレクションを見ることもできます。
中にあるカフェでは地元産のワインやビールもあり、お茶も楽しめますよ!

14ヘクタールもある敷地にはそこにしか咲いていない植物もあり、日本語解説付きなので読みながら散歩してみてはいかがでしょうか?
市内から城までは1日2回シャトルバスが運行しています。

ラーナック城(Larnach Castle)
住所:
145 Camp Road, Dunedin, New Zealand
営業時間:
9:00~17:00
ガーデンのみ9:
00~19:00(10月1日~3月31日)
カフェ 9:
00~16:00
アクセス:
ダニーデン中心街から車で約20分
定休日:
なし
電話番号:
03-476-1616
料金:
入場料 大人$28 子供(5~14歳)$10
         庭園のみ 大人$13.50 子供$4
    キャンプ一泊$155
    ロッジ一泊$260     
おススメの時期:

②ダニーデン駅(Dunedin Railway Station)

20世紀始めに建てられ、フランダース・ルネッサンス様式のレンガ作りの外観は歴史的建造物として認定されています。
人気の撮影スポットでもあり、電車に乗らなくても散歩がてら訪れてほしい場所ですよ!

内部にはステンドグラスや75万枚ものロイヤル・ドルトン製の床タイルがあり、見る価値があります。
列車が行き来する以外にも1階にはレストラン、2階には無料のアートギャラリーもあります。
レストランからは列車がプラットフォームに到着するところが見れますよ。

プラットホームは全長1キロメートルもあり、ニュージーランド内で最長!
毎年10月にはこの長いプラットフォームでファッションショーが開かれ、モデルさんが歩きます。
現在はタイエリ峡谷鉄道のみが運行。

ダニーデン駅(Dunedin Railway Station)
住所:
Dunedin Railway Station, Dunedin, 9016 New Zealand
アクセス:
オタゴ博物館から徒歩16分
定休日:
なし
電話番号:
03-477-5517
料金:
無料
おススメの時期:
通年

③ファースト教会(First Church Of Otago)

1873年から6年がかりで建てられた教会で、60メートルの尖塔がそびえたちます。
この尖塔にはオタゴ地方のオアマル砂岩を使って作られているんだそうですよ!
重要文化財に指定されています。
敷地内はとても広く緑が満載!

内部の天井はニュージーランド原産であるトタラ木を使った伝統的なゴシック様式になっています。
ステンドグラスやパイプオルガンも見所!
外観はしっかりとした印象ですが、中に入ると優しく暖かみのある印象になりますよ。

祭壇正面にはバラ窓があり、ここで結婚式を挙げることも可能!
どの角度から見ても美しい教会を訪れてみてくださいね。

ファースト教会(First Church Of Otago)
住所:
415 Moray Place, Dunedin
営業時間:
10:00~16:00
アクセス:
ダニーデン駅から徒歩7分
定休日:
なし
電話番号:
03-477-7118
料金:
無料
おススメの時期:
通年

④セント・ポール大聖堂(St. Paul's Cathedral)

ダニーデン中心地にある1919年に建てられた教会。
英国国教会に属し、外壁に白いオアマルストーンが使用されています。

窓には美しいステンドガラスがはめ込まれており、第一次世界大戦で亡くなった人たちを追悼する為に作られた窓と、ダニーデンの窓がおススメ!
教会の中にあるパイプオルガンの音色を聞きながら見るといいかもしれませんよ。
パイプオルガンも3,500以上のパイプがあるというのだからすごいですよね!

ステンドガラスの他にゴシック様式の2つの尖塔が見所で、大聖堂内のアーチ型の高い天井も見上げてみるといいですよ。

セント・ポール大聖堂(St Paul's Cathedral)
住所:
228 Stuart St, Dunedin, 9016 New Zealand
営業時間:
10:00~15:00
アクセス:
オクタゴン広場から徒歩1分
定休日:
なし
電話番号:
03-477-2336
料金:
無料
おススメの時期:
通年

⑤オルベストン邸(The Olveston Historic Home)

ロンドンの建築家であるアーネスト・ジョージ卿により設計され、1904年~1906年の2年かけて建設されました。
このお家はデビッド・セミオンとその家族たちのために建てられたお家。
1967年に邸宅博物館として開館しました。

現在もセミオン一家が暮らしていたままで保たれています。
デビッドが集めたアンティークや食器、絵画などが展示。

出典: dunedinnz.com

丘の上を登っていくので邸宅からの見晴らしもよく、緑や花がたくさんあります。
内部の見学はガイドツアーのみ可能で、庭園とギフトショップは無料で見学できます。
ガイドツアーは1時間ほどで、インターネットで予約してください。
ちゃんと日本語で案内してくれますよ!

オルベストン邸(The Olveston Historic Home)
住所:
42 Royal Terrace, Dunedin
営業時間:
9:00~17:00
アクセス:
オクタゴン広場から徒歩15分
定休日:
クリスマス、グットフライデー
電話番号:
03-477-3320
料金:
大人$18.50 子供$9.50
おススメの時期:
通年

終わりに・・・

スコットランド移民が開拓したという街なので、ヨーロッパ風の建物が多いんですね。
アンティークからゴシック様式の教会など歴史的背景を感じるものばかり。
ぜひ建物の壮大さを写真におさめて、旅行の思い出にしてくださいね!

maporinn

海外旅行、国内旅行どちらも大好き!一人でふらっと海外に行けたらいくことも。
英語が好きでイギリスには留学経験もあり。
色々な国に行って見たいです!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事