東京・国立市で天然温泉!湯楽の里で気軽にリラックス

1,898

views

0

東京都西部の多摩地区にある国立市は都心からのアクセスも抜群!天気の良い日には富士山を見ることもできます。そんな国立市に天然温泉の露天風呂が楽しめる場所があるのです。今回は都内で富士山を見ながら温泉が楽しめる湯楽(ゆら)の里をご紹介します。

国立市の多摩川沿いにある温泉

東京都国立市の多摩川が開放的な景観をつくる通り沿いに、『国立温泉 湯楽の里』はあります。この温泉は2011年の11月にオープンしたばかりで、まだ新しい建物の雰囲気を感じさせてくれます。

看板は街のシンボル多摩川をあしらったモダンテイストなデザインです。建物自体はシンプルな公共施設を思わせるデザインですが、『湯楽の里』のところどころにはハッとするようなデザインが使われています。

エントランスはいかにも銭湯といった趣ながらも、やはりどこかモダンなテイストが感じられます。東京で温泉に行きたいけれども、古臭いところは嫌だという人にも、安心しておススメできる雰囲気です。

内湯には高濃度炭酸泉が

内湯では、市販の炭酸入浴剤の10倍の炭酸濃度をもつ高濃度炭酸泉に入ることができます。
このお風呂につかると、皮膚から吸収された大量の二酸化炭素を薄めるために、全身の血管が拡張します。その結果、全身の血行がよくなり、指の先まで温まるという科学的な理論に基づいたお風呂になっています。

また、炭酸泉は弱酸性なので、毛穴を引き締め、ふろ上がりにはスベスベになった肌を実感することもできます。健康と美容に良い炭酸泉ですが、『湯楽の里』のように高濃度な場所はなかなかありませんので、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

富士山を眺められる露天風呂

展望露天風呂からは、天気の良い日に限られますが、富士山を眺めることができます。空気の澄んだ東京郊外だからこそ見られる美しい光景です。風呂につかりながら日本を代表する絶景を見られるなんて贅沢ですね。

出典: spatama.com

夕方の富士山というのも、特に空気が澄んだ日に限られますが、美しい姿をあなたの前に表してくれます。そびえるシルエットがつくる雄大なボディラインに何かを感じ取ってみてください。

海鮮メニューが充実のお食事処

お食事処では、特に海鮮ものが充実しています。また座席には、座敷席とテーブル席があります。そのため、自分たちの好みにあった席を選ぶことができます。くつろぎたい時には、座敷席があるお店ってありがたいですよね。

お食事処の窓からも富士山を眺めることができます。とはいえ、全部の窓から見られるわけではないので、富士山を見ながら食事をしたい場合には、混雑する時間帯は避けたほうがよいでしょう。

定食としては、刺身から丼ものまでついたボリュームたっぷりのものもあります。お肉もお魚も食べたい時ってありますよね。そんな時にも迷わなくてすみそうです。

鯵を「たたき」と「なめろう」にしてご飯にのせた丼ものもあります。ありきたりの丼や海鮮だけでなく、小技の利いた料理もあるのがうれしいところです。

定番の珈琲牛乳ももちろんあります♪

国立温泉 湯楽の里
住所:
東京都国立市谷保3143-1 フレスポ国立南内
営業時間:
9:00~翌1:00
アクセス:
JR南武線「矢川駅」、多摩モノレール「万願寺駅」各駅より徒歩約15分
定休日:
なし
電話番号:
042-580-1726
料金:
(平日)大人820円、小人410円
(土・日・祝日)大人930円、小人510円
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 府中駅前天然温泉「縄文の湯」で黒湯に入ろう!露天風呂は景...

    国内トップクラスのG1レースが見られる東京競馬場といえば、競馬好きにとってはまさに聖地。その競馬場があるのは府中駅ですが、その駅のすぐ前に縄文時代をテーマにした健康ランドがあります。健康ランドとはいえ、ここで沸いているのは良質な「黒湯」です。

  • UMAJOって?グルメもアスレチックも!東京競馬場のさらなる魅...

    UMAJO(うまじょ)という言葉を聞いたことはありますか?馬と女子をかけ合わせた造語ですが、近年では女子が競馬場に足を運ぶきっかけを作ったのがUMAJOだったんです。東京競馬場では、馬好き女子を迎え入れるイベントや、多くの集客をするための多彩な仕掛けを提供しています。今回はちょっと競馬場に行ってみようかなと思えるような、東京競馬場の魅力をご紹介したいと思います。

このエリアの新着記事
  • 府中駅前天然温泉「縄文の湯」で黒湯に入ろう!露天風呂は景...

    国内トップクラスのG1レースが見られる東京競馬場といえば、競馬好きにとってはまさに聖地。その競馬場があるのは府中駅ですが、その駅のすぐ前に縄文時代をテーマにした健康ランドがあります。健康ランドとはいえ、ここで沸いているのは良質な「黒湯」です。

  • UMAJOって?グルメもアスレチックも!東京競馬場のさらなる魅...

    UMAJO(うまじょ)という言葉を聞いたことはありますか?馬と女子をかけ合わせた造語ですが、近年では女子が競馬場に足を運ぶきっかけを作ったのがUMAJOだったんです。東京競馬場では、馬好き女子を迎え入れるイベントや、多くの集客をするための多彩な仕掛けを提供しています。今回はちょっと競馬場に行ってみようかなと思えるような、東京競馬場の魅力をご紹介したいと思います。

この記事のキーワード