中米の秘境ニカラグア・首都マナグアのおすすめ観光スポット6選!先住民文化が今も息づく魅惑の町へ

6,202

views

0

中米に位置するニカラグア。「私はニカラグアマニアです!」と胸を張って言える日本人はそう多くいないでしょう。そんな知る人ぞ知る国ニカラグアの首都マナグアには、魅力的な観光スポットが数多くあるのです。マナグアを知ればニカラグアはもちろん、中南米への興味が深まるはず。マナグアの観光名所を巡ってみましょう。

旧マナグア大聖堂

マナグアの最初の見どころは大聖堂。といっても、マナグアにはなんと新旧2つの大聖堂が存在するのです! まずは、旧大聖堂から見てみましょう。2本の鐘楼が特徴的な大聖堂ですが、現在は使われていません。というのも、1972年の大地震で一部が崩落してしまったからです。とはいえ、外観は大聖堂の名にふさわしく、堂々としたたたずまい。中南米の各地にある大聖堂と比べても、まったく引けを取らない美しさです!

旧マナグア大聖堂(Antigua catedral de Managua)
住所:
2a Avenida N.E, Managua
アクセス:
革命広場正面
現在は閉鎖中

マナグア・メトロポリタン大聖堂

新しい大聖堂はというと、こちらが何とも言えない不思議な形をしているのです。巨大な石の塊の上に、モコモコっとした丸い突起物がピラミッドを形作っています。1991年に着工して、1993年に完成した大聖堂。モダンテイストが加わった大聖堂として、世界から注目を浴びているのです。中南米広しと言えども、これほど独特な大聖堂はほかでは見ることができません。

こちらは空から見た新大聖堂。建築設計はメキシコ人の建築家リカルド・レゴレタ・ビルチス(1931-2011)で、丸い小さな突起物は、従来の大聖堂で言うと丸天井に当たるそうです。ちなみにこの丸い突起物は全部で63個あります。ユニークな形をした大聖堂は、マナグア復興の象徴として、マナグア市民、そしてニカラグア国民に広く愛されている建造物なのです。

マナグア・メトロポリタン大聖堂(Catedral Metropolitana de Managua)
住所:
14 Av Sureste, Managua
アクセス:
バス停「メトロセントロ」(Metrocentro)から徒歩およそ5分
見学時間:
火曜日~土曜日 7:00~ 18:00、日曜日 8:00~18:00
       *上記の時間帯はミサも行われています。

マナグア湖から火山を眺める!

マナグアは湖畔に位置する都市。周辺にはマナグア湖をはじめ、ニカラグア湖もあります。琵琶湖より大きいマナグア湖からは、噴煙を上げるモモトンボ山(Momotombo)の雄姿が! マナグア周辺には、スペイン人が到来する以前から先住民が暮らしていたとか。マナグア湖の別名は、先住民の言語に由来する「ショロトラン湖」(Lago Xolotlán)。この名前を聞くだけで、マナグアの歴史の深さをうかがい知ることができるでしょう。

マナグア湖の周辺には遊歩道が整備され、レストランやカフェが揃う一大観光スポットになっています。わらぶき屋根のベンチが建ち並ぶなど、湖畔はどことなくエキゾチックな雰囲気が漂うエリア。湖から吹く穏やかな風を感じながら、散歩をしてみるのも楽しい思い出になります。

マナグア湖(Lago Managua)
住所:
Managua, Nicaragua
アクセス:
マルサ・ケサダ地区のミニバス乗り場から乗車しておよそ5~10分
湖畔の遊歩道へは24時間立ち入り可能

マナグア市民の台所――ロベルト・ウエンベス市場

日常雑貨から生鮮食品まで、生活必需品なら何でも揃うのがロベルト・ウエンベス市場。地元の買い物客でいつも賑わっています。マナグア近郊で収穫された新鮮な野菜は色が鮮やかで、いかにも味が濃そう! 食糧は基本的に量り売り。

買うものがなくても、中を散策してみましょう。
マナグア市民の生活ぶりを垣間見る、いい機会になります。

ロベルト・ウエンベス市場へ行くなら、ぜひ民芸品のお店をのぞいてみましょう。先住民の末裔が今でもマナグア周辺には暮らしていて、民芸品が売られているのです。

織物から陶器、はたまたカウチまでも、先住民の伝統的な手法で飾りが施されています。

ペルーやメキシコなど、中南米には先住民の文化が今も息づいていますが、マナグアもまたそうした豊かな文化が花開いた地なのです。

ロベルト・ウエンベス市場(Mercado Roberto Uembes)
住所:
Pista de La Solidaridad, Managua
アクセス:
バスターミナルの隣
営業時間:
店舗ごとに異なり、9:00~18:00が目安となる営業の時間帯

ニカラグア芸術に親しもう!――ルベン・ダリオ国立劇場(Teatro Nacional Rubén Darío )

この劇場へ行く目的は2つ。ルベン・ダリオについて知ること。そして、ニカラグアの芸術に親しむことです。ルベン・ダリオはニカラグアが生んだ大詩人。中南米を越えてスペインでも高く評価されているとか。劇場の前は公園になっていて、ダリオの石像が建っています。この詩人の存在を知っているだけで、ニカラグアの知的伝統に触れた気分になるでしょう。もちろん、スペイン語が分かる人は詩作品に挑戦してみてください。

ルベン・ダリオ国立劇場の収容人数はニカラグアで最大規模。およそ1100席です。場内の展示スペースでは、ニカラグアを代表する現代アーティストの作品が展示されています。絵画なら、スペイン語が分からなくても問題なし。積極的に中をのぞいてみましょう。ヨーロッパでもアメリカでも見られない、オリジナル色あふれる作品に出会うことができるはずです。

ルベン・ダリオ国立劇場(Teatro Nacional Rubén Darío )
住所:
Barrio Ruben Dario, Managua
営業時間:
9:00~17:00
アクセス:
マルサ・ケサダ地区のミニバス乗り場から乗車しておよそ5分~10分
電話番号:
2222 3630

いかがでしたか? モダンな大聖堂あり、火山を望める湖あり、先住民の伝統工芸を扱う市場ありと、マナグアには見るべき観光スポットが詰まっています。ペルーやメキシコ、はたまたアルゼンチンなど、中南米観光が好きな人は大勢いるはず。次はマナグアを訪れて、ニカラグアの魅力に触れてみましょう!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
新着記事