ハノーファーの人気観光スポットまとめ!おすすめ観光スポットをご紹介

6,834

views

0

「ハノーファー」は、ドイツ北西部に位置するニーダーザクセン州の州都。17世紀にハノーファー公国の首都となり、産業も文化も発展してきました。今や世界最大の見本市が開かれる街として有名です!街の中心に森や湖を要し、四季折々に美しい顔を見せてくれる「ハノーファー」。早速散策してみましょう!

ハノーファ―とは

ドイツ北西部、ライネ川流域に佇む街。ハノーファー王国の選帝侯ゲオルク1世が、1714年にイギリス王を兼任したため、街にはイギリス風の庭園・建物が残っています。「緑の中の大都市」と称されるほどで、世界最大の国際見本市「ハノーファー・メッセ」の開催地としても有名です。

観光案内所
住所:
Ernst-August-Platz 8, 30159 Hannover
アクセス:
ICE特急でハンブルク中央駅から約1時間15分、ベルリン中央駅から約1時間40分
営業時間:
月~金9:00~18:00、土・日・祝10:00~15:00
休業日:
11~3月の日・祝
電話番号:
0511-12345111

ハノーファーの観光名所① - 市庁舎 (Rathaus)

1913年に建てられた宮殿のような市庁舎。1階の吹き抜け部分のホールから、ハノーファーの歴史に関する品々が展示されていて、天井のドーム部分は、ドームの形に沿うように設置された世界でも注目のエレベーターがあります!とても珍しく、斜めになっているのでスリリングです!

市庁舎 (Rathaus)
住所:
Trammplatz 2, 30159 Hannover
開館時間:
エレベーター 月~金9:30~18:30、土・日10:00~18:30
休館日:
冬期
料金:
€3(エレベーター)
電話番号:
0511-1680
アクセス:
中央駅からM1、M2の市電でRathaus下車すぐ

ハノーファーの観光名所② - ヘレンハウゼン王宮庭園 (Herrenhäuser Gärten)

1714年に夏の離宮であったヘレンハウゼンを、時の選帝侯妃ゾフィーにより巨大なバロック式の庭園に造り替えられました。4つの庭園から成っており、特にヨーロッパ庭園イチの高さを誇る大噴水とグローサー・ガルテン(大庭園)は必見!幾何学模様に並んだ花壇や彫刻、噴水までも美しく配置されています。

ヘレンハウゼン王宮庭園 (Herrenhäuser Gärten)
住所:
Herrenhäuser Str. 4, 30419 Hannover,
開館時間:
5~8月 9:00~20:00、4・9月9:00~19:00、3・10月 9:00~18:00、11~1月 9:00~16:30、2月 9:00~17:30 噴水は4~10月初旬のみ
料金:
€8、冬期は€6
アクセス:
中央駅から地下道に入りUバーン4または5でHerrenhäuser Gärten下車

ヴィルムヘルム・ブッシュ博物館 (Wilhelm-Busch-Museum)

ヘレンハウゼン王宮庭園 ゲオルデン・ガルデン内にあるドイツ風刺画の変成を知ることができる貴重な博物館。絵本「マックスとモーリッツ」 の作者であるドイツ人画家のヴィルヘルム・ブッシュの作品が、多数展示されています。

メルヘンに満ち溢れている「グリム童話」も、実は悲惨な原話が元になっていますが、「マックスとモーリッツ」はというと・・・最期が悲惨すぎです!

ヴィルムヘルム・ブッシュ博物館 (Wilhelm-Busch-Museum)
住所:
Georgengarten, 30167 Hannover
開館時間:
火~日11:00~18:00
休館日:
月、12/24・31
料金:
€6、学生€4
電話番号:
0511-16999911
アクセス:
Uバーン4または5番でWilhelm-Busch-Museum下車

ハノーファーの観光名所③ - アルフェルトのファグス靴型工場 (Fagus-Werk, Alfeld)

ヴァルター・グロピウスとアドルフ・マイヤーにより設計され、1913年に完成した靴型工場。大きなガラスを沢山使って作られた外観は、工場内で働く人のことを考えて自然光をふんだんに取り入れられるつくりになっています。劇的に労働環境が良くなった設計が、世界中で注目されました。現在も現役で稼動していますよ!

2011年に世界遺産に登録されました。工場に隣接の大倉庫が展示室になっていて、一般に公開されています。

アルフェルトのファグス靴型工場 (Fagus-Werk, Alfeld)
住所:
Hannoversche Str. 58, 31061 Alfeld (Leine)
アクセス:
ハノーファーからME(私鉄、鉄道バス有効)で約35分、アルフェルト下車、駅から工場へはHannovershe Str.を北西へ約500m
◇ファグス・グロピウス展示室
開館時間:
月~日10:00~16:00
料金:
€5
電話番号:
05181-790

ハノーファーの観光名所④ - ヴォルフスブルク (Wolfsburg)

出典: www.auto.de

ハノーファーから特急で約30分の町。日本でも有名な自動車、フォルクスワーゲンの本社を構えています。この町を訪れたら、是非行っていただきたいスポットが「アウトシュタット」と呼ばれる複合施設。

遊園地や博物館、ホテルまで揃っていて、しかもそれらが全てフォルクスワーゲン本社の敷地内にあるというから驚きです!
車の出来る工程を実車を使って解説されたり、ベントレー、ランボルギーニなどVW傘下の名車がずらりと展示されていたりと、じっくり見ていくうちに大人も子供も自動車博士になれそうなくらいの充実ぶり!フォルクスワーゲン社の自動車愛をふんだんに感じられるスポットです。

ヴォルフスブルク (Wolfsburg)
住所:
Stadtbrücke, 38440 Wolfsburg
ヴォルフスブルクまでのアクセス:
ハノーファーからICE特急で約30分
◇アウトシュタット
営業時間:
9:00~18:00
休業日:
12/24・31
料金:
€15、学生€12
電話番号:
0800-288678238
アクセス:
ヴォルフスブルク駅から徒歩約5分

ハノーファーは、フランクフルトやミュンヘンなどの主要都市へのハブ都市として知られています。ハブ都市ならではの立ち寄り方もあって、旅行プランが組みやすい都市でもあります。ドイツ旅行の思い出を添えに、ハノーファーへ降り立って巡ってみてはいかがでしょうか?

maorun

旅行と食べ歩き大好きの神戸っこです☆センス溢れる記事を目標に頑張ってます!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事