東京の離島・神津島の観光スポット&見どころ3選!週末にフラっと行ける行き方も!

3,179

views

0

みなさん、神津島をご存じですか?東京から簡単にアクセスでき、マリンスポーツや登山などを楽しむことができる観光にはぴったりな島です。東京都に属していますが、島独特の素朴な雰囲気と多くの自然で心を癒やしてくれるでしょう。今回は神津島の魅力を余すことなくお伝えします。

神津島って?

神津島は、伊豆諸島の島の1つで東京都神津島村に属している小さな島です。美しい海、きらきらと輝く白い砂から別名ダイヤモンドアイランドと呼ばれています。また、伊豆諸島の中央に位置する神津島は、神々が話し合いに集まったという伝説が残っており「神々の集いし伝説の島」とも。

神津島
住所:
東京都神津島村
アクセス:
次の項目の神津島への行き方を参照
電話番号:
4992-8-0011(神津島観光協会)

神津島への行き方

神津島へ行く方法は4つ。1つ目はカーフェリー、2つ目はプロペラ機、3つ目は高速ジェット船、4つ目は大型客船です。カーフェリーならば下田港から一晩、プロペラ機ならば調布飛行場から45分、高速ジェット船なら東京または熱海から2時間から3時間、大型客船なら東京から10時間ほどかかります。
次に、神津島の観光スポットをご紹介します。

赤崎遊歩道

神津島の代表的な観光スポットといえば、赤崎遊歩道!赤崎海岸の岸壁に設置されている木造の遊歩道ですが、アップダウンの激しさや、対岸をつなぐ大きな橋はまるでアクティビティのようですね。高さ約5メートルもあるこの橋の真ん中から、度胸試しに海へと飛び込む人もいるそうです。

しかし、海へと飛び込んでみたいけれど、この橋の高さから飛び込むのはこわい…という人もいると思います。そんな人でも大丈夫!わざわざ橋から飛び込まなくても飛び込み台があります。飛び込み台は数種類用意されていて、その高さはさまざま。一番低いところなら小さな子供でも飛び込める高さなので、子供連れでも安心です。

水の透明度が高く波も静かなため、穏やかにシュノーケリングを楽しむことができます。いろいろな種類の魚がたくさん泳いでいる様子を観察できる絶好のチャンス!

水中眼鏡とシュノーケル、足ひれの3点セットをレンタルしていたり、シュノーケリングの講習もやっているお店があったりと、シュノーケリング初心者でも楽しめるサービスが充実しています。また、常にライフセーバーが待機しているので安心して泳ぐことができますね。

橋を渡り、岩場の方へ行くと3層のデッキがあります。階段を下りれば入り江に行くことができますが、階段を上ればその先は展望デッキのようになっていて、太平洋を一望できます。また、夕方になれば太平洋に沈む美しい夕日を見ることも。

赤崎遊歩道
住所:
東京都神津島村
アクセス:
神津島港からバスで約15分
定休日:
無休
電話番号:
4992-8-0011
料金:
無料

天上山

神津島のほぼ中央にある山は、天上山です。花の百名山や新東京百景、本百名山にも選ばれていて、登山のためだけに神津島を訪れる人もいるほど人気がある山だそう。高山植物や四季折々の花々、草原や天然池など変化に富む登山コースとなっており飽きることはありません。

頂上付近には、裏砂漠、表砂漠と呼ばれる場所があります。裏砂漠も表砂漠も白い砂、白い岩が一面に広がっており、まるで別世界に迷い込んだような神秘的な空間ですね。表砂漠には多くのベンチが置かれており、休憩スポットとなっています。裏砂漠には展望地もあり、晴れていれば最高の絶景スポットです。

標高は572メートルと高くはないものの、360度の展望を楽しむことができます。天気が良ければ頂上からは富士山が見えることも!

天上山
住所:
東京都神津島村
アクセス:
神津島港から車で約5分(黒島登山道)、神津島港から車で約20分(白島登山道(6合目))、神津島港から車で約5分(白島登山道)
定休日:
無休
電話番号:
4992-8-0011
料金:
無料

温泉保養センター

温泉保養センターは内湯、大露天風呂、小露天風呂、展望露天風呂がある神津島唯一の温泉施設です。自然の岩を利用してつくられた温泉は、開放感抜群!岩場を利用した大露天風呂は、広さが275平方メートルもあり100人以上入ることが可能です。

昼は広大な海を、夜は満点の星空を眺めながら、体を温め、疲れをとることができる良い事尽くしの温泉ですね。

温泉保養センター
住所:
東京都神津島村字錆崎1-1
営業時間:
10:00~21:00(閉館1時間前最終受付)
アクセス:
神津島港からバスで約7分
定休日:
水曜日(夏期、ゴールデンウイーク、年末年始は営業)
電話番号:
04992-8-1376
料金:
大人800円、子供400円、タオル150円、バスタオルレンタル150円、浴衣レンタル500円

神津島についてご紹介しましたが、いかがでしたか?東京から簡単にアクセスでき、シュノーケリングや登山など普段体験することのない楽しみがあなたを待っています。日々の疲れをリフレッシュするためにぜひ神津島を訪れてみてください。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
新着記事