岩手県八幡平市安比高原で夏休みの楽しみ方8プラン!ワクワクに溢れた一大高原人気スポット

4,870

views

0

安比高原といえば冬のアクティビティで訪れる場所のイメージが強いですが、夏もいろいろなイベントやアクテビティが用意されているんですよ。今回は、そんなとっても楽しい夏の安比高原をご紹介します!

安比高原基本情報

安比高原(正式には安比高原スキー場)は、岩手県八幡平市に存在しています。日本の中でも大きめのゲレンデを持っており、ナイター設備もあるためスキーやスノーボードをする人たちの中では人気のスポットです。

安比高原
住所:
岩手県八幡平市安比高原117
アクセス:
青森方面からの場合 安代ICから車で約20分
東京方面からの場合 松尾八幡平ICから車で約15分
電話番号:
0195-73-5111(9:00~17:00)
定休日:
無し
※料金、営業時間は施設により異なるため公式ホームページで要確認

安比高原の花火大会

安比高原では、冬だけではなくゴールデンウィークにも花火大会が行われます。毎年たくさんの人たちで賑わい、泊まりがけで行く人も。少し遠いところから訪れる場合は、日帰りだと少し疲れてしまうかもしれないので、一泊するのがオススメ。

バター作り体験

暖かい季節に人気のアクティビティーの一つ、バター作り体験。安比高原牧場でとれた、新鮮な牛乳を使い、期間限定ではありますが、家族と一緒にバターを作ることができます。夏から秋にかけてのイベントなので、気になる方は問い合わせてみてくださいね。料金は1つ600円です。

ゴンドラ遊覧

安比ゴンドラ遊覧は、全国100カ所以上にある”ゴンドラやロープウェイからみえる絶景100選”の第4位になったそうです。山頂からは、遊歩道伝いに前森山の山頂へ向かうことができます。ゴンドラで景色を味わい、その後は森の中をトレッキングすることで、大自然を大満喫!山頂からの景色は絶景ですよ。

大工さんが創ったゆうえんち・ジップスライダー

出典: 1080.plus

安比高原の中には、『大工さんが創った遊園地』というエリアがあり、その中にはたくさんのアクティビティが設置されています。このジップスライダーは、全長100メートルの距離を空中移動できる、ドキドキワクワクなアクティビティです。

大工さんが創ったゆうえんち・トロッココースター

こちらも大工さんの創ったゆうえんち内にあるアクティビティ。トロッココースターは、スピードに乗って山頂から滑り降りるというアトラクションです。親子で乗ることができるので、一緒にスリルを味わってみませんか?

安比高原の天然ホタル観察会

安比高原の周辺では、なんと自然のホタルをみることも。7月からホタル鑑賞ツアーが行われており、大人気なので、すぐに定員になってしまうことも。蚊に刺されないように、長袖長ズボンで行ってくださいね。

開催期間は夏休みの間だけで、時間は夜の7時45分から9時頃まで。5歳以上1人1600円、5歳未満のお子様は無料です。予約は当日の夕方5時までなのでお早めに。

カブトムシの家

夏休み期間限定のイベントですが、クワガタやカブトムシを自由に見たり触ったりすることができる『カブトムシの家と』が安比高原に設置されます。料金は無料なので、誰でも気軽に行くことができますよ。なかなか虫に触れる機会がない子供たちに、ぜひカブトムシなどを触らせてあげてみてくださいね。

ログハウスに泊まろう!

安比高原には、ホテル以外でもこういったログハウスに泊まることもできます。大人数での旅行や、オフ会など様々なシーンで利用してみてはいかがですか?ペットもOKなので、ぜひ水入らずの団欒を楽しんでくださいね。とってもラグジュアリーな空間なので、郊外の別荘に泊まりに来たような気分になれますよ。

終わりに

いかがででしたか?夏の安比高原にも、冬の安比高原にはないドキドキ・ワクワクがいっぱいなんです!夏にもぜひ訪れてみてくださいね。アクティビティだけではなく、搾りたての牛乳で作ったアイスクリームもとっても美味しいですよ。

murami

旅行とゲームとiPhoneが好き。最近ベイパーの仲間入り。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
新着記事