小豆島観光の人気スポット18選!ここに行けば間違い無しの鉄板観光スポットまとめ

11,535

views

0

瀬戸内海にはいくつもの島々がありますが、その中でもロマンチックな観光名所の小豆島を紹介していきたいと思います。小豆島と言えば手延べ素麺が有名ですが、それだけじゃないんです!ロマンチックな・・・だけど、恋人同士・仲良しのお友達・大切な家族、み~んなが楽しめる旅の提案します!

小豆島の人気観光スポット:①紅葉が美しすぎる寒霞渓

「寒霞渓(かんかけい)」は、島の最高峰星ヶ城と四方指の間にある渓谷で、日本三大渓谷美の1つ。四季折々の自然の美しさが魅力の瀬戸内海国立公園の中心にある小豆島のほぼ中央にあります。
寒霞渓は今から1300万年前の火山活動によってできた岩石が長い年月をかけて浸食や地殻変動などにより、現在のような絶景を造り上げました。
寒霞渓は日本三大渓谷美の1つとして数えられ、夏の新緑、秋には山全体が燃えるような紅葉に包まれ、目を奪われるような色鮮やかな光景に感動します。紅葉の観光スポットとして有名です。
また、ロープウエイからは瀬戸内海・渓谷が一望でき、この景色は、寒霞渓に来ないと味わえない唯一の景観!
寒霞渓には小豆島最高峰の星ヶ城への登山道が数多くあります。片道1時間かけて行く登山道は、奇岩や植物を観察しながら自然を満喫できるコースです。登山道は数コースあるので、自分の体力に合ったコースを選ぶことができます。登りはロープーウェイに乗って空中から景色を楽しみ、下りはハイキングをしながら間近に自然を楽しむ贅沢な時間が過ごせます。

寒霞渓
住所:
香川県小豆群小豆島町神懸通乙168
アクセス:
草壁港からバスで15分
定休日:
年中無休
電話:
0879-82-2171(寒霞渓ロープウェイ)
料金:
ロープウエイ往復大人 1350円/子供 680円
四季を通じておすすめですが、紅葉の時期は特におすすめです!
※ロープウエイの営業時間は季節により若干異なります。

小豆島の人気観光スポット:②オリーブが香る小豆島オリーブ公園

瀬戸内海を見下ろす丘の上にあるオリーブ栽培発祥の地が、「道の駅 小豆島オリーブ公園」です。
地中海に面する国・ギリシャのムードが味わえるのんびりとした雰囲気が感じられます。小高い丘の上からは瀬戸内海が一望でき、園内には約2000本のオリーブの木があるオリーブ園や、130種類以上のハーブが栽培されているハーブ園、ギャラリーやオリーブやハーブグッズが買える地中海ムード満点のオリーブ記念館、ギリシャ風車等があり、日本にいながらギリシャ神話の中に飛び込んだ雰囲気に包まれます。
実写版・魔女の宅急便の撮影で使用されたセットが雑貨カフェ「コリコ」として営業しています。ハンドメイドのフラワーアクセサリーやハーブティーを映画の世界の中で楽しめます。
園内のグルメも見逃せません。小豆島産のオリーブオイルのみを使い作られたヨーロッパを感じる料理の数々が楽しめるカフェ、オリーブ豚、近海の魚介類、そうめん、お米など島の恵みがたっぷり堪能できるレストランなど、小豆島をまるごといただくことができます。
オリーブ公園をもっと楽しみたい方には、ロッジタイプとキャンプ場があり、宿泊することができます。

道の駅 小豆島オリーブ公園
住所:
小豆郡小豆島町西村甲1941-1
アクセス:
草壁港から車で約5分
定休日:
年中無休
電話:
0879-82-2200

小豆島の人気観光スポット:③恋人と訪れたいエンジェルロード

「エンジェルロード」は、1日2回干潮のときだけに現れる長さ約500mの砂の道です。
この道を、恋人と手を繋いで歩いていると、天使が舞い降りてきて将来結ばれると言われています。別名「天使の散歩道」と言われ、恋人の聖地として知られています。縁結びのスポットとしても有名で人気も高い場所です。映画やドラマのロケ地にもなったんですよ。
もちろん道が現れている時間がおすすめです。潮見表にある時間に訪れないと道が見れないという訳ではなく、干潮時刻の2~3時間前くらいから徐々に潮が引いて道が現れはじめ、干潮時刻からまた2~3時間かけて潮が満ち初め道が消えていきます。すなわち1回の干潮で4~6時間の間、道ができているということになります。

隣接する弁天島に登ると「約束の丘展望台」があり、エンジェルロードをバックに幸せの鐘を鳴らすことができます。
エンジェルロードという潮の満ち引きで現れたり消えたりする道は、美しい青の世界から優しく包み込むようなロマンティックな夕陽まで、時間帯によって様々な表情を見せてくれます。少し時間を変えて訪れてみるのも良いのではないでしょうか。
エンジェルロードでは、絵馬に願いを込めて残していく人が多く、絵馬は「恋愛成就」「家内安全」「友達とずっと仲良しでいられますように」など、恋人だけではなく、家族の絆や、友達同士の友情を書き留めておく方も多いです。 あなたの願いも叶うかも知れませんね。

エンジェルロード
住所:
住所:香川県小豆郡土庄町銀波浦
アクセス:
土庄港からバスで10分
料金:
無料

小豆島の人気観光スポット:④お肌もツルツル!オリーブ温泉

「オリーブ温泉」は、土庄町にあるスーパーマルナカに併設された温泉施設です。
観光客が通る道からは少し離れた場所で、土庄港からは近いものの、外観がスーパーマーケットで、素通りしてしまうくらいの分かりにくい看板なので、あまり知られていないようです。スパーマーケットの右側に入口があり、まさかその奥に絶景の温泉があるとは思えないでしょう。

オリーブ温泉は地下1600メートル、約8000万年前の恐竜時代の地層より湧き出る天然温泉。眼下には瀬戸内海が一望で切る露天風呂はぜひ体験しておきたい絶景です。その他ジェットバス、ミストバスなど合計16種類のお風呂があるので、お風呂めぐりが楽しめます。カルシウム、ナトリウムを多く含むお湯は、さらっとして肌にやさしく「美人の湯」と呼ばれているので、女性にもおすすめです。歩き疲れたら立ち寄ってみてください!身も心もリフレッシュできます。

オリーブ温泉の効能:高血圧、動脈硬化、脳卒中、打ち身、切り傷、火傷、痔、捻挫

オリーブ温泉
住所:
小豆郡土庄町字半の池甲1360-10
営業時間:
10:00~
アクセス:
土庄港までの送迎バス有り
定休日:
年5回不定
電話:
0879-61-1136
料金:
大人700円、子ども500円

小豆島の人気観光スポット:⑤メルヘン漂う迷路のまち

「迷路のまち」は、土庄(とのしょう)港から徒歩15分くらいの土庄本町(とのしょうほんまち)中心部にあります。
「迷路のまち」の由来は、海賊や南北朝時代の戦乱にそなえて、また海風による建物など島民の生活守るため意図的に造られたと言われています。その為複雑な路地が「迷路」のようであるということから、いつの頃からか「迷路のまち」と呼ばれるようになりました。真っ暗な闇の中では、長年住み続けている島の人でも、油断すると道に迷うことがあるそうです。入り組んだ路地はまるで遊園地の迷路のようで、探検してみると楽しいかも知れませんね!
「迷路のまち」は、歴史的には交易やお遍路の玄関口として栄えました。小豆島88か所霊場第58番札所・西光寺周辺の昔懐かしい町並みが残る地域になります。昔ながらの変わらない風景は、島の人たちとの交流が楽しめます。
そんな周囲約2.4kmのエリアの「迷路のまち」にある妖怪美術館周辺には、島の野菜やオリーブを使ったメニューが豊富なカフェ、瀬戸内や島のおみやげ屋さん、駄菓子屋さんなどがあり、レトロな街歩きが楽しめます。

迷路のまち
住所:
香川県小豆郡土庄町町内
アクセス:
土庄(とのしょう)港より5分
電話:
0879-62-0427(土庄町商工会)

小豆島の人気観光スポット:⑥世界一狭い海峡!土渕海峡

「土渕海峡(どふちかいきょう)」は、小豆島本島(渕崎)と前島(土庄)の間を流れる全長約2.5キロメートルの海峡で、最大幅は約400メートル、1番狭いところは幅9.93メートルしかなく、世界一幅の狭い海峡として1996年にギネスブックに認定されました。
海峡上にかかっている橋は全部で3つ。その中で海峡幅が1番狭いのは「永代橋」です。どれを渡っても海峡を制覇したことにはなりますが、折角渡るなら1番狭い「永代橋」をぜひ渡ってみて下さい!そしてフレトピア公園と隣接する「ふれとぴあ橋」、伝法川河口にある「オリーブ大橋」です。小型船が通るくらいしか幅がなく、橋から海面までの高さも低く、橋の長さ自体も短い。海峡の間には何本か橋が架かっているので普通の川と間違えて通り過ぎてしまいそうになります。
海峡横の土庄町役場では、絵ハガキになった「世界一狭い海峡横断証明書」(100円)も発行されています。台紙付きにすると本格的な証明書!制覇記念にぜひ購入しましょう。

土渕海峡
住所:
香川県小豆郡土庄町
アクセス:
土庄港より車で約5分
料金:
無料
※海峡横の土庄町役場では、絵ハガキになった横断証明書(100円)も発行しています。

小豆島の人気観光スポット:⑦惚れ惚れする田園風景中山千枚田

中山地区に広がる「中山千枚田」は、日本の棚田百選にも選ばれた大小約800枚にもおよび、日本の源風景そのものを醸し出してくれる美しい棚田です。
一つ一つの小さな棚田には、周りの風景や雲の動きを、まるでジグソーパズルのように映し出しているのです。夏には青々とした美しい稲が風にそよぎ、それが秋にはキラキラと輝く黄金色に変わります。時間帯によってもまったく違った表情を見せてくれます。
中山千枚田を語る上で忘れてはならないのは、湯船の湧き水です。小豆島霊場44番札所・蓮華寺境内西端の岩の下から、なんと1日約400トンも湧き出している水で、日本の名水100選にも名を連ねています。
中山千枚田は映画「八日目の蝉」のロケ地にも使われました。映画の中で撮影された「中山の虫送り」は、約300年前から伝わる伝統行事で、夏至(半夏至)から11日目、夕暮れに火手(はて)というたいまつをかざし、稲につく害虫を追い払うという幻想的なものです。機会がありましたらぜひ見てみたいものです。
近くには「オリーブの夢」があります。竹4000本で構成されたアート作品で、中山千枚田の美しい風景に溶け込んでいます。

中山千枚田
住所:
小豆郡小豆島町中山
アクセス:
池田港から車で15分
おすすめの時期は、青々とした田植えが終わった頃~。

小豆島の人気観光スポット:⑧景色も最高!星ヶ城山

「星ヶ城山(ほしがじょうさん)」は、小豆島の中で一番高い山で、標高は816.68メートル。名勝寒霞渓(かんかけい)の東方に位置し、小豆島の中では一番高い山なので、瀬戸内海が一望でき、瀬戸大橋や大鳴門郷、明石海峡大橋までも見渡せるほど、最も景色の良いところでもあります。 周囲は断崖絶壁で人を寄せ付けない荒々しさも垣間見ることが出来るその風貌は、中世には山そのものが城とされ、山中のあちこちに現在もその遺構が残されているのです。ロマンスを感じませんか?
太平記によると南北朝時代に南朝の豪族・佐々木信胤が暦応2(1339)年に小豆島で挙兵したと記されています。星ヶ城はそのときの拠点として築城されたと考えられます。星ヶ城神社、空壕、鍛冶場跡などが残されています。
「星ヶ城山」へはいくつかのコースがあります。寒霞渓を見下ろしながらロープウェイで登ります。山頂駅の北東の三笠山から登山道が続いています。山頂までは1時間ほど。その他草壁港から3時間くらい歩いて登る本格的なコース、そして一番手軽なコースは星ヶ城園地の駐車場まで車で行き、そこから歩くコースです。自分の体力にあった方法で、星ヶ城山からの景色を満喫してください。

星ヶ城山
住所:
小豆郡小豆島町大字安田字嶮岨山乙586-4
アクセス:
坂出港から車で40分
寒霞渓~ロープウエイ頂上登山口~約40分

小豆島の人気観光スポット:⑨息吹を感じる宝生院

「宝生院」の見どころはなんと言ってもこのシンパクでしょう。日本最大のシンパクは小豆島八十八ヶ所霊場54番札所宝生院の境内にあります。
シンパクとは、イブキまたはビャクシンとも言われ、わが国中部以南の海岸付近の山地にまれに自生する裸子植物の事です。
宝生院のシンパクは、古墳時代に応神天皇によって植えられたと伝わっているので、樹齢は1500年以上と推定されます。根元の周囲は16.6メートル、樹高約20メートルもあり、国指定特別天然記念物となっています。地上1メートルほどのところで落雷に合い三方に分かれてしまっていますが、それでも壮観でその偉大な生命力にきっと圧倒されますよ。周囲に遮るものがなく、山からの満ち足りた地下水により木の育成を施し、長い時間をかけてここまで大きくなったのです。
高さ24m、幹の周囲16mのこのシンパクの中には、よく見ると3匹の動物がかくれています。鷹・象・亀の3匹です。探しながら見ると、さらに楽しく見ることができますよ。自然の偉大さが感じられるパワースポットに行ってみませんか。

宝生院(シンパク)
住所:
香川県小豆郡土庄町北山412
アクセス:
土庄港からバス10分
電話:
0879-62-0682

小豆島の人気観光スポット:⑩360度のパノラマ四方指展望台

標高777mの「四方指展望台(しほうざしてんぼうだい)」からの眺めは絶景! 銚子渓と寒霞渓にはさまれて広がる草原で、美しの原高原の中心にあります。四方を遮る物が無く見渡すことができることから、「四方指展望台」と言われるようになりました。その名の通り、四方を指しても遮るものがなく、四季折々に自然の植物が咲き乱れる美しい高原からは、眼下には名勝・寒霞渓、瀬戸大橋、大鳴門橋も一望でき、 遠くには姫路や淡路島などの山並みを見ることができます。360度、美しいパノラマの景色が楽しめます。
展望台からは、東に姫路、西に高松、南に鳴門方面、北に岡山方面が見渡せ、日の出、夕陽、そして初日の出を見るスポットとしても人気があります。
昼間の絶景もすばらしいですが、夕陽が沈んだ後の風景もおすすめです。四方を指しても遮るものがないので標高777メートルの展望台から見る夜景は、街の灯かりがキラキラと浮かんで見え何とも言えない美しさがあります。デートスポットとしてもおすすめです。

四方指展望台
住所:
小豆郡小豆島町神懸嶮岨山乙1117
アクセス:
土庄港から車で30分

小豆島の人気観光スポット:⑪断崖絶壁に建つ西の滝 龍水寺

「西の滝 龍水寺」は、小豆島八十八箇所42番札所で、小豆島で最も古い山岳霊場です。
参道は長い階段になっており、両側に立つ燈籠は独特な雰囲気を持っています。階段を上りきると境内になります。境内に入るとまず目に入るのは断崖に沿うように建つ護摩堂でしょう。天空の霊場と呼ばれる名前にふさわしい、護摩堂からの景色はため息が出るほど素晴らしく、瀬戸内海や、島を一望できます。夕陽に染まるエンジェルロードも眼下に見ることができますよ。
こちらにはかなり古い岩窟があります。奥に進むと湧き水があり、その湧き水は「大師の加持水、龍水」と呼ばれています。それは弘法大師と龍との不思議な物語が伝えられ、大師の加持水、龍水と呼ばれていることから龍水寺と呼ばれています。
土庄港から車で45分ほどの場所にあり、途中山道を通るので大変かも分かりませんが、眺望もよく、見どころも多いため、ここまで登ってきた甲斐があったと思えるひとときを味わうことが出来るでしょう。
水が湧いているためそう呼ばれるようになりました。

西の滝 龍水寺
住所:
香川県小豆郡小豆島町池田558
アクセス:
土庄港から車で約45分
電話:
0879-62-0227(小豆島霊場会)

小豆島の人気観光スポット:⑫タイムスリップ?二十四の瞳映画村

穏やかな瀬戸内海を見渡す海岸沿いに、約1万平方メートルの敷地の映画「二十四の瞳」のロケ用オープンセットを改築したのが「二十四の瞳 映画村」です。名場面がここで撮影されました。
映画村に一歩足を踏み入れるとそこは大正から昭和初期の世界が広がります。高台には懐かしい木造校舎があり、撮影で使われた小道具や監督の作品が展示され、その時代を知る人には懐かしい気持ちになるでしょう。男先生の家、漁師の家、茶屋、土産物屋などのセットがあり、調度品や各作品の生原稿などを展示しています。
1950年代の日本映画黄金期の様子を見ることができる「キネマの庵」や、「ギャラリー松竹座」は映画ファンには見逃せないスポットです。

レトロな雰囲気の中で、昭和の懐かしい給食セットや小豆島のB級グルメのカリカリ豚ともろみのひしお丼が味わえます。
キネマの庵の外壁に描かれた壁画アートは、映画のワンシーンに溶け込むように写真を撮ることができるフォトジェニックなスポットです。
作者である坪井栄のことを知ることができる施設では、愛用品や生原稿、初版本などの貴重な資料が展示されています。「二十四の瞳」を知らない人でも、常時二十四の瞳を上映する映画館もありますので、どっぷり二十四の瞳の世界につかってみてはいかがでしょうか。
映画村からほど近い場所にある「岬の分教場」は二十四の瞳の舞台になり、1971年まで実態に小学校として使用されていたままに残されています。椅子に座り見渡してみると何だか懐かしい気持ちになりますよ。

二十四の瞳映画村
住所:
小豆郡小豆島町田浦
アクセス:
坂手港より車で約13分
定休日:
年中無休
電話:
TEL 0879-82-2455
料金:
二十四の瞳映画村 大人750円/子供350円
   岬の分教場 大人220円/子供110円
   セット券 大人830円/子供390円

小豆島の人気観光スポット:⑬道の駅・みなとオアシス大坂城残石記念公園

「大坂城残石記念公園」は、史跡「大坂城石垣石切り飛びこし丁場跡及び小海残石群」を中心に、大坂城残石資料館、道の駅大坂城残石記念公園、みなとオアシス(みなとオアシス大坂城残石記念公園)の施設があります。
徳川幕府大坂城拡張・修築工事の際、石垣石の産出を行った場所でした。戦国時代の終わり、約400年前の冬の陣・夏の陣で落城した大坂城を修築する際、切り出されたものの中で使われることのなかった約40個の残石が、「道の駅・みなとオアシス大阪城残石記念公園」に保存されています。残された石の保存と活用を目的とした展示施設が整備され、石文化を伝えるとともに、石にまつわる写真や当時の様子が書かれた古文書、石の運搬に使われた道具や工員が使った用具などが展示されています。また、石の輸送方法などが再現されていて、当時の様子を垣間見ることが出来ます。石加工体験もできます。
大坂城築城当時の石の切り出し方・運び方がわかる大坂城残石資料館には、残石棟、切り出し棟、運搬棟、加工棟と施設が連なっています。小豆島の石工の技術や歴史を知ることができるスポットとなっています。

道の駅・みなとオアシス大坂城残石記念公園
住所:
香川県小豆郡土庄町小海甲909-1
アクセス:
土庄港から車で15分
定休日:
12月29日〜1月3日
電話:
0879-65-2865

小豆島の人気観光スポット:⑭体験学習手延べそうめん館

「手延べそうめん館」では、 実演コーナーや、味わいコーナー などを設けており、製造工程などを見学できます。また独特の工程のハシ入れなど製造過程の一部を体験することができる施設になっています。せっかくなのでぜひ挑戦してみましょう。予約が必要なのでご注意を。ここを見学したら、そうめんへの想いも変わるかも知れませんね!
約400年の歴史をもつ小豆島の手延べそうめん。やや太めでコシのある麺が特徴です。伝統の製法は手練りの手延べ法と言われる、小豆島のごま油を塗りながら練った生地を木箸を使って丁寧に糸状になるまで引き伸ばし、それを天日でゆっくり乾かします。その様子は青空の下で真っ白なそうめんがゆれる様は美しいのでぜひ見ておきましょう。じっくりと手間暇をかけて作られるそうめんは、コシがあり風味があります。
手延べそうめんが味わえる「味わいコーナー」もあり、出来立てが味わえるのも産地ならではの醍醐味ですね。販売コーナーでは、本場の小豆島の手延べそうめんが大人気。その他に小豆島のオリーブ商品や、すももジュースなど島の特産品を購入することができます。

小豆島手延べそうめん館
住所:
小豆郡池田町室生1番地の1
アクセス:
土庄港より小豆島バス「神ノ浦西行き」(20分)「ふるさと村」下車
定休日:
月曜日(1・2月は日曜)
電話:
0879-75-0044
料金:
入館料/無料 ※はし分け工程体験は有料500円。

小豆島の人気観光スポット:⑮お猿の楽園銚子渓自然動物園

寒霞渓と並ぶ景勝地の銚子渓に約500匹余りの餌付けした野生のお猿さんが住む「お猿の国」が人気の「銚子渓自然動物園」があります。小豆島のお猿さんは、温暖な気候に住んでいるせいか、他の地域に住むお猿さんより温和な性格なのだそうです。しかしもとは野生ですので、注意点に気を付けて見学しましょう。
一年の中で季節によるお猿さんたちの暮らしがよくわかります。春には赤ちゃんザルを見ることが出来るかも知れませんよ。親子で群れる姿もほんわかとした愛らしい姿が見られます。夏には水遊びをするかわいらしい様子が見られ、冬には寒さに耐えるようにみんなで団子のように集まる「猿団子」の様子を見ることができます。
エサやり場では、有料でエサを与えることができます。飼育員さんがそばにいるので子供でも安心してあげることができます。
「愛の泉広場」では毎1日10時10分と12時10分の2回、飼育員さんとお猿さんとの楽しいモンキーショーが開催されています。
園内には愛嬌たっぷりの猿達がいつもお出迎えしてくれ、癒やされますよ。

銚子渓自然動物園
住所:
銚子渓自然動物園
アクセス:
土庄港から車で20分
定休日:
年中無休
電話:
0879-62-0768
料金:
大人380円、小人190円

小豆島の人気観光スポット:⑯マルキン醤油記念館

1987年に丸金醤油の創業80周年を記念して、大正初期に建てられた工場のひとつを「マルキン醤油記念館」としてリニューアルオープンしました。圧搾工場だった建物は、合掌造りとしては国内最大級の建物で、明治に建てられた蔵は、古くからある建物として、1996年に国の登録有形文化財にも指定されています。
「マルキン醤油記念館」は、醤油と食文化の歴史を紹介する博物館で、醤油づくりの歴史や江戸時代の製造工程を学ぶことができます。

記念館に隣接する諸味圧搾工場の2階から、大きなプレス機で醤油を搾っている様子を見学することができます。醤油は小豆島の名産品で、江戸時代の後期に醤油産業で栄えた小豆島の様子や歴史が感じられます。
売店ではここでしか買えない醤油製品をはじめ、そうめん、オリーブオイル、佃煮などの小豆島の特産品が豊富に揃っています。
そして、「マルキン醤油記念館」に来たらぜひ食べていただきたいのが、しょうゆソフトクリームです。記念館に隣接した物産館で、天然醸造蔵で木桶で仕込んだ初しぼり生しょうゆを使った、ここでしか食べられないオリジナルのソフトクリームです。

マルキン醤油記念館
住所:
香川県小豆郡小豆島町苗羽甲1850
営業時間:
09:00~16:00
電話番号:
0879-82-0047

小豆島の人気観光スポット:⑰小豆島オリーブ園

小豆島がオリーブの生産地だというのはすでに紹介しましたが、「小豆島オリーブ園」には産業用として日本最古のオリーブの原木があります。1917年に植樹されてから約100年経った現在でも、豊富に実をつけ、自然の恵みを感じさせてくれます。
「小豆島オリーブ園」のこだわりは、太陽と土、水のバランスで育てられたオリーブは、果実加工用は9月末から10月末に、オイル用は10月末から12月にかけて丁寧な手摘みによる収穫が行われます。細心の温度管理を徹底した搾油工程を経て、オリーブオイルが出来上がります。

敷地内はゆっくり散策できるスポットとなっていて、実際に現在もオリーブが栽培されているほか、光のアートギャラリー、オリーブの丘にはイサムノグチデザインの遊具彫刻などがあります。
また、レストランやショップも入っています。こちらのレストランでおすすめのメニューは、小豆島の名物でもあるひしお丼です。小豆島で獲れた野菜ともろみ味噌を使って作られたそぼろが入っています。また、味付けとして、このオリーブ園で採れたオリーブオイルが使われています。実際に食べた人達からは、美味しいと評判があります。
オリーブショップでは、自家製のオリーブ製品やオリーブオイル、オリーブ化粧品、島産オリーブ漬、お菓子などのオリーブ関連商品を豊富に取り揃えています。限定のオリーブリーフソフトクリームもぜひ味わってみてください。
体験スペースでは、オリーブオイルのブレンド体験ができます。世界各国のオリーブオイルをブレンドして、自分だけのオリジナルオリーブオイルを作ってみましょう。

小豆島オリーブ園
住所:
香川県小豆郡小豆島町西村甲2171
営業時間:
08:30~17:00
電話番号:
0879-82-4260

小豆島の人気観光スポット:⑱タケサン記念館一徳庵

醤油と佃煮のッ名産地として知られる小豆島にある「タケサン記念館一徳庵」は、昭和20年に芋のつるを醤油で炊いたことがはじまりで佃煮を作り続け、小豆島の佃煮の製造に貢献した武部吉次氏の栄光を称えて、2006年にオープンしました。
この建物は、醤油蔵から佃煮工場へ移行した際に実際に佃煮工場として使われており、館内には今日までの小豆島の醤油や佃煮の歴史を映像やパネルによって展示されています。当時の梁を生かした趣のある店内になっています。
現在商品数は100種類ほど。佃煮の素材にもこだわっており、島醤油と醤(ひしお)もろみを使用し、味わい深い美味しさがあり大変人気があります。
また、醤油や佃煮の他にもバジルドレッシングや珍しい醤油カステラやしょうゆあげせん島のあじという有名なお菓子類。小豆島産のオリーブを使ったオリーブ商品も販売されています。特に食べておきたいのが、珍しいソフトクリーム。ミルクのソフトクリームにもろみのつぶが混ざっているマイルドな味わいのもろみ味や、醤油ソフトクリームにみたらしあんがかかったみたらし味、醤油味は刺身醤油とクリームがブレンドされたマイルド味で、3種類ともとても美味しいと評判なので、良かったら試してみてはいかがでしょうか?

タケサン記念館一徳庵
住所:
香川県小豆郡小豆島町苗羽甲2211
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0120-05-4356

いかがでしたか?

瀬戸内海に浮かぶ小さな島、ロマンチックな小豆島の旅を紹介してきましたが、いかがでしたか?エンジェルロードは勿論のこと、迷路の街や、千枚田を見ながら、この一枚一枚が、人生だね。。。なんて語り合えたらロマンチックだと思いませんか?大切な恋人同士、お友達や家族と是非訪れて絆を深めてみてくださいね♡

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 小豆島で絶対ゲットしたいお土産15選!人気のオススメお土産...

    日本で最初にオリーブの栽培が始まったことで知られる小豆島。小豆島には自然の恵みをたっぷり使ったお土産がたくさんあります。小豆島を訪れたらぜひ買って帰りたいお土産をご紹介します。

  • 小豆島の島カフェごはん・おすすめ店6選

    オリーブ発祥の地として有名な瀬戸内海に浮かぶ小豆島。オリーブや醤油、素麺など、美味しい特産品も多い島です。そんな島でゆっくり楽しみたいのが島カフェごはん!おすすめのお店4選をご紹介します。

  • 瀬戸内海の島・小豆島のお土産に!名産品6選

    瀬戸内海に浮かぶ小豆島は温暖な気候で、オリーブやレモンといった作物を栽培しています。特にオリーブは日本で初めて作られたのだとか。そんな小豆島ならではの、ゲットしたいおみやげを紹介します。

  • 小豆島に一人旅でいくならここをチェック!自然とアートを楽...

    オリーブで有名な小豆島には豊かな大自然やパワースポットなど、見所満載の観光地。そのほかにもアートに囲まれた島としても注目を集めています。そんな小豆島は一人旅にもオススメ。この記事では一人旅にオススメな小豆島のオススメ観光名所15選をご紹介します!

  • 小豆島へ女子旅!おすすめ観光スポット&地元グルメ15選♪オリ...

    小豆島は、瀬戸内海で淡路島の次に大きい島で、豊かな自然景観に恵まれている観光地です。 また二十四の瞳の映画化による知名度アップ、オリーブに代表される名産品やグルメなどにより、多くの観光客が訪れます。フォトジェニックな島めぐりをして、心身リフレッシュとパワーアップの女子旅を体験しましょう!

  • 小豆島をドライブで一日観光♪立ち寄りたいおすすめスポット特...

    オリーブで有名な小豆島は、豊かな自然が楽しめるドライブにおすすめの島!爽やかな風を感じながら一日観光を楽しめます。そんな小豆島で立ち寄りたいおすすめのスポットをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • 小豆島をドライブで一日観光♪立ち寄りたいおすすめスポット特...

    オリーブで有名な小豆島は、豊かな自然が楽しめるドライブにおすすめの島!爽やかな風を感じながら一日観光を楽しめます。そんな小豆島で立ち寄りたいおすすめのスポットをご紹介します。

  • 小豆島に一人旅でいくならここをチェック!自然とアートを楽...

    オリーブで有名な小豆島には豊かな大自然やパワースポットなど、見所満載の観光地。そのほかにもアートに囲まれた島としても注目を集めています。そんな小豆島は一人旅にもオススメ。この記事では一人旅にオススメな小豆島のオススメ観光名所15選をご紹介します!

  • 小豆島へ女子旅!おすすめ観光スポット&地元グルメ15選♪オリ...

    小豆島は、瀬戸内海で淡路島の次に大きい島で、豊かな自然景観に恵まれている観光地です。 また二十四の瞳の映画化による知名度アップ、オリーブに代表される名産品やグルメなどにより、多くの観光客が訪れます。フォトジェニックな島めぐりをして、心身リフレッシュとパワーアップの女子旅を体験しましょう!

  • 小豆島での人気のおすすめ温泉宿厳選5選!

    瀬戸内海を望む小豆島は、オリーブの生産が日本一の島です。そして、小豆島オリーブ園や潮の満ち引きで海に出現するエンジェルロードなど、観光名所もたくさんあります。そこで今回は、小豆島にある人気の温泉宿を5つご紹介します。

  • 小豆島で食と大自然を満喫しよう!おすすめ体験ツアーの紹介!

    瀬戸内海にある小豆島。その昔、島の形があずきのようだったことから、あずきしまと呼ばれ、その後しょうどしまと呼ばれるようになりました。小さい島ではありますが、様々な特産物の生産が盛んで、自然にも大変恵まれています。今回は、そんな小豆島で体験していただきたいおすすめの体験ツアーを紹介したいと思います。

  • 小豆島で絶対ゲットしたいお土産15選!人気のオススメお土産...

    日本で最初にオリーブの栽培が始まったことで知られる小豆島。小豆島には自然の恵みをたっぷり使ったお土産がたくさんあります。小豆島を訪れたらぜひ買って帰りたいお土産をご紹介します。

  • 瀬戸内海の島・小豆島のお土産に!名産品6選

    瀬戸内海に浮かぶ小豆島は温暖な気候で、オリーブやレモンといった作物を栽培しています。特にオリーブは日本で初めて作られたのだとか。そんな小豆島ならではの、ゲットしたいおみやげを紹介します。

  • 小豆島の島カフェごはん・おすすめ店6選

    オリーブ発祥の地として有名な瀬戸内海に浮かぶ小豆島。オリーブや醤油、素麺など、美味しい特産品も多い島です。そんな島でゆっくり楽しみたいのが島カフェごはん!おすすめのお店4選をご紹介します。

この記事のキーワード