【山梨】薬石の湯 瑰泉は何が凄い?凄いことだらけの日帰り温泉!

10,553

views

0

山梨県でも有名な石和温泉郷にある日帰り温泉、薬石の湯 瑰泉は、温泉の効能プラス薬石の効果を堪能することが出来るとっておきの日帰り温泉なのです。アクセスも良く山梨の観光地へ行った帰りに寄るも良し、24時間滞在型なので丸1日ここで過ごしても大丈夫!食事処も充実していますので3食食べても飽きませんよ。

山梨に凄い温泉があった!

山梨にある石和温泉郷の中に、日帰り温泉施設【薬石の湯 瑰泉】があります。
この薬石の湯 瑰泉は、名前にも入っているように薬石がふんだんに使われた温泉なのです。ご存じの通り、山梨は石の町。水晶でも有名ですよね。その水晶などの宝石がそのまま温泉に使われています!

出典: www.ykj.or.jp

◆男性大浴場 ・宝石壁画「宙(そら)」 ・宝石露天風呂「稀峰の湯」・ 高温サウナ
世界最大級「レッドジャスパー」や銘石の宝石露天風呂は遠くに南アルプスの頂きを眺めながら楽しむことができます。
◆女性大浴場・宝石壁画「羽衣」・宝石露天風呂「透輝の湯」・檜風呂
紅水晶「ローズクオーツ」は美の象徴。その紅水晶をふんだんに使った「透輝の湯」は湯質にもこだわり、身体にやさしいミネラルイオン水。

「石和温泉」は、湧出口温度45.9度の高温泉で大自然の名湯です。 温泉効果として、温泉熱や溶存物質による血液・リンパ循環の促進や自律神経の調整等の温熱効果があり、身体の中へ酸素や栄養を多く取り入れ、老廃物を体外に排出する効果もあります。また、アルカリ性の泉質+薬石からのミネラル、及び遠赤外線効果でお肌はスベスベ!身体はポカポカ!

出典: ima.goo.ne.jp

薬石の湯 瑰泉では、温泉以上の温泉を求め「温泉」と「薬石泉」のブレンドによる何処にもない湯質をつくりだしました。水の浄化作用がずばぬけて高い麦飯石と電気石トルマリンを薬石泉タンクや浴槽の壁面、床面にふんだんに使っています。
麦飯石とは中国で2000年以上前から「薬石」と呼ばれている石です。

中庭で寛ぐ

薬石の湯 瑰泉には中庭が有り、温泉で暖まった後、庭に出て夕涼みが出来るようになっています。手入れが行き届いていますのでふらっと散歩してみるのも良いかもしれませんね。
この中庭が夜になると・・・。

中庭『湯快の森』では、昼間の顔とは違った顔を見せてくれます。毎日、夕方~明け方までイルミネーション・ライトアップされ、薬石ドーム内や外のテラス等からも見えますので読書しながら、語らいながら、ゆっくりとイルミネーションを眺める事ができます。

ここにも薬石効果が!

蒙古火釜や琉球漆喰リラックス空間「暖欒」があり、蒙古火釜は炉で700℃に焼かれた「薬石」からの放熱で基礎体温を上げ自然治癒力を促進し、冷え性や肌あれの方におすすめの放熱空間です。
暖欒は、壁には琉球漆喰の空気清浄効果とマイナスイオン効果があり、床には珊瑚と麦飯石とトルマリンを敷き詰め癒しのひとときを体感することができます。

出典: ima.goo.ne.jp

薬石の湯 瑰泉で人気の石室・石風呂では、温めた薬石の上に仰向けで寝転んで、木枕に頭をのせてお尻を金魚のように左右に振ると薬石が腰の部分まで行き届き薬石が全身のツボを刺激し体の中から体調を整えてくれます。お腹の調子が悪い方は、薬石をお腹の上に乗せてみてください。 気持良く汗をかけますので瑰泉に来たら、絶対体感して下さいね!

食事処も充実してます!

出典: tabelog.com

● お食事処「禄膳」 ● 韓国料理 ● こだわり麺工房「良庵」 ● 各種定食 ● ヘルシー和食「寿し忠」 ● 居酒屋 ● スタミナ増強・韓国焼肉「韓味」
と、多種多様な食事処が用意されていますので、食事も楽しみの一つですね!

宴会プランもあります!
5名様よりお得なご入館料込みのお得な「ご宴会セットプラン」です。
新鮮な素材を活かした和食・焼肉料理・中華料理など、お好みにあわせてご用意。
どれをチョイスしても満足出来ますよ♪
予約は3日前までに!

薬石の湯 瑰泉
住所:
山梨県笛吹市石和町四日市場1561
アクセス:
【電車】中央線・石和温泉駅より5分
     【車】中央道・一宮御坂ICより10分
電話:
055-262-1830
年中無休 24時間営業
料金:
大人(中学生以上)2,100円・子供(3才以上)1,050円・幼児 無料

薬石の湯 瑰泉についてまとめてきましたがいかがでしたか?
普通の日帰り温泉よりも金額は高めだけど、24時間滞在出来、温泉だけじゃなく薬石の効果も十分に体験できて、まだまだ!なんと薬石入りの泥パックも無料で体験出来ちゃうそうです!会員になれば割引特典もあるのでこれは行ってみる価値がありますよね!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード