山梨の白州塩沢温泉フォッサ・マグナの湯ってどんな温泉?

2,280

views

0

山梨県白州にある塩沢温泉フォッサ・マグナの湯。なんか名前を見るとハイカラな気がしますけど、どんな温泉なのでしょうか?白州と言えばサントリーの蒸留所がありますよね。それだけ水が良いという事でもあります。それでは白州塩沢温泉フォッサ・マグナの湯を紹介します。

白州塩沢温泉フォッサ・マグナの湯

小淵沢インターからほど近いところに道の駅信州蔦木宿があり、道の駅を見ながら塩沢温泉に向かうとアクセスも良く立ち寄りスポットとしては条件の良い場所にあります。この山梨県白州のあたりは雰囲気も良く非常に綺麗な場所で緑に囲まれ空気も美味しい!

寒い雪の時期。フォッサ・マグナの地下に眠っていた日本の名湯に入ってホカホカ暖まりたくなりますね。
南アルプスの山懐に抱かれた標高800メートの釜無川の最上流河岸にあり、フォッサ・マグナ地帯から湧出する2つの源泉を持つ名湯。
 

こちらはロビー兼休憩所。
何の飾り気も無く、殺風景かなと思うほどですが、温泉の泉質には関係ないですね。こちらの施設には食堂もありません。その代わりカップ麺やスナックが棚に置いてあり、受付で精算するシステム。缶ビールや牛乳の自販機も設置されています。

いよいよ温泉です!貴重品入れのロッカーがあります。
脱衣所にもロッカーが有り、鍵も掛かりますが、料金は返却されますので貴重品は貴重品ロッカーへ預けた方が良いかもしれませんね。
どんな風景の温泉が待ち構えているのか、のれんをくぐってみましょう。

こちらが脱衣所になります。
結構広めで、清潔な空間ですね。ロッカーも数があり鍵付きです!

湧出している源泉は二つ。
第1泉源は、古来より多くの先人の病いを癒してきた湯治場的古湯「塩沢温泉」。
第2泉源は、地下600メートルの断層破砕帯から湧出してくる「源泉ぬる湯浴」から「高温浴」を楽しめます。

「塩沢温泉」の源泉は、塩沢川河岸岩壁の割れ目より自然に湧出している硫化水素臭のやや強い中性・食塩泉系単純温泉、温泉30度の低温泉源泉。
第二源泉は湧出口温度・35度の中温泉。泉質は高アルカリ性、高い濃度のナトリウム・カルシウム-塩化物泉であり、湧出量・日量130トンの自噴による源泉です。

塩の味が少しとほのかに硫黄が香るお湯は、内風呂が42℃とやや熱め。寝湯が38℃とぬるめ。露天風呂は41℃。
異なる二つの源泉を楽しんでいただけ、自然優美な環境の中にありますので空気も美味しく四季折々の顔を見ながら温泉に浸かれるのは贅沢ですね。
白州塩沢温泉フォッサ・マグナの湯は観光客と言うよりも、地元の人が多い印象です。地元のお得な情報を聞くことが出来るチャンスかも!

こちらはドライサウナです。
外は冷たい風が吹いていても、ここは別世界のよう。

余計な物は要らない。
単に良い温泉を楽しみたいと思う人には穴場的存在の温泉です。

こちらは畳敷きの休憩室です。
食堂が無いので、お弁当やおにぎりなど持ち込みOK。ポットにはお湯が入っていますのでカップ麺や、お茶を頂くことができます。

白州と言えばウィスキーで有名な場所ですね。綺麗なお水で有名な場所で、近くには サントリー白州蒸溜所が有り見学も出来ます。

白州塩沢温泉フォッサ・マグナの湯にはトレーニングエリアが有り、温泉施設をご利用の方に限り無料で使用できます。さすが市営の温泉施設らしいですね。
トレーニングで汗をかいたら、すぐに温泉でサッパリ汗を流せるのは最高!

白州塩沢温泉フォッサ・マグナの湯
住所:
山梨県北杜市白州町大武川344-19
営業時間:
9:30~21:00
アクセス:
【車】中央自動車道小淵沢ICから10分
【電車】JR中央線富士見駅または小淵沢駅からタクシーで10分
電話:
0266-65-3570
休館日:
毎週水曜日
料金:
北杜市民以外の方大人820円/小人420円

白州塩沢温泉フォッサ・マグナの湯を紹介してきましたがいかがでしたか?
日帰り温泉の中では地味な印象ですが、泉質は良かったという声が多く、何もないって言うのもそれはそれで良いと思います。また地元の人とのふれあいが出来るのもこのような温泉だからこそですね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
新着記事