アメリカ・ニューメキシコ州の人気観光スポット5選!ネイティヴアメリカンとラテン文化の融合した街♪

12,703

views

0

アメリカのニューメキシコ州には他の州には例を見ないネイティヴアメリカンとラテン文化が融合した特有の文化と時間が流れ、旅人を魅了します。サンタフェなどの人気タウンもありますが、あまり紹介されていない町も。そんなニューメキシコの魅力的な街をメインにご紹介します。

アルバカーキ

ニューメキシコ州最大の都市、アルバカーキ。セントラル・アベニューはかつてルート66と呼ばれていました。このアベニュー沿いにはアルバカーキ・オールドタウン地区があり観光客を魅了。ショップやレストラン、ギャラリーが軒を連ね、さながら小さなサンタフェといった感じです。

また、毎年10月には国際気球フェスティバルが開催され、700以上の気球がアルバカーキの果てしなく広い青空に舞い上がります。9日間にわたって開催されるイベントに世界中から観光客が集まり、早朝フライトや夜間のライトアップも人気。

アルバカーキ(Albuquerque)
住所:
Albuquerque, New Mexico
アクセス:
日本からアルバカーキへの直行便はありませんが、ダラス・フォートワース、ロサンゼルス、デンバーでの乗り継ぎが飛行時間が短くて済みます。ニューメキシコの観光はアルバカーキを起点にすると便利。

マドリッド

テキサスにはパリという場所ありますが、ニューメキシコ州にはマドリッドという町があります。アルバカーキの東、1時間ほどのところにある、旧街道ターコイズトレイルの中心的な小さな町、マドリッド。

20世紀半ばまで炭鉱で栄えたが、炭鉱が閉鎖されゴーストタウンに。1970年代にアーチストたちが移り住み、現在のようなおしゃれでキュートな町になりました。メインストリートの両側にはおしゃれなカフェやレストラン、個性的なアートギャラリーが軒を連ね、観光客で賑わう人気スポット。

マドリッド(Madrid)
住所:
Mardid, New Mexico
アクセス:
アルバカーキーからI-40を東へ、14号線を北上。車で1時間。

サンタフェ

「アメリカ最古で最も美しい街」と称され、ネイティブアメリカンとラテン文化に芸術が融合されたサンタフェ。アメリカにいるのに異国情緒が味わえると毎年アメリカ人が国内旅行で一番訪れたい街に選ばれるそうです。

美術品の取引量が世界第3位のサンタフェにはギャラリーが200軒以上も。特にキャニオンロードには個性的なギャラリーが軒を連ねています。

出典: www.etsy.com

サンタフェでは長い歴史に培われたネイティブアメリカン・ジュエリーをいたる所で目にします。

サンタフェ(Santa Fe)
住所:
Santa Fe, New Mexico
アクセス:
アルバカーキー空港から車で北上、約1時間

ロズウェル

UFOの町、ニューメキシコ州ロズウェル。1947年にこの地にUFOが墜落し、その際に宇宙人の死骸をアメリカ軍が回収したロズウェル事件の舞台となった町です。以来、UFOや宇宙人の町として知れ渡ったことを町おこしに活用して、誕生した施設がUFO博物館。Xファイルやロズウェルなどのテレビドラマのヒットでさらに注目を浴びるように。

その周辺にもUFOグッズを扱う店が軒を連ね、多くの観光客で賑わっています。

出典: mapio.net

ロズウェルではマクドナルドもUFOの形。町中にUFOや宇宙人であふれているので、隠れUFOスポットを探すのも楽しい思い出になりそうですね。

ロズウェル(Roswell)
住所:
Roswell, New Mexico
アクセス:
アルバカーキーから車で4時間

タオス・プエブロ

サンタフェから北に約1時間。1992年に世界遺産に指定された、1000年以上前から定住しているネイティブアメリカン、プエブロ部族の集落「タオス・プエブロ」です。

サングレ・ド・クリスト山地から流れるレッド・ウィロー川のほとりに位置する周辺の集落に約2000人のプエブロ族が昔ながらの生活様式で暮らしています。タオス・プエブロは、アドビ煉瓦で造られた集落では唯一複数階の建築物の団地ということが特徴。

1850年に再建されたサン・ジェロニモ教会。

タオス・プエブロ(Taos Pueblo)
住所:
Taos Pueblo, New Mexico
アクセス:
アルバカーキーから車で北上、約2時間

いかがでしたか?

ニューメキシコ州の魅力的な街をご紹介しました。もし、ニューメキシコ州を訪れる際は行ってみてくださいね。

Estoyaqui

海外から海外でしかゲットできない情報をお知らせします!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事