京都・三十三間堂までのアクセス方法まとめ!1000以上の観音様がずらり

2,421

views

0

1000以上の観音様がずらりとお堂に並ぶ様子が圧巻の三十三間堂。観光スポットとしても人気のお堂ですが、ここへ行くにはさまざまなアクセス方法があります。便利な行き方を選べるように、三十三間堂までのアクセス方法をまとめました。

三十三間堂とは?

蓮華王院 三十三間堂は、天台宗妙法院の子院。仏堂柱間が33間(約120メートル)あることから「三十三間堂」と呼ばれています。元々は、後白河上皇の離宮として作られたお寺だそうです。

仏堂柱間には、中央に座っている本尊の千手観音の周りに1,001体もの千手観音像が並んでいます。この千手観音像の中には、会いたい人の顔をした千手観音像が必ずいると言われています。参拝するときは探してみるといいでしょう。

三十三間堂に行くには、いくつかの方法があります。各方面からのアクセス方法をまとめましたので、ぜひ拝観に訪れるときは参考にしてください。

最寄り駅は七条駅

三十三間堂の最寄り駅は、京阪電車の七条駅です。東の方向へ7分ほど歩くと三十三間堂に到着します。

京都駅からのアクセス方法

出典: photozou.jp

京都駅から三十三間堂へ行くときは、バスを利用すると便利です。市バスのD1乗り場から101系統、またはD2乗り場から206、208系統のバスに乗車し、博物館三十三間堂前で下車すると目の前に三十三間堂があります。

観光シーズンなどで道路が混雑しているときは、東福寺経由で京阪電車に乗り換え、七条駅から歩く方が早いかもしれません。また、京都駅から三十三間堂までは徒歩で25~30分ほどなので、散策を楽しみながら徒歩で行かれる方もいます。

車でアクセスする方法

車でアクセスする場合は、いくつかのアクセス方法があります。

①名神高速京都東インターを降りて国道1号線を京都方面へ進み、5条橋東4丁目を左折して直進。
②名神高速京都南インターを降りて鴨川沿いを北上、七条通りを右折し直進。
③阪神高速8号京都線の鴨川東出口を出て鴨川沿いを北上し七条通りで右折。

敷地北側に無料駐車場がありますので、車でアクセスする場合は利用できます。入口は東側北寄りになります。

ただし、三十三間堂の駐車場は50台しか停められませんので、観光シーズンや縁日の日はすぐに満車になってしまいます。その場合は、向かいにある京都国立博物館の駐車場を利用しましょう。

三十三間堂へ行ってみよう

三十三間堂は駅から歩ける距離にありますので、電車を利用すると最もスムーズにアクセスできます。ただし、荷物があったりゆっくりと街並みを眺めながら行きたいときは、バスや車を利用するのもいいでしょう。ベストな方法で三十三間堂まで行ってみてくださいね。

蓮華王院 三十三間堂
住所:
京都市東山区三十三間堂廻り町657
営業時間:
8:00~17:00
アクセス:
京阪七条駅より徒歩7分
電話番号:
075-561-0467
拝観料:
一般600円、高校中学400円、子供300円
aya_3104

国内外のおすすめの観光スポットやお土産など、旅をもっと楽しめるまとめを作っていきたいです。よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 三十三間堂のランチなら!徒歩3分以内美味しいランチおすすめ...

    京都の人気観光スポット三十三間堂。少し歩けば清水寺などの有名スポットがあるので、午前中に三十三間堂を見て、周辺でランチをして有名スポットに向かうのがおすすめです♪今日は、三十三間堂から徒歩3分以内で行ける、本当に美味しいランチのお店を厳選して5店舗ご紹介したいと思います。

  • いざ京都・三十三間堂へ!行き方と拝観料についてのまとめ情報

    京都に行ったら訪れてみたいスポットの一つが三十三間堂。でも場所がどこなのか、どうやって行くのか、拝観料など気になることがありますよね。そこで三十三間堂について調べてきました。これで三十三間堂に行くには、ばっちりです。

  • 京都・三十三間堂の華やかな伝統行事、通し矢を見に行こう!

    京都市内にある三十三間堂は、三十三間(約120メートル)の長さがある本堂と、その中に安置されている1001体の千手観仏像が有名ですね。今回はそんな三十三間堂で毎年1月に開催される華やかな競技「通し矢」についてご紹介します。

このエリアの新着記事
  • 三十三間堂のランチなら!徒歩3分以内美味しいランチおすすめ...

    京都の人気観光スポット三十三間堂。少し歩けば清水寺などの有名スポットがあるので、午前中に三十三間堂を見て、周辺でランチをして有名スポットに向かうのがおすすめです♪今日は、三十三間堂から徒歩3分以内で行ける、本当に美味しいランチのお店を厳選して5店舗ご紹介したいと思います。

  • 京都・三十三間堂の華やかな伝統行事、通し矢を見に行こう!

    京都市内にある三十三間堂は、三十三間(約120メートル)の長さがある本堂と、その中に安置されている1001体の千手観仏像が有名ですね。今回はそんな三十三間堂で毎年1月に開催される華やかな競技「通し矢」についてご紹介します。

  • いざ京都・三十三間堂へ!行き方と拝観料についてのまとめ情報

    京都に行ったら訪れてみたいスポットの一つが三十三間堂。でも場所がどこなのか、どうやって行くのか、拝観料など気になることがありますよね。そこで三十三間堂について調べてきました。これで三十三間堂に行くには、ばっちりです。

この記事のキーワード
新着記事