ナウル

Nauru

【アホウドリと鉱物によって栄えた国 ナウル】

時差が-3時間で、日本からの直行便がなくオーストラリアのブリスベン経由が一般的。飛行時間は、成田空港からナウル国際空港まで約13時間。イギリス連邦加盟国で、国土が21㎢小さくバチカン市国、ツバルに次いで人口が少ない。年間を通して28℃を保ち、降水量もほぼ変化がないため過ごしやすい。観光スポットとされる太平洋戦争の跡地がある悲しい歴史を持つ一方で、リン鉱山採掘で財を成した顔も持つ特殊な国。戦跡群の他に、石採掘跡地、ラグーンなどがある。観光スポットは、アクセスの良くない場所が多く現地の人の案内で訪れるのがおすすめ。

新着記事