アゼルバイジャン

Azerbaijan

【近年急成長のコーカサス最注目の国 アゼルバイジャン】

中央アジアに位置するアゼルバイジャンへはモスクワやイスタンブールでの乗り継ぎが一般的。時差は-4時間。首都バクーは城壁都市として知られ、世界遺産の一つでもある。近年油田開発されてから急成長のアゼルバイジャンは第二のドバイとも言われており、ヘイダル・アリエフ・センターをはじめとした近代的な建物が立ち並ぶ。しかし旧市街地へ行けば煉瓦造りの家や小道がありまだまだ地元の素朴な日常を垣間見ることもできる。また、数々の洞窟に石器時代に書かれたロックアートがある世界遺産、ゴブスタン遺跡も足を運ぶ価値は大いにあるだろう。

新着記事