バチカン市国基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

0

views

0

カトリックの総本山であるサン・ピエトロ大聖堂など、観光名所が集約されているバチカン市国。うっかり祝日に行ってしまって、どこもかしこも閉まっていた…ということのないように、ここではバチカン市国の祝祭日やビジネスアワーについて紹介しています!

バチカン市国の祝祭日

ローマ教皇を国家元首とするバチカン市国。国民はほぼ聖職者で構成されていて、国外からも敬虔なクリスチャンがたくさん訪れています。そんなバチカン市国の祝祭日は、ほとんどキリスト教にちなんだものです。祝祭日は多くの商店や観光地も休みとなることが多いので注意が必要です。

1月1日:神の母聖マリアの祭日
1月6日:主の公現
2月11日:テラノ条約締結記念日
3月19日:聖ヨセフ
3~4月:復活の主日(移動祝日)
5月1日:メーデー
5月:主の昇天(移動祝日)
6月:キリストの聖体(移動祝日)
6月29日:聖ペトロ・聖パウロ
8月15日:聖母の被昇天
11月1日:諸聖人
12月8日:無原罪の聖マリア
12月24日~25日:主の降誕
12月31日:年越し

代表的な祝日① 3~4月:復活の主日

3月22日から4月25日の間のいずれかの日曜日にあたる祝日で、「イースター」とも呼ばれています。十字架にかけられたイエス・キリストが復活したことを記念する、キリスト教において最も重要な祭の一つ。バチカンをはじめ多くの教会で特別な礼拝が行われます。

代表的な祝日② 12月24日~25日:主の降誕

日本でもお祝いされているクリスマス。イエス・キリストの降誕を祝う祭であり、キリスト教の教会ではミサが行われます。

バチカン市国のビジネスアワー

ここでは、バチカン市国の一般的な商店や飲食店の営業時間の目安を紹介します。

一般商店

商店の主な営業時間は10:00~20:00くらい。ただし、個人商店などでは昼時に昼休みをとったり、日曜・祝日は休みになるケースが多いです。

レストラン・カフェ

レストランの主な営業時間は、12:00~15:00のランチタイムと19:00~のディナータイムに分かれ、カフェは通しで営業していることが多いです。

バチカン観光の前に祝祭日とビジネスアワーを把握しておこう!

バチカン市国の祝祭日は多くの場所が休みとなってしまい、観光に支障が出てしまいます。バチカン市国を観光する前に祝祭日とビジネスアワーを把握して、スムーズにバチカン市国観光ができるようご計画くださいね!

UG87

旅行とワインが大好きです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • バチカン市国基本情報 【交通手段編】

    ローマの中にある世界最小の国家、バチカン市国。国全体が世界遺産に登録され、見どころも多く、世界中から観光客が押し寄せています。ここでは、そんなバチカン市国へローマから訪れる際の主な交通手段を紹介しているので、ご旅行の際にはぜひ参考にしてください!