香港・九龍半島側のおすすめホテル15選!ゴージャスからエコノミーまで!

12,357

views

0

香港は中国と地続きの九龍半島側と海を挟んで香港島側、そして離島からなっています。香港といえば、色とりどりのネオンがギラギラのネイザンロードを思い出す人も多いと思いますが、あのネイザンロードがあるのが九龍半島側です。香港の九龍半島側でおススメのホテルをゴージャスからエコノミーまでご紹介いたします。

ザ・ミラ・ホンコン

香港にはおしゃれなホテルも増えてきましたが、近年改装オープンした中ではとびきりのオシャレ度が評判の「ザ・ミラ・ホンコン」。かつては「ミラマーホテル」と呼ばれており、半世紀近くの歴史があるホテルなのです。

まず入り口からして幻想的なオブジェ風エントランス!まるで竜宮城にでも入っていきそうな雰囲気です。

客室は、写真のスタンダード・スタジオルームでも22平方メートルの広さがあり、シティービューなら27平方メートルです。赤、青、シルバーのテーマカラーが選べる上、キングベッドの部屋には北欧デザインの「エッグ・チェアー」も置いてあるのが特徴です。また、ポケットWi‐FiやiPodドッグなどうれしい設備も標準装備です。

ザ・ミラ・ホンコン
住所:
118-130 Nathan Rd, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
電話番号:
+852 2368 1111

エンパイヤーホテル カオルーン

尖沙咀と言っても、ネイザンロードから少し入ったキンバリーロード沿いにある4つ星ホテル。香港のホテルの中では中堅ホテルにあたりますが、改装をしてスタイリッシュに生まれ変わりました。円形で吹き抜けになっている独創的な建物で、3階の吹き抜け部分にはプールがあります。

尖沙咀のネイザンロードやナッツフォードテラスといった大繁華街にも近いですが、大通りからちょっと入っているためと、建物が吹き抜け構造ゆえに片側にしか客室がないため、315もの部屋があるのに静かな印象です。
客室は広くはありませんが、白やシルバーの色使いで、テレビをつり下げ式にするなど空間をうまく使ってあります。「エンパイアプラス」と名付けられたフロアーの部屋ならリビングルームもついており快適です。
また、低層階では林立する高層ビル群の眺めに圧倒されますが、高層階なら遠くビクトリア湾を望める部屋もあります。

日本の工業デザイナー、柳宗理のテーブルを置いているあたり、ポイントが高いです!

エンパイヤーホテルカオルーン
住所:
62 Kimberley Road, Tsim Sha Tsui, Kowoloon
電話番号:
+852 2685 3000

ザ・ラックスマナー

大きな荷物を持ってホテルの入り口に近づくとさりげなくドアを開けてくれるブラックスーツのドアマン。高級ホテルのドアマンらしからぬ、フロントの女性たちもブラックスーツで決めています。ちょっと日本にはない独特の世界観を持つホテルですが、「不思議の国のアリス」のようなファンタジー&エレガンスの世界が好きな人には大おススメ!「インスタ映え」なら香港一です。

お願いすればこんなシャレた演出もしてくれます。

ロビーはこんな感じで、ファンタジー&エレガンス、それにちょっぴりデカダンスな雰囲気を醸し出しています。

フロントも独特の世界観を醸し出しています。

30平方メートルのスタンダードルームは、調度品にも凝りまくりです。猫脚のドロワーの中はミニバーになっています。壁や天井の書かれた額縁や暖炉、テレビでさえ額縁の中に収まっています。くしゃくしゃ感のある赤いゴミ箱、粘土に足型がついたモチーフの体重計など、雑貨類も驚くものばかり。シャワーのみですが、
ハンドシャワーに加えて天井のレインフォレストシャワーがうれしいです。アメニティもコルゲートの歯磨きをはじめ、木製のクシなどひと味違う楽しさです。

ザ・ラックスマナー
住所:
39 Kimberley Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, HK
電話番号:
+852 3763 8888
エアポートエクスプレス九龍駅より、無料バスK5にてThe Luxe Manor下車

ホテルMK(旧 タタミハンプトンホテル)

香港の中でも女人街や翡翠街、男人街などもありディープな旺角エリアにあるホテル。2010年まではタタミハンプトンという名前だったのですが、「ホテルMK」と名前を変えました。
もともと2004年に18階建てのオフィスビルを改装してホテルにしてあるため、一部屋の狭さは否めませんが、ホテル代の高い香港にしては10,000円以下で泊まれるため、バックパッカーや節約派トラベラーに絶大なる人気を誇っています。

チェックインはまず、1階で行い、客室にはいったん入り口を出て別棟のエレベーターから向かうという複雑な造りになっています。以前はフロントや客室にもIKEAの家具などが置いてありPOPな感じだったのですが、落ち着いた感じの普通のホテルになってしまいました。

室内は超シンプル!一番エコノミーなツインルームは窓なし8平方メートルです。「ホテルは寝るだけ」と割り切っている人もそうでない人も、なんでも手をすぐ伸ばせる快適さに目覚めてしまうかもしれません。しかし上層階だと旺角のビューもすごく、香港映画「インファナル・アフェア」の世界が体験できます。

極狭な部屋ばかりかと思いきや、こんなプチ豪華な部屋もあります。

バスタブはなくシャワーのみですが、ロフト感あふれるバスルームのトイレの上にシャワーが設置されているため、「トイレ&シャワー同時」という日本ではできない体験もできます。最初は驚きますが、土地の高い香港のリアルやカルチャーショックを感じたい人は是非オススメです。

ホテルMK
住所:
No.11, Chang Sha St, Mongkok, Kowloon,HK
電話番号:
+852 3188 9680 

おわりに

いかがでしたか?香港・九龍半島側に特化しておススメホテルを挙げてみました。ご参考になれば幸いです。

香港のおすすめ記事はこちら

  • 1
  • 2

zuenmei

香港、バリ島のB級グルメとナチュラル石けん、そしてzumbaダンスを愛するアラフィーです。よろしくお願い致します。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
新着記事