【山形】美人の湯でお肌ツルツル!蔵王温泉でゆったりのんびり湯めぐりの旅

7,473

views

0

東北を代表する温泉郷、蔵王温泉。開湯1900年という歴史あるいで湯は、強酸性の硫黄泉で「美人の湯」としても人気があります。日帰り入浴施設や共同浴場もあり、宿泊しなくても温泉に入れるのが嬉しいところ。今回は、おすすめの立ち寄り湯をご紹介します。ぜひ、それぞれに特色のある湯を楽しんでくださいね。

蔵王温泉 大露天風呂

蔵王温泉の名物露天風呂である「大露天風呂」は、温泉街の1番奥にあります。渓流沿いにあり、川音を耳にしながらリラックスできる人気スポット。門をくぐり階段を降りていくと、野趣あふれる露天風呂が待っています。

露天風呂は、1度におよそ200人が入ることができるという自慢の広さ。上流が女湯、下流が男湯となっています。温もりのある木の建物と天然石でできた湯船は木々に囲まれ、森の中でくつろいでいるかのような心地よさ。

蔵王温泉 大露天風呂
住所:
山形市蔵王温泉荒敷853-3
電話番号:
023-694-9417(蔵王温泉観光株式会社)
アクセス:
山形自動車道「山形蔵王」ICより約35分
営業時間:
6:00~19:00(最終受付18:30)
定休日:
なし ※12月~翌3月までは閉鎖
料金:
大人550円 小人300円 

源七露天の湯

大露天風呂から少し下ったところ、スキー場のゲレンデ近くにある源七露天の湯。オープン以来、たくさんの旅行客の疲れを癒してきた素朴な雰囲気の立ち寄り湯です。露天風呂と内湯の他にシャワーもあり、肌の弱い人も安心。

ヒノキの香りが漂う内湯は、蔵王温泉ならではの熱めの湯。青白色の湯には、湯花も豊富でお肌がツルツルになると評判です。ぬる湯の露天風呂は、夜になるとライトアップされ幻想的に。昼間とは一味違う雰囲気を楽しめます。

源七露天の湯
住所:
山形市蔵王温泉荒敷862-1
営業時間:
09:00~21:00
電話番号:
023-693-0268
アクセス:
山形自動車道「山形蔵王」ICより約30分
定休日:
水曜日 ※午前中または終日の場合あり
料金:
大人450円 小人250円

湯の花茶屋 新左衛門の湯

蔵王中央ロープウェイ乗り口の目の前にある、いろいろな湯船を楽しめる立ち寄り湯。お食事処やお土産店も併設していて、ゆったりとした時間を過ごすことができます。天気が良ければ、露天風呂の目の前には蔵王山を望むことも。

蔵王温泉ならではの源泉かけ流しの他に、肌が弱い人におすすめの「四・六の湯」や一人風呂の「かめ風呂」など数種類の露天風呂を楽しむことができます。あえて温泉を使っていない内湯は湯上りにひと浴びするのがおすすめ。外にある足湯も人が絶えない人気ぶりです。

湯の花茶屋 新左衛門の湯
住所:
山形市蔵王温泉川前905
電話番号:
023-693-1212
アクセス:
山形自動車道「山形蔵王」ICより約30分
営業時間:
平日 10:00~18:30(最終受付18:00)       土日祝 10:00~21:30(最終受付21:00)
定休日:
不定休
料金:
大人700円 小人400円  幼児(3歳以上)200円

共同浴場

上湯共同浴場

はしご湯で忘れてならないのが、昔ながらの共同浴場。蔵王温泉街には、地元の人達も通う共同浴場が3つあります。酢川神社近くにある上湯共同浴場は、こぢんまりとした木造の建物が情緒ある雰囲気。

出典: www.jalan.net

源泉かけ流しの湯は、温泉街の中でも酸度が強い方。お肌がツルツルになります。広くはありませんが、木の香りが心地よく1日の疲れをサッパリと洗い流すことができそう。

川原湯共同浴場

温泉街から少し奥まった静かな場所に建つ共同浴場です。やや小さめの建物ですが、湯量は豊富。湯船の底にすのこが敷いてあり、底から温泉が湧き出しています。かなり熱めなので、そちらはご注意を!

下湯共同浴場

温泉街の中央にあるのが下湯共同浴場。建物の周りは石畳みでベンチも用意されているので、湯上りにくつろぐことも。入口には、源泉が溢れるオブジェがあります。時間帯によっては、とても混むので確認してから入浴するのがおすすめです。

蔵王温泉 共同浴場
住所:
山形市蔵王温泉
営業時間:
06:00~22:00
電話番号:
023-694-9328(蔵王温泉観光協会)
アクセス:
山形自動車道「山形蔵王」ICより約30分
定休日:
なし
料金:
大人200円 小人100円

ほんのり漂う硫黄の香りと、ところどころから上がる湯気が情緒ある蔵王温泉。のんびりと湯めぐり旅はもちろん、周辺には観光スポットも多いので1日の疲れを温泉で流すというのもいいですね。東北への旅をお考え中ならば、ぜひ足を運んでみてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 蔵王で買いたいおすすめのお土産15選!フルーツから地酒まで!

    山形県の蔵王。一年を通じてダイナミックな自然を楽しめる観光地です。ここではそんな蔵王のおすすめのお土産を紹介しましょう!地元産のフルーツを使った製品など、おいしいものがたくさん揃っていますよ!

  • 蔵王でジンギスカンを食べよう♪人気のおすすめ名店3選!

    ジンギスカンといえば北海道地方のイメージが強いかもしれませんが、実は鉄鍋を使って仔羊肉を調理するのは蔵王がもともとの発祥地ということはご存知でしょうか?今回こちらでは山形県・蔵王温泉に足を運んだ際是非チェックしていただきたい、ジンギスカンが食べれる人気店についてピックアップしてまいります!

  • 美人の湯・蔵王温泉のおすすめ旅館4選!山形県最古の名湯で癒...

    宮城県と山形県の県境に連なる蔵王連峰、その山形県側の麓に位置するのが蔵王温泉。開湯1900年ともいわれ、山形県で最も古い歴史をもつ蔵王温泉には名湯と呼ぶにふさわしい温泉宿が数多く存在します。そこで今回は、蔵王温泉のなかでも人気の4つのお宿をご紹介します。

  • 蔵王温泉を楽しもう!おすすめ旅館12選

    1900年以上の歴史を持つ蔵王温泉。周辺エリアには、旅館やホテルが立ち並びます。また、スキー場も併設していることから、冬になると多くの人達でにぎわいます。今回は、そんな蔵王温泉を存分に楽しめる温泉宿を紹介します。

このエリアの新着記事
  • 蔵王でジンギスカンを食べよう♪人気のおすすめ名店3選!

    ジンギスカンといえば北海道地方のイメージが強いかもしれませんが、実は鉄鍋を使って仔羊肉を調理するのは蔵王がもともとの発祥地ということはご存知でしょうか?今回こちらでは山形県・蔵王温泉に足を運んだ際是非チェックしていただきたい、ジンギスカンが食べれる人気店についてピックアップしてまいります!

  • 蔵王で買いたいおすすめのお土産15選!フルーツから地酒まで!

    山形県の蔵王。一年を通じてダイナミックな自然を楽しめる観光地です。ここではそんな蔵王のおすすめのお土産を紹介しましょう!地元産のフルーツを使った製品など、おいしいものがたくさん揃っていますよ!

  • 蔵王温泉を楽しもう!おすすめ旅館12選

    1900年以上の歴史を持つ蔵王温泉。周辺エリアには、旅館やホテルが立ち並びます。また、スキー場も併設していることから、冬になると多くの人達でにぎわいます。今回は、そんな蔵王温泉を存分に楽しめる温泉宿を紹介します。

  • 美人の湯・蔵王温泉のおすすめ旅館4選!山形県最古の名湯で癒...

    宮城県と山形県の県境に連なる蔵王連峰、その山形県側の麓に位置するのが蔵王温泉。開湯1900年ともいわれ、山形県で最も古い歴史をもつ蔵王温泉には名湯と呼ぶにふさわしい温泉宿が数多く存在します。そこで今回は、蔵王温泉のなかでも人気の4つのお宿をご紹介します。

今週の人気記事