こんぴら参拝でパワーチャージ!石段を上る参拝コースと手順をご案内

494

views

0

一般的には「こんぴらさん」という呼び名の方がよく知られていますが、正式な名前は「ことひらぐう(金刀比羅宮)」といいます。1368段もあるとても長い石段の上にあることでも有名ですね。江戸時代から庶民の参拝スポットとして賑やかなこんぴらさん。あなたも参拝して、パワーチャージしてみませんか?

金刀比羅宮(ことひらぐう)参詣

「こんぴらさん」という愛称でおなじみの「金刀比羅宮(ことひらぐう)」は、香川県琴平町にあります。高い石段の上にありますが、海上交通の守り神です。「こんぴら船々 追風(おいて)に帆かけて シュラシュシュシュ」という民謡も有名ですね。

①参道上り口

表参道を抜けてゆくと、すぐに石段が現れます。けれども大門までの間にはたくさんのお土産屋さんなどがあり、そちらに気をとられて最初はさほど階段も気にならないでしょう。

②大門

ここで365段目。一休みするのにちょうどいい場所で、名物の飴屋さんもこの門の先にあります。この門は江戸時代に松平頼重候により寄進されたものです。松平頼重候は水戸光圀のお兄さん。

③五人百姓

傘の下では飴を売っています。「五人百姓」とは宮域の中で飴を売ることを許可された特別のお百姓さんでした。その習わしが今でも続けられているのです。

傘の下で売られているのは「加美代飴」というゆずの風味がするべっこう飴です。小さな金づちがついていて、それで割って食べるという方法がユニーク。素朴でやさしい味わいに階段登りの疲れも癒されるでしょう。

④桜馬場西詰銅鳥居

もともとこの門は高燈籠の東側にありました。それを大正元年に力士 朝日山四郎右衛門がいまの場所に移設したということです。

⑤こんぴら狗の銅像

イラストレーターの湯村輝彦さんがデザインした「こんぴら狗の銅像」が桜馬場西詰銅鳥居の横にあります。これは江戸時代に、主人に代わって「こんぴらさん参り」をした犬がモデル。昔は旅行することは大変なことであり、一方で神社参詣は悲願でもありました。そこで、その夢を犬に託して叶えたということなのです。

⑥カフェ&レストラン 神椿

石段500段目にあるセルフサービスのカフェ。飲み物やスイーツのほかに軽食などもあるので、腹ごしらえするのにもちょうどいいですよ。

石段上りで疲れた体に甘いものでホッと一息。看板メニューの「神椿パフェ」の他、毎月変わる地元産の食材を取り入れた「季節のパフェ」なども人気があります。

カフェ&レストラン 神椿
住所:
香川県仲多度郡琴平町892-1 金刀比羅宮 境内 石段(参道)500段目
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0877-73-0202
アクセス:
JR土讃線 琴平駅から徒歩で約40分 車で約15分
定休日:
なし

⑦賢木門

642段目にある賢木門は「さかきもん」と読みます。もともとは「逆木門」と書いていました。文字通り逆さにつけた柱が1本あったからです。けれども「逆」という字の縁起が良くないということで、今の文字に変えられました。

⑧御本宮

785段目に本宮が。大物主神と崇徳天皇が御祭神として祀られています。

⑨旭社

旭社には天保時代の技術の粋を集めた装飾が施してあります。柱間や扉の草花、鳥獣、屋根裏の巻雲の彫刻は見事。

金刀比羅宮(ことひらぐう)
住所:
川県仲多度郡琴平町892-1
電話番号:
0877-75-2121
アクセス:
JR土讃線 琴平駅から徒歩で約40分 車で約15分
御本宮御扉開閉時刻:
4月〜9月 6:00~18:00 10月〜3月 6:00~17:00
御祈祷受付時間:
9:00~5:00
休日:
なし

こんぴら参拝いかがでしたか?石段の数を見ただけで疲れてしまったなどと言わずに、ぜひチャレンジしてみてください。石段を上り詰めた後に食べる讃岐うどんの味はきっと格別ですよ♪

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • うどん発祥の地こんぴらさん周辺で食べたい本場のさぬきうど...

    香川県といえば讃岐うどんですよね。うどん発祥の地ともいわれる讃岐には、江戸時代にお伊勢参りと並んで人気のあったこんぴらさんがあり、その周辺から全国初のうどん屋さんがあらわれ全国にうどんが広がったともいわれています。そんな讃岐のこんぴらさんお膝下に並ぶ本場讃岐うどん屋8店をご紹介しましょう。

  • 香川旅行で金刀比羅宮へ!総本山「こんぴらさん」詣での楽しみ方

    昔から「こんぴらさん」として親しまれ続けている金毘羅神社。「金刀比羅宮(ことひらぐう)」といいます。実は600余りもの金毘羅神社が日本に存在しますが香川県のよく知られる神社が総本宮とされています。名前の元々の由来についてはサンスクリット語の「クンビーラ」から来ているとか。そんな由緒のある神社ですが、詣でてみるととても親しみやすく味わい深いお宮。ダイナミックな石の階段にめげずに一度お詣りしてみては!?

  • そこまでやるか!香川県のうどん風ソフトクリーム"かまたまソ...

    うどん県香川。うどんを愛しすぎている香川県ではうどんのグッズやキャラクターが盛りだくさんです。さらに注目すべきはうどんのスイーツ。うどんのグミやランチパックなどはまだまだ序の口。最近ではうどん風ソフトクリーム、その名も"かまたまソフト"なるものを開発して注目を集めています。今回はその気になるうどん風ソフトクリームを紹介します。

  • こんぴら温泉郷のおすすめの旅館4選!こんぴらさん参拝で疲れ...

    香川県仲多度郡琴平町にある、こんぴら温泉郷。近く旅館には、海上交通の守り神や他のご利益でも有名な「こんぴらさん」と呼ばれている金刀比羅宮が、象頭山の中腹に鎮座しています。奥社まで行くには千段以上の石段があるとのこと。参拝後の疲れを癒すのにもぴったりな、こんぴら温泉郷のおすすめの宿4選をご紹介します。

このエリアの新着記事
  • そこまでやるか!香川県のうどん風ソフトクリーム"かまたまソ...

    うどん県香川。うどんを愛しすぎている香川県ではうどんのグッズやキャラクターが盛りだくさんです。さらに注目すべきはうどんのスイーツ。うどんのグミやランチパックなどはまだまだ序の口。最近ではうどん風ソフトクリーム、その名も"かまたまソフト"なるものを開発して注目を集めています。今回はその気になるうどん風ソフトクリームを紹介します。

  • 香川旅行で金刀比羅宮へ!総本山「こんぴらさん」詣での楽しみ方

    昔から「こんぴらさん」として親しまれ続けている金毘羅神社。「金刀比羅宮(ことひらぐう)」といいます。実は600余りもの金毘羅神社が日本に存在しますが香川県のよく知られる神社が総本宮とされています。名前の元々の由来についてはサンスクリット語の「クンビーラ」から来ているとか。そんな由緒のある神社ですが、詣でてみるととても親しみやすく味わい深いお宮。ダイナミックな石の階段にめげずに一度お詣りしてみては!?

  • うどん発祥の地こんぴらさん周辺で食べたい本場のさぬきうど...

    香川県といえば讃岐うどんですよね。うどん発祥の地ともいわれる讃岐には、江戸時代にお伊勢参りと並んで人気のあったこんぴらさんがあり、その周辺から全国初のうどん屋さんがあらわれ全国にうどんが広がったともいわれています。そんな讃岐のこんぴらさんお膝下に並ぶ本場讃岐うどん屋8店をご紹介しましょう。

  • こんぴら温泉郷のおすすめの旅館4選!こんぴらさん参拝で疲れ...

    香川県仲多度郡琴平町にある、こんぴら温泉郷。近く旅館には、海上交通の守り神や他のご利益でも有名な「こんぴらさん」と呼ばれている金刀比羅宮が、象頭山の中腹に鎮座しています。奥社まで行くには千段以上の石段があるとのこと。参拝後の疲れを癒すのにもぴったりな、こんぴら温泉郷のおすすめの宿4選をご紹介します。

新着記事