チェンマイで絶対ゲットしたいお土産15選!人気のオススメお土産をご紹介

52,278

views

0

ラーンナータイ王国の首都として発展した「チェンマイ」。現在もタイ北部の中心的存在で観光スポットの多い美しい古都です。そんなチェンマイを訪れたのなら必ずゲットしたい人気のお土産をご紹介します。

ダラデヴィ・ケーキ・ショップのスイーツ

チェンマイの中でも有数のラグジュアリーなホテルリゾート、「ダラデヴィ・チェンマイ」の中にあるケーキショップのスイーツ達が女子へのお土産にぴったりです。まず目を奪われるのが、お店の外にどーんとディスプレイされているドデカいマカロン。SNS映えする写真が撮れること間違いなしです。そして中に入ると、カラフルで素敵なマカロンタワーがお出迎え。テンションが一気に上がりますね。マカロンをはじめケーキやエクレアなど、あまり日本では見かけない色使いのものもあり、どれもおいしそう。お土産用のマカロンやクッキー、マドレーヌなども販売されています。

お店はイート・インになっているので、その場で食べてもOK。味を自分で確かめてからお土産にするのも◎。マカロンにはタイらしいマンゴー・スティッキーライス味も! せっかくだから、ケーキを食べながらのティータイムを楽しむのもおすすめです。また、実際にマカロンを作っている「マカロン・ファクトリー」は、一面のガラス張りになっていて外から見学できますよ。一つひとつ丁寧に作っているんですね。時間に余裕があれば、ぜひ立ち寄ってみて。

ダラデヴィ・ケーキ・ショップ(Dhara Dhevi Cake Shop)
住所:
タイDhara Dhevi Chiang Mai, 51/4 Moo 1, Chiang Mai-Sankampaeng Road, T. Tasala, A. Muang, Chiang Mai 500
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
(+66) 53888888
アクセス:
国鉄チェンマイ駅から車で8分

オーダーメイドスーツ

自分へのご褒美としてのお土産にオーダーメイドスーツはいかがでしょうか。「タイではスーツをお手頃な価格で仕立てられる!」と聞いたことがある方もいるはず。チェンマイをはじめとするタイの街では、意外に多くのテーラーを見かけます。オーダーというとなんだか高級で敷居が高いイメージですが、タイでは、気軽にしかも日本で作るよりも格安なお値段でオーダーメイドの洋服を作ることができるんです。日本語が通じないお店も多いですが、英語やボティーランゲージでなんとかなったという声も。デザインや色など「こんなのがいい」というイメージの写真や、余裕があればサンプルとなるようなものを持っていくといいかもしれません。納期も短い場合が多いので、旅初日に採寸してもらい、帰る日に受け取る予定にすると◎。

仮縫いで試着ができることも多く、丁寧な仕上がりが期待できます。おすすめは、口コミでも評価の高い「CMカスタムテイラーチェンマイ」。生地の品揃え、きめ細やかなサービス、出来栄えの良さなどから選ばれることが多いみたい。フレンドリーなスタッフがプロフェッショナルに対応してくれるそうです。 

CMカスタムテイラーチェンマイ(CM Custom Tailor Chiang Mai)
住所:
212 Ratchapakinai Rd, Chiang Mai 50200 タイ
営業時間:
08:30~20:00
電話番号:
+66 86 657 5481
アクセス:
チェンマイ国際空港から車で13分

セラドン焼き

タイ北部のチェンマイに700年以上続く高級青磁器の「セラドン焼き」。セラドン焼きは全てハンドメイドで、色合いは淡いひすい色をしているのが特徴です。手作りならではの温もりが伝わります。お土産におすすめなのがセラドン焼きのお皿。エスニックはもちろん、和食、洋食、中華と、どんな料理を盛り付けてもその美味しさを演出してくれること間違いなしです。食卓が華やぎますよ。厚手で丈夫だから日常食器として使うのにぴったり。表面のひび模様に料理の油分や調味料の色などが染み込んでいくので、使い込むほどに変化するお皿の色も楽しめます。大事に使えば、いつまでもタイの思い出が色あせることはありませんね。

マーケットでも購入できますが、より上質なものを探しているのなら創業が1973年という老舗、「メンライ・キルンズ」が種類も豊富なのでおすすめ。お店の外観からは想像できない品数のセラドン焼きが棚を埋め尽くしています。ゆっくりと焼き物を手に取ってながめるなんて、旅行だからこそできる贅沢な時間の使い方ですよね。素敵なタイの思い出に、ぜひ選んでみてはいかがですか。

メンライ・キルンズ(Mengrai Kilns)
住所:
Arak Rd, Chiang Mai, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200 タイ
営業時間:
08:00~17:00
電話番号:
+66 53 241 063
アクセス:
チェンマイ国際空港,から車で9分

ハーブ・ベーシックス

女性へのお土産で悩んでいるなら自家製のハーブやアロマ製品、オーガニックコスメを取り扱っているこちらのお店、「ハーブ・ベーシックス」がおすすめ。チェンマイに7店舗あり、お得なお値段でナチュラルなスキンケアアイテムが多数ラインナップされています。例えば、バスタイムが楽しくなるバスソルト、ボディーソープにスクラブやヘアケアアイテム、そして、お肌のお手入れに欠かせないマッサージオイルやボディークリームなどで、どれも心地よいアロマで癒してくれそう。全ての製品にタイで採れるハーブをふんだんに使っています。アロマに詳しい方には、エッセンシャルオイルなどもおすすめですよ。

パッケージも女子の心をくすぐるデザインで、うけること間違いなし。また、ばらまき用のお土産にぴったりなのがリップクリームやハンドクリーム。こちらもオレンジやココナツ、ラベンダーなど色んな香りがそろっています。あれもこれもと見ているうちに時間を忘れそう。お店の人が「可愛い」と自信を持ってチョイスした品揃えになっています。お土産を開けた瞬間にテンションが上がって大喜びされますよ。

ハーブ・ベーシックス (Herb Basics)
住所:
344 Thapae Road, Chang Moi, Muang, Chiang Mai 50300 タイ
営業時間:
09:00~20:00
電話番号:
+66 53 234 585
アクセス:
チェンマイ国際空港から車で16分
営業時間:
土曜: 9:00~18:00
     日曜:
14:00 ~20:00

タイシルク

世界中にファンがいるタイシルク!そのユニークで美しい光沢感の虜になった人も多いのではないでしょうか。チェンマイでも様々なお店でタイシルクを扱っていますが、「チェンマイのジムトンプソン」とも呼ばれる隠れた名店、「ヴィラ チニ」をぜひチェックしてみてください。養蚕からシルクの加工まで手がけていて、生地の色づかいは、すべて「ヴィラ チニ」のオリジナルです。インテリア用品を多く取り揃えていますが、そのクッションカバーは、タイの高級ホテルで使われているというのだから、品質は折り紙付きですよね。化粧ポーチやランチョンマット、動物を形どった小さなぬいぐるみなどもあり、お土産にぴったり。

また、格調高い雰囲気のショップは、築150年とも言われる美しいシノポルトガル様式(中国ポルトガル様式=ある建築家が名づけたそう)と言われる建物で、一見の価値ありです。2階から眺める中庭の景色も素敵。切手付きのポストカードを無料でくれるそうなので、店員さんに聞いてみて。ノスタルジックな風景の中で書いたポストカードがチェンマイから届くなんて、ちょっとしたサプライズですよね。

ヴィラ チニ(Vila Cini)
住所:
30, 32, 34 Charoen Rat Road, Chiang Mai
営業時間:
08:30~22:30
電話番号:
(053)246246
アクセス:
国鉄チェンマイ駅から車で5分

モン族の刺繍雑貨

山岳地帯に住むモン族の人々。「モン」とは「自由」を意味するそう。モン族は、文字を持たない民族です。手先が器用なモン族は、文字の代わりに刺繍で後世の世代に生活や歴史を伝えてきたのだとか。そんなモン族の人々が手掛ける雑貨はとてもキュート。一針ひと針に心のこもった刺繍模様は、色鮮やかで、見ているだけでも気分があがります。

そんな雑貨を格安で買うことができるのがモン族の市場。ポーチや財布、洋服、バッグ、キーホルダーなど様々なアイテムがあって、あれもこれもと目移りしそう。エキゾチックな模様のクッションカバーは、インテリアのアクセントにもなりますよね。ばらまき用のお土産にビーズ細工のキーホルダーなどもいいかも。自分で手芸する人には刺繍のリボンテープやボンボンなどがおすすめです。刺繍が施された布も売っていますよ。作り手が直接販売しているので、かなりお得に可愛いアイテムをゲットできるのがうれしい。言葉が難しいので、お目当のものがあれば、スマホなどで写真を見せると分かりやすいですよ。素朴だけれどとても手の込んでいるモン族の刺繍雑貨をお土産にいかがですか。

モン族の市場(mon toribe market)
住所:
Chang Moi, ムアンチエンマイ チエンマイ 50300 タイ
アクセス:
国鉄チェンマイ駅から車で5分
営業時間:
朝から夕方ごろ

タナカパウダー

肌のお手入れに余念がないあの人へのお土産におすすめなのが肌のきめを整えてくれると評判の「タナカパウダー」。「タナカって、タナカさん?」と、誰にも聞けない感じの疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。「タナカ」とは、ミャンマーに自生するミカン科の木の名前。育つのに時間がかかるため、良質のタナカは貴重なのだとか。そんなタナカの木の粉末を利用して作られていているパウダーは、さらっとした触り心地で香りが良く、毛穴引き締めや美白の効果も期待できます。

チェンマイでは、タナカパウダーで顔をパックするスキンケアが盛んです。ミャンマーから移り住んだ人たちも多く、肌が綺麗な彼女たちたちが好んでやっていることから広まりました。2000年もの昔から続く伝統のスキンケアなんだそうですよ。旅行中に思わず紫外線を浴びてしまったお肌に試してみては? フェイスパウダーやボディーパウダーとして使うのもおすすめです。日本人オーナーの牧子さんが経営するカフェ、「アムリタガーデン」でも購入可! 日本では意外に高価なものなので、チェンマイに行ったら、ぜひチェックしてみてください。

アムリタガーデン(Amrita Garden)
住所:
2/1 Samlan Road Soi 5, T prasing, Amphoe Mueang, Chiang Mai 50200 タイ
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
+66 90 321 2857
アクセス:
チェンマイ国際空港から車で11分
営業時間:
夏期10:00~20:00
定休日:
火曜

石鹸細工

思わず声が出てしまいそうな可愛い石鹸細工もチェンマイのお土産としておすすめです。薔薇やランなど、さまざまな花をモチーフにした形に細工されている石鹸は、とにかくカラフルで南国ムードたっぷり。一見しただけでは、すぐにそれが石鹸から出来ているなんて思えないほどの美しさです。ただの固形石鹸が、たった一本のナイフであっという間に綺麗な花になっていくんですよ。最初に小さな花弁を真ん中に作ってその周囲をぐるりと削り取り、次のレイヤーを作ってその外側を一周削るという工程を繰り返します。ハスの花ならわずか2分ちょっとで出来上がり。目を見張るスピードで次々と色んな花を彫っていく技は、本当にお見事。タイの人たちって、器用なんですね。とても良い匂いがするので女性へのばらまき用のお土産にぴったり。容器の蓋にも色鮮やかな花のペイントがしてあったりと、開ける前からわくわくしますよね。お値段もプチプライスで◎。

チェンマイ・ナイト・バザールでは幻想的な雰囲気の中でたくさんの種類が販売されています。チェックしてみてはいかがでしょうか。

チェンマイ・ナイト・バザール(Chiang Mai Night Bazaar)
住所:
145 Changklan Rd, Amphur Muang, Chiang Mai
営業時間:
17:00~00:00
アクセス:
国鉄チェンマイ駅から車で6分

ワロロット市場で手に入るお土産

ラマ5世が統治していた100年以上前に王族の手によって作られたという伝統ある市場です。見たことないものがあちこちにあるので刺激たっぷり。掘り出し物のお土産も見つかるかも。

ピュアオイル

ワロロット市場で日本人観光客に人気のお土産がこちらのピュアオイル。よく耳にするけれど、「ピュアオイルって、そもそもなに?」って思いませんか。ピュアオイルとは、植物から精製され、添加物の入っていない天然のオイルのことなんです。近ごろ、色んなオイルを使った美容法が話題になっていますよね。モリンガオイルやホホバオイルなどがポピュラーで、美容に効果的と言われています。顔やからだ、そして髪にと全身のケアに使えてとっても便利。乾燥を防いでくれるので、肌も髪もしっとりと艶やかに保つことができますよ。

そんなピュアオイルが格安で手に入る「ボンベイ」というお店が市場内にあります。なんだか色気のないボトルに中身と容量が手書で書かれたものがズラリと並べられていて、実験室のようで戸惑う人もいるかもしれませんが、中身は本物。パッケージに凝っていない分、お値段もお手頃というわけ。小さめのボトルもあるので「お試し用」にいいかも。インド人の男性が経営していて、流ちょうな英語で接客してくれます。日本人に慣れているので、安心して買い物を楽しめますよ。

民族衣装

民族衣装などもユニークなお土産になりますよ。子どもやコスプレ好きの友達におすすめです。チェンマイ周辺のタイ北部の伝統衣装や周辺の山岳地帯に住む少数民族に伝わる衣装など、その種類も豊富。それぞれの民族で衣装の特徴も少しずつ違っているんです。手の込んだデザインのものも多く、それぞれの伝統文化の奥深さが感じられます。独特の色づかいでエキゾチックなものが多いですが、トップスとボトムスをそれぞれ別に取り入れて、個性的なファッションを楽しむのもいいかも。パーティーやイベントなら雰囲気のある装いになること間違いなし。せっかくだから記念に、でも全身にはちょっと、という方は、小物づかいから入門編をクリアしてみて。市場の中をくまなく探しましょう。現代風に見えて取り入れやすいものもあるので、日本に帰ってから部屋着として着ても面白い衣装が見つかるかもしれません。何かと忙しい日常に戻っても、旅の余韻にひたれば、しばしいい気分になれるのでは? 

特徴的なマネキンで衣装が飾られているお店もあるのでSNSにアップするのにぴったりなディープな写真が撮れることも。

ホーロー製品

調理器具としても食器としても重宝するホーロー製品。ホーローは、金属素材にガラス質の上薬を高温で焼きつけてコーティングしたもので、その発色の良さに惹かれる方も多いはず。熱伝導率がよく焦げつきにくいという機能的なところもうれしい。また、匂い移りもしないので保存容器としても使い勝手がいいんです。チェンマイにはレトロで可愛い雰囲気のあるホーロー製品を取り扱うお店も多く、地元の人たちも愛用しています。ワロロット市場にある金物屋さんでも格安で手に入れることができますよ。日本では見かけないタイプのものもたくさんあるので、使い道を考えながら見て歩くのも楽しそう。

可愛らしい模様のお皿ならいつものサラダも「アジアンテイストで」とレパートリーも広がりそう。お料理したら一気にテーブルへ。そのままでも様になるので、手間も省けます。鍋やカップの他にもスプーンのような小物など品揃えも豊富で、バンコクにあるホーロー製品のお店よりも格安で買えたという口コミもあったので要チェック。調理器具として購入する場合には、ガスコンロ用なのかIHにも対応しているのか、しっかり確認してから買うようにしましょう。

竹かご

アジアンテイストのインテリアや夏のファッションアイテムにおすすめなのが竹かごです。街では、マーケットなどへ買い物に行くのにかごを下げて歩く人たちを見かけます。生活雑貨としてさまざまな種類のものがありますが、もともとは農家の人が使っていた竹かごが、時代の流れや欧米から入って来たデザイナーの影響を受け、ハイセンスな雑貨へと進化。手作りの温もりを残しつつも少し上品なデザインのものから日常使いにちょうどいいものなど、暮らしに溶け込こむものばりです。リビングやバスルームなどでは散らかりがちな小物を入れたり、キッチンではニンニクなどのスパイス類を入れたりと重宝します。どんなテイストにもマッチしやすいところも魅力。見せる収納でお部屋の雰囲気が新鮮になりますよ。

チェンマイ周辺では、山岳民族が竹かごを作る様子を見学できたり、実際に竹かご作りを体験できるツアーも多く企画されています。気になる方はそちらもチェックしてみてください。ぜひともオリジナルのものが欲しい、という方はチャレンジして見て。世界で唯一の傑作が出来上がるかも。

キッチン用品

何かと便利なキッチン用品もお得に市場で手に入れることができます。木でできたものやプラスチックでできたものもあり、色んなものがあり目移りしそうです。木製のキッチン用具は、鍋に傷がつきにくいところがいいですよ。当たる音もやさしいのでなんとなくいつもより料理するのが楽しく感じられます。食器は使い心地がよく、手に伝わる感触や口当たりがやさしいでんす。そして、家で作る料理もサッと盛りつけるだけでカフェの雰囲気に。一味ちがってきますよ。

さらにワロロット市場内には「チェンマイ・プラスチック」というプラスチック製品ばかりを取り扱ったコーナーもあり、観光客だけでなく地元の人たちからも大人気。カラフルなものばかりで見ていてるだけで元気になりそう。プラスチックなので屋外で気軽に使ったり、遊び心で使ったり、用途以外の使い方をしてみたりと色んな風に楽しめそう。種類も豊富で日本ではなかなか見かけないユニークなアイテムもあり、文化の違いを感じます。自分へのお土産はもちろん、雑貨や小物好きの友人へのお土産に最適です。ぜひ、立ち寄ってチェックしてみてください。

食料品

ばらまき用のお土産や子どもへのお土産に最適なのがお菓子やドライフルーツやナッツなどの食料品です。日本では最近見かけなくなった昔懐かしい駄菓子などを多く取り扱っているお店もあり◎。南国ならではのフルーツを使ったものもあり、色もきれい。何種類か買って詰め合わせにしてもよろこばれそう。試食をさせてくれる場合が多いので、安心してチョイスできます。日本では、ドライフルーツって意外に値段が高いですよね。小腹が減ったらおやつ代わりに栄養素の濃縮されたドライフルーツはおすすめです。料理の好きな方へは、調味料類もいいかも。粉末やペースト状のものなど、材料に混ぜれば手軽にタイ料理が出来上がります。保存期間も長めなので自宅用にも買っておいても便利。さらに市場では、バンブーワームという食用の虫が販売されていています。見た目はちょっとグロテスクですが、勇気を出して食べてみるとカリカリとして美味しいのだとか。

お土産には向きませんが旅の思い出としてチェレンジしてみては。「これ、いったい何?」というものもあったりして、うろうろと見てまわるのが楽しいのが市場ですよね。

人形

国民の9割が仏教徒というタイ。信仰の自由はありますが、仏教徒でなければタイ国王にはなれないというから、その信仰の深さがうかがえます。街の至るところで祠を見かけるように、タイの人々にとっての仏教は日常の一部といえるでしょう。

私たち日本人の感覚よりは、より身近に仏教の考えが根づいているようです。ワロロット市場には、そんなタイの人々の宗教観が垣間見えるようなカラフルな仏教の要素の入った人形もたくさん販売されています。工芸の盛んな街でもあり、さまざまな手工芸品も多いのですが、目先の変わったところでは、こんなテイストもタイらしいお土産のひとつです。「微笑みの国」らしく、どの顔もうっすらと笑みを浮かべていますよね。

タイでは「微笑み」には13もの種類があるそうなんです。そんなのを見分けながら選んでみるのもタイの文化をより深く理解するきっかけになりそう。アジアンテイストな小物が好きな人へのお土産やインテリアのアクセントとしても◎。可愛いお坊さんの人形も販売されていることもあるので要チェックです。タイでも人気のアニメ、「一休さん」に似た人形もあったりして。

ワロロット市場( Waroros Market)
住所:
Witchayanon Rd. T. Changmoi, A. Muang, Chiang Mai 50300
営業時間:
07:30~17:30
電話番号:
+66 61 865 8958
アクセス:
国鉄チェンマイ駅から車で7分

チェンマイで素敵なひとときを

北方のバラとも呼ばれ様々な伝統が息づく美しい街「チェンマイ」。是非チェンマイを訪れた際には今回ご紹介したお土産を持って帰って素敵な旅の思い出にしてください。

さとひろろ

鉄道好きの夫と全国を鉄道で飛び回っています。娘と息子を鉄子にするか悩んでいる今日この頃。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • タイ・チェンマイのおすすめホテル15選!人気のホテルはここ!

    チェンマイは、過去にラーンナータイ王国の首都でもあった街。現在では首都ではなくなったものの、観光や経済、文化の中心地として知られています。今回は、チェンマイに行ったら、絶対泊まりたいおすすめホテルを紹介します。

  • チェンマイで絶対外せないおすすめ観光スポット大特集15選!...

    チェンマイは、長い間ランナータイ王国の首都として発展してきました。現在のタイの首都はバンコクですが、今もバンコクに次ぐ第二の都市として知られています。そんなチェンマイの町には、歴史的な背景があることから、たくさんの寺院が残っています。そこで今回は、寺院を中心に、チェンマイのおすすめ人気スポットを紹介したいと思います。

このエリアの新着記事
  • チェンマイで絶対外せないおすすめ観光スポット大特集15選!...

    チェンマイは、長い間ランナータイ王国の首都として発展してきました。現在のタイの首都はバンコクですが、今もバンコクに次ぐ第二の都市として知られています。そんなチェンマイの町には、歴史的な背景があることから、たくさんの寺院が残っています。そこで今回は、寺院を中心に、チェンマイのおすすめ人気スポットを紹介したいと思います。

  • タイ・チェンマイのおすすめホテル15選!人気のホテルはここ!

    チェンマイは、過去にラーンナータイ王国の首都でもあった街。現在では首都ではなくなったものの、観光や経済、文化の中心地として知られています。今回は、チェンマイに行ったら、絶対泊まりたいおすすめホテルを紹介します。

この記事のキーワード