アルプスの恵みをふんだんに使った ランチが堪能できるレストラン8選

1,594

views

0

日本アルプスの白馬は、美しい所ですが、そんな景色を眺めながらのランチは、どんなに美味しいでしょう。地産地消のビーフやポークや新鮮野菜を使った料理の数々、そして、信州ワインや白馬ガレットが美味しいです。それでは、「アルプスの恵みをふんだんに使った ランチが堪能できるレストラン8選」をご紹介します。

①Gravity Worx (グラヴィティー ワークス)

アルプスのそよ風のよう。カウンターのベルを鳴らしてじっと待ちました。。メニューのすべてが手作りです。ペペロンチーノ、ベーコンと自家産アスパラのピザ(S)、チョコレートケーキ、アップルパイは、どれも自然の素材の味を生かした素直な美味しさです。

オペラの「ハバネロ」のように大胆であり、繊細に自分の気持ちをスワイプさせていつの間にか、知らぬ間にそばに佇んでいる。そんな味です。燃えるような赤は嫌いですか?

Gravity Worx
住所:
長野県北安曇郡白馬村北城6305
営業時間:
11:30~20:00
電話番号:
0261-72-5434

②農かふぇ 白馬そだち

地産池消です。おもてなしの心があります。こんなに混んでいるのに、店の人は、とても親切です。お米だけでなく、お蕎麦なども味噌や醤油も美味しい。ご飯は、かなりボリュームがあります。

あんなにお腹が空いていた事をもう忘れていました。「白馬に来たら、またおいでよ。」夏休みのある日出会った「陽に焼けた笑顔」そんな懐かしい味です。

農かふぇ 白馬そだち
住所:
長野県北安曇郡白馬村神城23603-1
営業時間:
11:30~21:30
電話番号:
050-5872-3163

③かっぱ亭

つり橋があります、そこに車を止めて 橋を渡ればもう目の前です。とても静かな時間が流れてゆきます。十割の蕎麦はこの店の看板です。手作り味噌の風味もこの地方独特のものがあります。

この水車は「もう動かないのか」と、年老いた旅人が聴きました。店主と思しき男が「はい、もう」。旅人は「それにしても、カッパとは」と青い空を見上げて言いました。「いえいえ、かっぱ」です。と店主が青い川を眺めて言いました。

④sounds like cafe

白馬でカリフォルニアテイストです。バーガーの中には、炒めた玉ネギとレタス、トマトとマヨネーズが効いていて美味しいです。信州ポークハンバーガーやサンドウィッチ、エッグベネディクトなど、ガーリックが香ばしくて、どれもボリューム満点です。

歩き慣れた小路であなたに会えた事、それだけで十分です。白馬の青い空。お腹いっぱい、笑顔いっぱいです。これから何処へ行きましょうか。

サウンズ・ライク・カフェ (sounds like cafe)
住所:
長野県北安曇郡白馬村北城3020-504
営業時間:
08:00~18:00
電話番号:
0261-72-2040

⑤北アルプスの食卓

国営アルプスあづみの公園にあるセルフサービスのレストラン、「北アルプスの食卓」です。店内は広く清潔で、オーブンテラスもあります。看板メニューの黒部ダムカレーは、黒四ダム建設の時にまかないとして生まれたものです。

ご飯のダムが決壊して美味しい野菜がカレー浸しに、ハンバーグの運命はいかに?何だか、お子様ランチみたいですね。家族連れにおすすめです。ハンバーグは先に食べた方が良いのかな?。考えてしまいました。

北アルプスの食卓
住所:
長野県大町市常盤7791-4
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
0261-21-1212

⑥ザ・アルパイン グリル

キャンプファイヤーみたい。バーベキュー風です。ここの信州牛のステーキは、チャコールでしっかりと焼かれているので、脂身が少なく食べごたえがあります。添えられたガロニも新鮮で美味しいです。

気の利いた言葉よりも、あなたのマッチ箱から取り出し暖かなほのうがあればそれだけで今日も明日も元気でいられるのです。

ザ・アルパイングリル
住所:
長野県北安曇郡白馬村大字北城3020-626 ペンションカルナージュ内
営業時間:
11:30~22:00
電話番号:
0261-72-4524

⑦カフェド4260

八方スキー場のゴンドラアダムの目の前です。名産の白馬豚を使った白馬の豚丼880です。柔らかくて歯ごたえもある豚肉は、黄身と絡めるととても美味しい。

何一つ取り返す事ができない春の日に、山の頂を目指すのは必然性があったかもしれない。後は、ひたすら滑り落ちるだけです。そしたら、また、あなたに会えるかも。

カフェ・ドゥ4260
住所:
長野県北安曇郡白馬村北城八方4260
電話番号:
0261-72-2563

白馬ガレットとは、信州の名産のそば粉を使います。フランスブルターニュ地方の郷土料理で蕎麦を水と塩で捏ねた生地を薄く伸ばして焼き上げたものに信州サーモンや旬の野菜を乗せたものです。

⑧白馬リゾートホテル ラ ネージュ東館

咲花ゲレンデに向かう道を少し入った所です。森の中のお洒落な別荘風の建物です。ヨーロッパのプチホテルの様です。心づくしのコース料理の主役は、やはり地産地消の信濃大町産黒豚のロースト、岩魚、そして、白馬ガレットですね。信州ワインは、どうですか?。

夏が来たとさえずる小鳥に誘われて、訪れた白馬の霧の隙間を過ぎゆく空は、何処よりも青かった。十六夜の月に誘われて、薄明りにせせらぎの翻るその胸の内を探れば、すべては、移ろいのまどろみへと消えてゆく。

白馬リゾートホテル ラ ネージュ東館
住所:
長野県北安曇郡白馬村北城八方和田野の森4744
営業時間:
07:30~22:30
電話番号:
0261-72-7111

いかがでしたか?白馬の美味しい水と食べ物で元気、出ましたね。夏は、山登り、冬は、スキーと暖かな陽だまりのような自然の恵みが溢れる白馬でした。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
新着記事